御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

りんのうじ|曹洞宗聖壽山

麟翁寺

公式福岡県 下鴨生駅

境内参拝可能時間
午前9時〜午後6時

お正月・お盆期間は、檀信徒の方のみ対応。

御朱印は、住職の手書きの為、事前にお問合せください。(住職不在時は対応不可)

投稿する
0948-57-0207

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

あり

おすすめの投稿

keith
2022年01月14日(金)
455投稿

龍昌寺(遠賀郡岡垣町)から麟翁寺(嘉麻市大隈町)まで車🚗=3で約1時間で到着。 
井上之房様(高橋一生)から母里太兵衛様(もこみち)。 
当時歩きだから1日で着いたのだろうか?(Googleマップで徒歩で設定すると約9時間) ここから山を越えた所に朝倉市杷木町に栗山利安様(濱田岳)の領地がありますが… 大河ドラマでは3人は常に行動を共にしていましたが泰平の世になった際にはそれぞれ領地へ。 福岡城🏯とかでは会ってもお互いの領地へ遊びに行ったりしたりしたのだろうか? とか思いながらドライブ🚗=3

この辺りはもともと黒田家家臣後藤又兵衛が益富城の城主として領地を治めていました。麟翁寺の元は後藤又兵衛が開山した『永忠寺』と言うお寺でした。後藤又兵衛が出奔してしまいその後直方の鷹取城城主の母里太兵衛が益富城の城主になり永忠寺も庇護しその後『麟翁寺』と改め自身の菩提寺としたとの事。

こちらもお忙しいところ御住職と奥様? に対応していただき、途中御住職に時間が空いた為母里太兵衛様の事。黒田家の事。それらにまつわるエピソード等たくさんお話をお聞きでき感激しながら素敵な時間を過ごさせて頂きました。 
その時のお話は是非麟翁寺におまいりしていただいて直接御住職、奥様に聞いて下さい。 あえて書きませぬ😉  ちなみに御住職は日頃多忙のようです。 事前にお電話してスケジュールお聞きしておまいりされた方が御朱印御拝受、お話も聞けてよろしいかと…😅 

御朱印、お札どうもありがとうございました🤲

麟翁寺の山門

正面入り口

麟翁寺の山門

山門

麟翁寺の建物その他

山門は益富城の搦手門を移転

麟翁寺(福岡県)

母里太兵衛様の記念撮影パネル

麟翁寺(福岡県)

扁額

麟翁寺の山門麟翁寺の本殿

本堂

麟翁寺の歴史

母里太兵衛様の墓所🪦の事

麟翁寺のお墓

母里太兵衛様の墓所🪦

麟翁寺(福岡県)

お墓

もっと読む
投稿をもっと見る(2件)

歴史

はじめは「大雄山永忠寺」と称し、益富城主・後藤又兵衛基次の母を弔うために開山創建された。慶長11年(1606年)に基次が出奔、庇護を失うが、益富城の新しい城主となった母里太兵衛友信が永忠寺の住持・文叟のもとに参禅、友信自らの菩提寺と定めた。慶長20年(1615年)6月6日に友信が60歳にて没した後、友信の子の母里友晴が永忠寺に埋葬し、改めて母里家菩提寺として再興した。寺名は、友信の戒名「禪居院殿麟翁紹仁大居士」にちなみ「麟翁寺」と改められた。

入口の山門には、益富城の搦手門が移築されている。

敷地内には母里太兵衛友信、友晴(子)、友清(孫)それぞれの墓が3基並んで建てられており、墓の後ろ手には樹齢500年(推定、2014年時点)となる木が茂っている。

歴史をもっと見る|
1

麟翁寺の基本情報

住所福岡県嘉麻市大隈町1023
行き方

西鉄バス「大隈」バス停より徒歩2分
JR福北ゆたか線「桂川駅」より車で18分
大分自動車道「甘木」インターより30分

アクセスを詳しく見る
名称麟翁寺
読み方りんのうじ
参拝時間

境内参拝可能時間
午前9時〜午後6時

お正月・お盆期間は、檀信徒の方のみ対応。

御朱印は、住職の手書きの為、事前にお問合せください。(住職不在時は対応不可)

参拝にかかる時間

20分

参拝料

無料

トイレ山門を入って、右手奥にあります。
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳なし
電話番号0948-57-0207
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご本尊釈迦牟尼如来
山号聖壽山
宗旨・宗派曹洞宗
創建時代元和元年(1615年)
開山・開基母里太兵衛友信
ご由緒

はじめは「大雄山永忠寺」と称し、益富城主・後藤又兵衛基次の母を弔うために開山創建された。慶長11年(1606年)に基次が出奔、庇護を失うが、益富城の新しい城主となった母里太兵衛友信が永忠寺の住持・文叟のもとに参禅、友信自らの菩提寺と定めた。慶長20年(1615年)6月6日に友信が60歳にて没した後、友信の子の母里友晴が永忠寺に埋葬し、改めて母里家菩提寺として再興した。寺名は、友信の戒名「禪居院殿麟翁紹仁大居士」にちなみ「麟翁寺」と改められた。

入口の山門には、益富城の搦手門が移築されている。

敷地内には母里太兵衛友信、友晴(子)、友清(孫)それぞれの墓が3基並んで建てられており、墓の後ろ手には樹齢500年(推定、2014年時点)となる木が茂っている。

体験坐禅(座禅)写経・写仏祈祷お祓い結婚式七五三御朱印武将・サムライ有名人のお墓札所・七福神巡り除夜の鐘法話

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー