御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中

みついつくしまじんじゃ

三津厳島神社

公式愛媛県 三津駅

授与所
午前9時~午後4時半まで

投稿する
089-951-1471

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

現在の御朱印・御朱印帳

【如月】赤鬼のパラアート御朱印

1000円
2月1日~無くなり次第終了
午前9時~午後4時半

2月は版画で描いたパラアート作品「赤鬼」を御朱印にしました。
大胆な色遣いと豪快さがあり、
今までにない、とてもインパクトのある御朱印に仕上がりました。

デザイン:藤原大輝

【正月】限定ギルディング御朱印

1000円
令和5年1月1日~無くなり次第終了
午前9時~午後4時半

1月の御朱印は、お正月らしく日の出と、干支のウサギと関わりの深い月を併せてギルディングで表現しました。ウサギは家紋のように意匠的に表現されています。
ギルディングはフランスの伝統的な金箔工芸技術で、様々な金属箔が織り交ぜられており、一つ一つ異なった表情を見せてくれます。
新年のお参りの証に、世界に一つだけの御朱印をどうぞ。

デザイン:erimaki   作製:五十崎社中

三津厳島神社 御朱印

300円
毎日
午前9時~午後4時半

三津厳島神社の御朱印です。
お参りの記念として御朱印帳に浄書いたします。
書置きのものをお渡しすることもできます。

伊予七福神 寿老神(じゅろうじん) 御朱印

300円
毎日
午前9時~午後4時半

伊予七福神の寿老神の御朱印です。
御朱印と共に「福の神」をお渡しいたします。
寿老神は境内の末社にてお祀りしています。

三津厳島神社オリジナル御朱印帳

1,500円
毎日
午前9時~午後4時半

秋祭りに奉納されるけんか神輿と
古三津に伝わる虎舞
三津厳島神社の社紋である「三ツ盛亀甲花菱」
をデザインした当社オリジナルの御朱印帳になります。

伊予七福神 御朱印帳

1,700円
毎日
午前9時~午後4時半まで

伊予七福神を錦であしらった御朱印帳です。
表には宝船に乗った七福神
裏には霊場の紋をあしらっています。

御朱印をもっと見る|
207

最新のお知らせ

2月5日【いつくしマルシェ】開催します!

『みつはまいり』と題して、徐々に第一日曜に三津浜でイベントが行われるように頑張っています。
寒い中ですが、屋外でまったり行いますので、是非遊びに来てください。

【いつくしマルシェ】
日時:2月5日(日)10~15時
場所:三津嚴島神社にて

三津厳島神社(愛媛県)三津厳島神社(愛媛県)

【2月1日の言葉】鬼の話

2月朔日(ついたち)の言葉は「今月の御朱印」と「節分」にちなんで「鬼の話」を取り上げました。

日本古来の伝統行事「節分」は「鬼は外、福は内」と豆をまくのが一般的ですが、
最近は恵方(えほう)の方角を向いて食べる「恵方巻(えほうまき)」のイメージが強いようです。

「節分」とは旧暦で「季節の変わり目」を意味し、本来は立春、立夏、立秋、立冬それぞれの前日を指します。

旧暦では立春が新年の初めだったため「立春」の前日の「節分」が特に重要視され、
節分と言えば立春の前日を指すようになりました。

漢字の「鬼(き)」は元々「死者の霊魂」を表す言葉で、
「鬼門(きもん)」と呼ばれる「北東」の方角からやってくると考えられていました。

「北東」は干支で表すと「丑寅(うしとら)の方角」に当たる事から「鬼」というと「牛」の角をはやして「虎」の「牙」と「パンツ」をはいているイメージが定着したようです。

東洋の伝統的な思想では、季節の変わり目には邪気が生じるという考えがあり、
節分には、魔を滅する「魔滅(まめ)」に通じる「豆」をまいて、邪気を祓う行事が定着したようです。

今月の御朱印は障がいのある人の芸術作品「パラアート」で活躍する、藤原大輝さんの版画「赤鬼」です。
大胆な色遣いでインパクトのある御朱印になりました。

「鬼」は「鬼才」や「仕事の鬼」のように良い意味で普通の人間とかけ離れた才能や様子を表すときにも使われます。

当社の秋祭りに登場する、鬼の形相の「大魔(だいま)」も「青竹」を手に持ち「人並外れた鬼の呪力」で参拝者の厄祓いをします。

今年はパラアートの御朱印も定期的に頒布致しますので、発想や表現の豊かさをお楽しみください。

 
今日も良い一日を!

