神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中

なかじまじんじゃ

中嶋神社

北海道 東室蘭駅

投稿する
0143-45-5800

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

社務所向かい

おすすめの投稿

poo
2021年03月17日(水)
244投稿

室蘭市の神社参拝がてら友人を訪ねてきました🤗

中嶋神社は参道も長く、とても広いです😃

御祭神は天照皇大神
境内社の稲荷宮、妙見宮、厳島神社の朱の鳥居もとても綺麗です✨

御朱印は書き置きで、御朱印帳に貼っていただけました。
桜の模様入りでとても春らしくきれいです🌸
せっかく貼っていただけてよかったのですが、シワが…😞💦
それだけがなんとも残念です😢

中嶋神社の鳥居

裏参道の方から駐車場へ入ることができます。
いつものように鳥居まで出て改めて入らなくては気がすまない(笑)

中嶋神社の歴史中嶋神社の建物その他中嶋神社の鳥居中嶋神社の鳥居

二の鳥居

中嶋神社の建物その他中嶋神社の建物その他

古い社号標でしょうか

中嶋神社の狛犬

石碑の前に可愛い置物☺️

中嶋神社の手水

手水舎
水は出ていました

中嶋神社の本殿中嶋神社の本殿中嶋神社の建物その他中嶋神社の絵馬

縁結びの絵馬はハート型💓

中嶋神社の末社

とても目をひく境内末社の鳥居⛩

中嶋神社の末社中嶋神社の庭園

綺麗だな〜

中嶋神社の鳥居中嶋神社の鳥居中嶋神社の鳥居

裏参道の鳥居
この横から駐車場へ入れました。

中嶋神社の建物その他

社務所も大きい!
どこかのホールのように広いです

もっと読む
投稿をもっと見る(14件)

歴史

明治20年輪西屯田第1次入植(110戸)同22年第2次入植(110戸)あり。神社建立を決議、申請。明治23年圓山に社殿を建立。兵村社又圓山神社と奉称。明治28年元開拓使長官黒田清隆伯御神号の揮毫奉納。明治30年屯田中隊本部跡地の現在地(旧中島台)に遷座し中嶋神社と奉称する。明治42年輪西製鐵創業記念大国主神、事代主神鋳造像奉納。配神として奉斎する。屯田兵記念碑建立。大正6年創立出願許可。供進指定村社に列格。大正7年札幌神社より神輿1基贈られる。昭和14年皇紀2599年、開村50周年記念造営。神明造。昭和20年郷社昇格の内示あるも終戦のため回答を得ず。昭和52年昭和天皇御在位五十周年記念御造営事業竣成(神明造内宮型)。昭和62年輪西屯田入植百周年記念慰霊祭執行。屯田記念誌発行。平成2年御創祀百年祭執行。皇紀2650年、平成の御大典を奉祝し、境内整備と神社史を発行。

歴史をもっと見る|
2

中嶋神社の基本情報

住所北海道室蘭市宮の森町1丁目1ー64
行き方

東室蘭駅下車 徒歩10分

アクセスを詳しく見る
名称中嶋神社
読み方なかじまじんじゃ
参拝時間

参拝/24時間

御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0143-45-5800
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
絵馬あり

詳細情報

ご祭神《主》天照皇大神,《配》大国主神,事代主神
創建時代明治23年(1890)
本殿神明造
ご由緒

明治20年輪西屯田第1次入植(110戸)同22年第2次入植(110戸)あり。神社建立を決議、申請。明治23年圓山に社殿を建立。兵村社又圓山神社と奉称。明治28年元開拓使長官黒田清隆伯御神号の揮毫奉納。明治30年屯田中隊本部跡地の現在地(旧中島台)に遷座し中嶋神社と奉称する。明治42年輪西製鐵創業記念大国主神、事代主神鋳造像奉納。配神として奉斎する。屯田兵記念碑建立。大正6年創立出願許可。供進指定村社に列格。大正7年札幌神社より神輿1基贈られる。昭和14年皇紀2599年、開村50周年記念造営。神明造。昭和20年郷社昇格の内示あるも終戦のため回答を得ず。昭和52年昭和天皇御在位五十周年記念御造営事業竣成(神明造内宮型)。昭和62年輪西屯田入植百周年記念慰霊祭執行。屯田記念誌発行。平成2年御創祀百年祭執行。皇紀2650年、平成の御大典を奉祝し、境内整備と神社史を発行。

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬結婚式御朱印祭り

Wikipediaからの引用

概要
中嶋神社(なかじまじんじゃ)は、北海道室蘭市にある神社。旧社格は村社。 神社に隣接して各種催しや講演会、宴会や結婚式場に利用されている蓬崍殿(ほうらいでん)がある。
歴史
歴史[編集] 1887年(明治20年)、輪西に屯田兵第1次入植(110戸)。 1889年(明治22年)、屯田兵第2次入植(110戸)。 1890年(明治23年)、圓山(まるやま。現在の輪西町と東町の間で新日鉄住金球場の裏山[1])に社殿を建立(「兵村社又圓山神社」)。 1895年(明治28年)、元開拓長官黒田清隆揮毫の神号奉納。 1897年(明治30年)、屯田兵の中隊本部が第7師団司令部に吸収移管[1]。跡地となる現在地(旧中島台)に遷座し「中嶋神社」と奉称。 1909年(明治42年)、北海道炭礦汽船輪西製鐵場(現在の新日鐵住金室蘭製鐵所)創業記念大国主神、事代主神鋳造像奉納。配神として...Wikipediaで続きを読む
行事
祭事[編集] 例大祭 毎年8月4日・5日に開かれ、宵宮祭(4日)、本祭(5日)が行われて露店が軒を連ねる。また、境内にある室蘭市弓道場では「奉納弓道大会」(5日)なども行われる。
引用元情報中嶋神社 (室蘭市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E4%B8%AD%E5%B6%8B%E7%A5%9E%E7%A4%BE%20(%E5%AE%A4%E8%98%AD%E5%B8%82)&oldid=77541396

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
投稿する
お問い合わせ