御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年7月
長栄寺ではいただけません
広告

ちょうえいじ|曹洞宗金剛山

長栄寺
愛知県 東別院駅

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

あり
寺院内に複数箇所あり

巡礼

その他の巡礼の情報

尾張三十三観音霊場第2番札所

おすすめの投稿

シンくん
シンくん
2023年01月04日(水)
2977投稿

東本願寺別院北側に位置する曹洞宗の寺院です。
ご本尊は十一面観世音菩薩。
御詠歌は、
えにしより めぐみはふかき ちょうえいじ たのむほとけに わがてとられて

参道から本堂へは見落としがちな所にあります。
山門をくぐり、奥に本堂。右側には庫裡。

お寺は元々、稲沢の矢合観音近くに創建されていました。
承久の乱等で兵火に遭い草堂を残すのみとなる。

時代は進み、織田信秀の妹・榮公尼が当所清洲に移し
その後大須近辺に代わり、再度移築されて現在地に至るそう。

お参りした当日は年末真っ只中、お忙しい所でお邪魔してしまいました。
ちょっと忙しいんだけどね
と一言。
うっかり出た言葉とは思うのですが、一度出された言葉は引っ込めないのよね。
初穂料、少し余分に納めパンフ等を頂き退出させて頂きましたが、
なんとも言えないモヤモヤした気持ち。

入りやすい寺院ってどんなかな?と思いました。
まだ、自押しでないだけマシなのかな?
年末年始に参拝される方っていないのかな?と思いました。
巡礼旅がメインだった昔は、どの様な態度を取られていたのかな?

考えるのはやめましょう、とりあえずお相手して頂いた上に
御朱印も直書きして頂き大変忙しい中の参拝でお世話になりました。

長栄寺の御朱印

直書き御朱印です

長栄寺の御朱印

尾張三十三観音霊場への朱印です。

長栄寺の建物その他
長栄寺の山門
長栄寺の仏像
長栄寺の本殿
長栄寺の建物その他

開梆(かいぱん)といい、昼も夜も目を閉じない
魚の様に修行に励めということ。また、「魚の梆」とも呼ぶ。
大きな魚の形の法具で日常行事や儀式の時刻を
打ってお知らせする、木魚の原形とも言われる。

長栄寺の建物その他

雲板(うんぱん)は、《朝・昼・夜》の食事の時を告げる青銅製の雲形の板。

長栄寺の授与品その他
長栄寺の授与品その他
長栄寺の授与品その他
長栄寺の授与品その他
長栄寺の歴史
長栄寺の授与品その他
もっと読む
投稿をもっと見る(10件)

歴史

741年(天平13年) 聖武天皇の勅願で「金光明四天王護国寺」として建立
769年(神護景雲3年) 鵜沼川(現木曽川)の氾濫により荒廃
775年(宝亀6年) 台風により更に荒廃
810年〜823年(弘仁年間) 弘法大師が海東郡森山村(現あま市森山)に移し十一面観音菩薩安置、景雲山永見寺と改める
1221年(承久3年) 北条氏の兵火により焼失(承久の乱)
1532年〜1555年(天文年間) 織田氏の兵火により一草堂を残すのみに
1592年〜1595年(文禄年間) 織田信秀の妹・小林城主・牧義清夫人により清洲に移転再興、現寺号となる
1610年(慶長15年)     慶長遷府(清洲越し)により政秀寺の南に移る
1683年(天和3年) 前年の徳川光友の命により現在地に移る

歴史をもっと見る|
2

長栄寺の基本情報

住所愛知県名古屋市中区橘1-14-37
行き方

名古屋市営地下鉄名城線・鶴舞線『上前津駅7番出口』から徒歩で約7分
名古屋市営地下鉄名城線『東別院駅4番出口』から徒歩で約9分
名古屋市営地下鉄鶴舞線『大須観音駅2番出口』から徒歩で約15分

アクセスを詳しく見る
名称長栄寺
読み方ちょうえいじ
参拝時間

いつでも

参拝にかかる時間

約5分

参拝料

なし

トイレなし
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号052-331-0722
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

巡礼の詳細情報

尾張三十三観音霊場

第2番

御本尊:十一面観音

詳細情報

ご本尊釈迦牟尼仏、十一面観世音菩薩
山号金剛山
宗旨・宗派曹洞宗
創建時代741年(天平13年)
開山・開基榮公尼
ご由緒

741年(天平13年) 聖武天皇の勅願で「金光明四天王護国寺」として建立
769年(神護景雲3年) 鵜沼川(現木曽川)の氾濫により荒廃
775年(宝亀6年) 台風により更に荒廃
810年〜823年(弘仁年間) 弘法大師が海東郡森山村(現あま市森山)に移し十一面観音菩薩安置、景雲山永見寺と改める
1221年(承久3年) 北条氏の兵火により焼失(承久の乱)
1532年〜1555年(天文年間) 織田氏の兵火により一草堂を残すのみに
1592年〜1595年(文禄年間) 織田信秀の妹・小林城主・牧義清夫人により清洲に移転再興、現寺号となる
1610年(慶長15年)     慶長遷府(清洲越し)により政秀寺の南に移る
1683年(天和3年) 前年の徳川光友の命により現在地に移る

体験祈祷お祓い御朱印祭り札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