三津厳島神社(愛媛県)三津厳島神社(愛媛県)
お知らせをもっと見る(377件)
御朱印について
御朱印
あり

三津嚴島神社の御朱印。

伊予七福神霊場の一つ 寿老神の御朱印。

限定の御朱印と3種類の御朱印があります。

参拝の記念にどうぞ。

限定
あり
御朱印帳にお書き入れ
あり

■お書入れ:
嚴島神社、寿老神の御朱印

■書置き:
限定御朱印

郵送対応
あり

■申し込み方法:
ホームページの問い合わせフォームにて必要事項を記入の上、送信してください。
後程、振り込み先をご連絡しますので、送金を確認の後、郵送致します。
必要事項:①氏名 ②郵便番号 ③住所 ④連絡先 ⑤御朱印の種類、枚数

■申し込みページURL:
https://itsukusima.com/

御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

駐車場あり
約30台駐車可能

巡礼

伊予七福神霊場
寿老神をお祀りしています。
熟田津三社詣り
祈願玉をお分かちしています。

ご利益

三津厳島神社について

三津厳島神社は愛媛県松山市の港町「三津」に鎮座する、1400年以上の歴史を持つ神社です。
全ての災いを防ぎ福を招く神様として、
厄除け・交通安全・子育て・勝負の御利益を願われる方々等に広くご参拝いただいております。

神主より

江戸時代には歴代松山藩主が参勤交代の折に立ち寄り、
藩内平和、武運長久、道中安全を祈念していた神社です。
道の神様をお祀りしていますので、何かに迷ったときは神様にお参りしてください。

おすすめの投稿

あゆさん
2021年04月22日(木)
18投稿

愛媛県松山市の三津厳島神社へ月参りに行ってきました。

いつも通り、市内電車といよてつ高浜線で三津駅に行き
歩いて三津厳島神社へ。
ゆっくり歩いて10分弱。

お天気よくて気持ちよかったです。

先月の東北大震災の慰霊の時のお礼も
お伝えすることができました。

今回は、時間が無くてゆっくりできませんでしたが

参拝後はベンチに座り
大きな木々をみあげ
鳥たちの声を聴きながら
ながれる雲をゆっくりと眺めています。

三津厳島神社は時間がゆっくりと流れていくのを実感できる場所です。

三津厳島神社の御朱印

四月限定御朱印。
緑色の栞は上に付けるものですが
文字が見えなくなるので撮影時だけ下に付けました。

三津厳島神社の建物その他

お天気がいいと
ハトさん達がお出迎えしてくれます。

三津厳島神社の手水

神門前の手水舎。

三津厳島神社の手水

百合とマーガレットかな?

三津厳島神社の自然

柑橘の花です。
緑色の小さい実がついています。

三津厳島神社の自然

上の方の実は黄色く色づいていました。

三津厳島神社の本殿

本社殿。
東北大震災慰霊の時の折り鶴のカーテンは
本社殿に飾っていました。
可愛いです。

三津厳島神社の末社

寿老神様の所にも
折り鶴カーテンが。

三津厳島神社の手水三津厳島神社(愛媛県)

帰り道。
神社近くの三津浜幼稚園で鯉のぼりを見つけました。

子供たちが
元気に成長しますように。

そして
コロナが少しでも早くおさまりますように。

もっと読む
投稿をもっと見る(58件)

ご祈祷

ご祈祷受付時間:午前9時~午後4時半          平日、土日、祝日も受付しています

安産祈願・腹帯のお祓い

初穂料 5,000円
      7,000円
     10,000円

母子ともに健康にご出産されるよう神様にお祈り致します。
腹帯をお持ちの方は印を押して、御神前にてお祓い致します。
(最近ではコルセット型の腹帯が多いです)
妊娠五ヵ月目の戌の日に行う方が多いですが、
年間を通して御祈祷しています。

初穂料によって記念品がかわります。

初宮詣

初穂料 7,000円
     10,000円

ご家族そろってお参り下さい。

赤ちゃんが生まれて一月以上経過したことに感謝して
長寿・健康を願い、神様の前でご祈祷をするものです。
生まれてから初めて神様にお参りする大事な儀式です。

綿着・七五三

初穂料 一人 5,000円
    二人 8,000円
    三人  10,000円

11月中は予約は不要ですので、お好きな時間に来て受付をしてください。

3歳・5歳の男児
3歳・7歳の女児
の成長を神様に感謝し、健やかに育つよう祈る儀式です。
3歳は髪を伸ばす「髪置(かみおき)」
5歳は初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」
7歳は大人の装いをする「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」
という儀式の名残りです。

元々は別々にお祝いをしていたようですが、それが合わさって子供の成長を祝う七五三としてお祝いするようになりました。

厄祓い・厄除け三年祈祷

初穂料 5,000円
    7,000円
     10,000円
     15,000円

1月1日~2月3日の節分までは
ご予約なしで受付しています。

かぞえ年(満年齢+1歳)で
男性は24・25・26歳、41・42・43歳、60・61・62歳
女性は18・19・20歳、32・33・34歳、36・37・38歳、60・61・62歳
が厄年に当たります。
厄年は「前厄」「本厄」「後厄」の3年間
お祓いをお受けいただくのが良いとされています。

車清め祓い・交通安全

初穂料 5,000円
    7,000円
     10,000円

鳥居をくぐって神門前に駐車してください。

新車・中古車の購入時のお祓い。
思わぬことが続いた後など、交通安全の御祈祷を致します。

その他のご祈祷

初穂料 5,000円
    7,000円
     10,000円

事前にご予約下さい。

家内安全・病気平癒・合格祈願・必勝祈願など
ご相談に応じてご祈祷致します。

  三津 厳島神社公式サイトの問い合わせフォームからもご予約できます。

ご祈祷をもっと見る

授与品

三津厳島神社のお守り

身体健康 肌守り

初穂料 600円

三津厳島神社でお祭りしている神様は災いを防ぎ福を招く神様として信仰されています。身体健康を祈念したお守りです。肌に身に着けえいただくか、いつもお持ちの財布やバッグにお付けください。
社紋である三ツ盛亀甲花菱を織り込んでいます。

身体健康 子供肌守り

初穂料 600円

子供の身体健康を祈念した小さいサイズのお守りです。
肌に身に着けえいただくか、いつもお持ちの財布やカバンにお付けください。
社紋である三ツ盛亀甲花菱を織り込んでいます。

病気平癒 お守り

初穂料 
1000円

病気が一日も早く治り、何事もない状態に回復するように祈念したお守りで、桐箱に入れて奉製されています。
三津厳島神社の秋祭りの際に出る神輿に触れると病気が治ると言われ、50年程前には秋祭りの際に神輿蔵に泊まられる方もいました。
このお守りを手術前にお渡しされる方もいらっしゃいます。

不老長寿 ボケ封じ守り

初穂料 800円

伊予七福神の一柱である寿老神のお守りです。
寿老神は北半球では滅多に見れない南極星が神格化された神様とも言われ、長寿を授ける神様です。
ボケることなく長生きしていただくよう願いの込めたお守りになります。

勝守り

初穂料 500円

秋祭りの際に神輿をかく取り締まりが身に着けているお守り。
愛媛FCの選手にも必勝祈願祭の際にお渡ししています。
人生・病気・スポーツ等、様々な勝負ごとに勝つ!

開運仕事守り

初穂料 600円

生活の基本をささえる仕事において、運を開けて業績向上や商売繁盛を願うお守りです。
財布やカバンなどに携帯しやすいように薄いカード型の形をしています。
二色ありますので、お好みの色をお選びください。

安産 お守り

初穂料 
1000円

三津厳島神社の主祭神は三柱の女性の神様になります。
お腹の中に宿った命が、母子ともに健康に生まれてくることを祈念したお守りです。
霧箱のままお祀りしてもかいませんが、中のお守りを腹帯の間に挟んで身に着けていただくことをお勧めしております。

厄除け虎守り

初穂料 800円

秋祭りの際に古三津虎舞保存会によって奉納される虎舞(とらまい)。
安土桃山時代、豊臣秀吉の命令で松山城初代城主、加藤嘉明は伊予の勇士を引き連れて朝鮮出兵に向います。朝鮮の山中にて、虎狩を行い猛虎を獲得し、その頭と皮を秀吉に献じたところ、大いによろこばれたと伊予古文書に記録されています。
その様子を今に伝える虎舞にあやかり、虎柄の厄除けのお守りをお分かちしています。

開運厄除・身体健全 腕輪守り

初穂料 600円

災いを除き、運が開けるように。
そして健やかな身体でいられるように祈念したお守りです。
身に着けやすいように腕輪になっています。
男女ともに付けられるフリーサイズになっています。

方位除け守り

初穂料 600円

九星の星回りが悪い方や、家や事務所など気になる場所がある方へのお守りです。
屋内に置く場合は鬼門になる北東の位置や気になる部屋においてください。

厄除け交通安全守り ストラップ型

初穂料 600円

厄除け交通安全を願ったお守りです。
着けやすいようにストラップ型にしています。
お守り自体が小さく、透明なので目立ちにくいものになっています。

交通安全守り 扇形

初穂料 800円

三津厳島神社で主祭神としてお祀りしている神様は交通安全・航海安全の御利益が有名ですので、交通安全のお守りが一番多く取り揃えています。
吸盤が付いた扇形のお守りになります。

交通安全守り

初穂料 600円

三津厳島神社で主祭神としてお祀りしている神様は交通安全・航海安全の御利益が有名ですので、交通安全のお守りが一番多く取り揃えています。
小さな錦型のお守りです。

交通安全守り カード型

初穂料 600円

三津厳島神社で主祭神としてお祀りしている神様は古来、朝鮮半島との貿易の際に目印として立ち寄った島にお祀りされたことが起源となっています。
その為、道の神様としても信仰されております。
携帯しやすいカード型の交通安全のお守りです。
財布や免許証入れなどにお入れください。

交通安全守り 神輿シール型

初穂料 600円

三津厳島神社で主祭神としてお祀りしている神様は古来、朝鮮半島との貿易の際に目印として立ち寄った島にお祀りされたことが起源となっています。
その為、道の神様としても信仰されております。
車に着けやすいようにシールにした交通安全のお守りで、毎年必勝祈願に来られる愛媛FCの色を採用しています。

交通安全守り シール型

初穂料 500円

主祭神である宗像三女神は、日本書紀の中でも「道主貴(みちぬしのむち)」と記されている、道を司る尊い神様です。
バイクや自転車に着けやすいように、小さめのシールにした交通安全のお守りです。
社紋である三ツ盛亀甲花菱を大きく配置しています。

三福かえる守り

初穂料 600円

前にしか飛ばない出世運の象徴とも言われるカエル
「無事帰る」=交通安全
「若がえる」=不老長寿
「金かえる」=金運上昇
と様々な意味合いが含まれたお守りです。

ハッピーふくろう

初穂料 600円

幸運を呼ぶ縁起の良い鳥である「ふくろう」。
「不苦労」=苦労をせず、難を逃れる
「福来郎」=幸福が訪れる
「富来老」=冨を蓄え豊かに年をとる
といった当て字をされることもあります。
金の「ふくろう」を身に着け幸福を呼び込んでください。

開運 貝守り

初穂料 600円

古代中国に成立した「五行説」に由来した五色を基に奉製された開運のお守りです。
木・火・土・金・水の五つの要素により万物が組成され、自然現象や人事現象の全てを解釈し説明するものです。
一つずつ柄や大きさが異なりますので、お好みのものをお選びください。

学業成就守り

初穂料 600円

境内にお祀りしている三津天満宮のお守りになります。
天満宮には学問の神様として有名な菅原道真公をお祀りしています。
学校や習い事等、学業が上達、成就することを祈念したお守りです。

合格必勝守り

初穂料 600円

境内にお祀りしている三津天満宮のお守りになります。
天満宮には学問の神様として有名な菅原道真公をお祀りしています。
受験や就職、資格試験など、今まで取り組んできた努力が報われ、合格することを願ったお守りです。

絵馬

初穂料 600円

絵馬の起源は、神様に生きた馬や家畜を献上する古代の風習にあるとされています。
時が経つにつれ、本物の馬から木で作った馬等に変化していき、平安時代には絵に描いた馬を奉納するようになりました。
現在では様々なデザインが絵馬に描かれ、裏にお願い事を記すようになっています。

授与品をもっと見る|
76

境内・文化財

注連石(しめいし)

表忠碑(ひょうちゅうひ)

拝殿 屋根(はいでん やね)

境内・文化財をもっと見る|
348

例祭・神事

6月30日 大祓・夏越祭
7月17日 十七夜祭
10月5日 午後9時頃 
        宵宮神輿上納
       (けんか神輿あり)    

   6日 午後7時
        子供神輿宮出し
        子供とら舞奉納

   7日 午前0時半頃
        とら舞奉納    
   7日 午前1時
        宮出し
       (けんか神輿あり)    
   7日 午後9時頃
        宮入り
       (けんか神輿あり)

例祭・神事をもっと見る|
86

歴史

古墳時代 
6世紀後半に現在の宗像大社の神様を勧請。

飛鳥時代 
700年頃に東山の地(今の古三津新屋敷方面)に神殿を新築。

奈良時代 
神亀元年(724年)安芸の厳島の神を勧請。

平安時代 
天慶4年(941年)藤原純友を追討しに来た
橘 遠保(たちばなのとおやす)河野 好方、
野田 新藤次、社殿を修理し願文を納める。

鎌倉時代 
承久2年(1220年)伊予水軍の指揮者河野通信心願をこめる。

室町時代 
観応2年(1351年)足利尊氏が難を避けて三津に寄り、
久万の水田2町5反を奉る。
関ヶ原の戦いに乗じて起こった刈谷畑の戦にて社殿が消失し、
慶長7年(1602年)に現在地へ奉遷。

江戸時代 
参勤交代の際に歴代松山藩主は当社にお参りして幣帛を奉った。
道中の安全、藩内平和、武運長久の祈願をし、三津浜から船で江戸へと向かった。

歴史をもっと見る|
5

三津厳島神社の基本情報

住所愛媛県松山市神田町1-7
行き方

伊予鉄道高浜線・三津駅   ~徒歩5分
JR予讃線・三津浜駅     ~徒歩15分
伊予鉄バス・三津厳島神社前駅~徒歩1分
松山空港          ~車で約12分

国道437号禊橋交差点を西側に
橋を渡るように曲がるとすぐ右手側です

※一部ナビにて神社裏側に案内されることがあります
※裏側からは入れませんので、お気を付けください。

アクセスを詳しく見る
名称三津厳島神社
読み方みついつくしまじんじゃ
通称いつくしまじんじゃ
参拝時間

授与所
午前9時~午後4時半まで

参拝にかかる時間

約10分

参拝料

なし

トイレ神門から右へ向かうとあります。
御朱印あり

三津嚴島神社の御朱印。

伊予七福神霊場の一つ 寿老神の御朱印。

限定の御朱印と3種類の御朱印があります。

参拝の記念にどうぞ。

限定御朱印あり
御朱印帳に直書きあり

■お書入れ:
嚴島神社、寿老神の御朱印

■書置き:
限定御朱印

御朱印の郵送対応あり

■申し込み方法:
ホームページの問い合わせフォームにて必要事項を記入の上、送信してください。
後程、振り込み先をご連絡しますので、送金を確認の後、郵送致します。
必要事項:①氏名 ②郵便番号 ③住所 ④連絡先 ⑤御朱印の種類、枚数

■申し込みページURL:
https://itsukusima.com/

御朱印帳あり
電話番号089-951-1471
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスyanagihara1025@gmail.com
ホームページhttps://itsukusima.com/
おみくじあり
お守りあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神《主》田心姫命,市杵島姫命,湍津姫命,

《配》明治4年に大国主命(おおくにぬしのみこと)、
小彦名命(すくなひこなのみこと)、
塩土神(しおづちのかみ)、
崇徳天皇(航海守護、造船の神)、
事代主命(ことしろぬしのみこと)、
蛭子命(ひるこのみこと)
恵比寿様=商売繁盛、漁業の神)、
保食神(うけもちのかみ 五穀の神)を合祀しています。

境内に鎮座する末社に伊予七福神の寿老神をお祀りしています。
札所など

伊予七福神霊場
寿老神をお祀りしています。

熟田津三社詣り
祈願玉をお分かちしています。

ご由緒

古墳時代 
6世紀後半に現在の宗像大社の神様を勧請。

飛鳥時代 
700年頃に東山の地(今の古三津新屋敷方面)に神殿を新築。

奈良時代 
神亀元年(724年)安芸の厳島の神を勧請。

平安時代 
天慶4年(941年)藤原純友を追討しに来た
橘 遠保(たちばなのとおやす)河野 好方、
野田 新藤次、社殿を修理し願文を納める。

鎌倉時代 
承久2年(1220年)伊予水軍の指揮者河野通信心願をこめる。

室町時代 
観応2年(1351年)足利尊氏が難を避けて三津に寄り、
久万の水田2町5反を奉る。
関ヶ原の戦いに乗じて起こった刈谷畑の戦にて社殿が消失し、
慶長7年(1602年)に現在地へ奉遷。

江戸時代 
参勤交代の際に歴代松山藩主は当社にお参りして幣帛を奉った。
道中の安全、藩内平和、武運長久の祈願をし、三津浜から船で江戸へと向かった。

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬結婚式七五三御朱印お守り祭り札所・七福神巡り夏詣
Youtube
感染症対策内容

感染症対策といたしまして、下記の対応を行っています。

・接触感染防止のため手水の休止・鈴緒の取り外し
・換気した上で一組毎の御祈祷(1、11月以外)
・マスク着用での参列
・授与所でのビニールシート設置
・接触感染防止の為 電子決済(PayPay)導入
・アルコール消毒液の設置

安心してご参拝できるよう対策を講じています。
ご理解ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

Wikipediaからの引用

概要
厳島神社(いつくしまじんじゃ)とは愛媛県松山市神田町にある神社である。神紋は、三盛亀甲花菱。 三津浜地区にあることから三津厳島神社と呼ばれる。旧社格は郷社。社伝では、崇峻天皇の時代に筑紫国宗像から宗像三女神を勧請し、その後の時代に広島の厳島神社から再勧請とある。
歴史
由緒[編集] 崇峻天皇の時代、筑紫国の宗像大社の神を勧請 文武天皇の時代、東山の地(現在の古三津地区新屋敷方面)に神殿を新築 神亀元年(724年)、安芸国の厳島神社の神を勧請 応仁元年(1467年)、河野通春が神殿を造営 慶長7年(1602年)、現在地へ奉遷 明治4年(1871年)、大国主命、小彦名命、塩土神、崇徳天皇、事代主命、蛭子命、保食神を合祀。 明治37年(1904年)、社殿を改築 明治40年(1907年)、郷社に列する
アクセス
アクセス[編集] 伊予鉄道高浜線三津駅下車、徒歩5分。
行事
年中行事[編集] 日付   祭祀  1月1日   歳旦祭    6月30日   夏越祭    7月17日   十七夜祭    10月5日   宵宮祭    10月6日   例大祭    10月7日   神幸祭   10月6日に例大祭が行われ、10月7日の神幸祭では、三津の南北と古三津の南北計4体によって喧嘩神輿(鉢合わせ)が行われる。厳島神社の鉢合せは、神輿の担き棒を正面からぶつけるものである。神幸祭での神輿の宮出しは松山地区の秋祭りでは一番早い午前1時から行われるため「暁(あかつき)の宮出し」と呼ばれている。神輿に御神体を移す御霊遷しの際には、神が床を踏ま...Wikipediaで続きを読む
引用元情報厳島神社 (松山市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%8E%B3%E5%B3%B6%E7%A5%9E%E7%A4%BE%20%28%E6%9D%BE%E5%B1%B1%E5%B8%82%29&oldid=78362322

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

投稿キャンペーン

15,000投稿達成で
当選数2倍!

まずは30秒で無料登録する
行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー