神社お寺の検索サイト楽しみ方

おおかぶらじんじゃ

大鏑神社

公式福島県 安子ケ島駅

社務所、授与所
午前9時~午後5時

投稿する
024-984-4804

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

現在の御朱印・御朱印帳

月替わりご朱印

4月からのご朱印です。

桜とウグイス。まわりも芽吹いてくる季節です。色は黄緑色にしてみました。

うぐいすも上手に鳴いていますよ。

初穂料  300円

御朱印をもっと見る|
298

最新のお知らせ

本日の社務について

2022年06月23日(木) 09時00分〜

急で申し訳ございません💦

午後からはいます!!

大鏑神社(福島県)

急で申し訳ございません!

2022年06月20日(月) 13時00分〜

所用のため神職おりません(´TωT`)

6月20日 午後
6月21日 午前中

御朱印のお書き入れ希望の方は、あすの午後にお越しください。

大鏑神社(福島県)
お知らせをもっと見る(217件)
氏子以外の参拝
氏子以外の参拝
あり
歓迎
御朱印について
御朱印
あり

令和2年より月替わり御朱印を始めました!
毎月、一日と15日は八幡太郎義家と龍のご朱印も頒布しています!!

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

社務所の脇に5,6台、手水舎の隣に2台停められます。

ご利益

大鏑神社について

外のお祭りや外出、または自宅にいることもあります。
社務所の入り口に電話番号と携帯電話の番号がありますので、どちらかに連絡ください。

おすすめの投稿

投稿をもっと見る(170件)

授与品

身体健全守り

                    初穂料 各500円

健康を祈願したお守りです。
一般的なお守りになります。

交通安全守り

                    初穂料 各500円

交通安全守り(お札タイプ)

                     初穂料 500円

交通安全守り(吸盤タイプ)

                    初穂料 各500円

学業成就守り

                    初穂料 各500円

子宝安産守り

                     初穂用 500円

犬はお産が軽く、一度にたくさんの赤ちゃんを出産します。子宝安産の象徴でもある犬がデザインされたお守りです。

厄除開運守り

                     初穂料 500円

八方除守り

                     初穂料 500円

方位除守り

                     初穂料 500円

※4月中旬より頒布いたします

絵馬

                     初穂料 500円

当社のマスコットキャラ『かぶらくん』を絵柄にしています。

おみくじ

                     初穂料 100円

恋みくじ

                     初穂料 100円

こどもみくじ

                     初穂料 100円

ご朱印

                     初穂料 300円

令和2年2月より月替わりのご朱印を始めました。

心願成就お守り

初穂料 500円

心に深く願っていることが叶いますようにと導くお守りです。折り鶴はよいことがおきる前ぶれとされてきたました。皆様の願いが叶いますように。

仕事お守り

初穂料300円

仕事に関わることが上手くいくように祈りを込めて奉製しました。薄いので名刺入れや財布の中にも納められます。

授与品をもっと見る|
89

例祭・神事

歳旦祭    午前0時    1月1日 ※神楽あり

節分祭    午後7時    2月3日

初午祭            旧2月最初の午の日

紀元祭    午後2時    2月11日

宵宮祭    午後3時    4月8日

春季例大祭  午前10時   4月9日 

宵宮祭    午後2時    10月第2金曜日

秋季例大祭  午前10時   10月第2土曜日 ※神楽あり

例祭・神事をもっと見る|
33

歴史

寛治3年(1089年)、後三年の役で安倍貞任を討つため安積地方を通りかかった源義家は、この地で大蛇が暴風雨を起こして農民が困っているのを知り、家臣の鎌倉権五郎景政に大蛇の退治を命じた。景政は五本の鏑矢を射て、一本目が竹ノ内在家、二本目が安子嶋村、三本目が早稲原村、四本目が福原村(郡山市富久山町の豊景神社周辺)、五本目が船津村(郡山市湖南町)に落ちた。そして、そのうちの一本が大蛇の頭に当たり、大蛇はのたうち回りながら舟津で力尽きたとも、雲の上から福原(蛇壇の碑付近)に落ちたとも言う。
その後の天養元年(1144年)、安積郡の農民が景政に感謝し、二本目の鏑矢が落ちた地で「御霊宮」を建ててその霊を合祀して村内安全を祈ったのが始まり。

歴史をもっと見る|
15

大鏑神社の基本情報

住所福島県郡山市熱海町安子島字町164
行き方

磐越自動車道磐梯熱海ICから車で約8分
JR東日本磐越西線安子ケ島駅から徒歩約8分

アクセスを詳しく見る
名称大鏑神社
読み方おおかぶらじんじゃ
参拝時間

社務所、授与所
午前9時~午後5時

参拝にかかる時間

10分程

参拝料

なし

御朱印あり

令和2年より月替わり御朱印を始めました!
毎月、一日と15日は八幡太郎義家と龍のご朱印も頒布しています!!

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号024-984-4804
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
おみくじあり
お守りあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神大山咋神、天知迦流美豆比売神
ご由緒

寛治3年(1089年)、後三年の役で安倍貞任を討つため安積地方を通りかかった源義家は、この地で大蛇が暴風雨を起こして農民が困っているのを知り、家臣の鎌倉権五郎景政に大蛇の退治を命じた。景政は五本の鏑矢を射て、一本目が竹ノ内在家、二本目が安子嶋村、三本目が早稲原村、四本目が福原村(郡山市富久山町の豊景神社周辺)、五本目が船津村(郡山市湖南町)に落ちた。そして、そのうちの一本が大蛇の頭に当たり、大蛇はのたうち回りながら舟津で力尽きたとも、雲の上から福原(蛇壇の碑付近)に落ちたとも言う。
その後の天養元年(1144年)、安積郡の農民が景政に感謝し、二本目の鏑矢が落ちた地で「御霊宮」を建ててその霊を合祀して村内安全を祈ったのが始まり。

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬七五三御朱印お守り祭り夏詣
感染症対策内容

手水舎の柄杓、鈴緒は撤去しています。
社務所、授与所に飛沫防止シートを設置。
アルコール消毒液を設置。

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
行きたい
投稿する
お問い合わせ
慈眼寺リリー小バナー