御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年4月
品川神社ではいただけません
広告

しながわじんじゃ

品川神社
東京都 新馬場駅

御朱印・御朱印帳

御朱印 (1種類)

品川神社でいただける御朱印は1種類です。

品川神社の御朱印

300円

真ん中に「品川神社」と墨書きされ、神社印が重ねられています。
右下に「元准勅祭 十社之内」の印が押されています。

御朱印をもっと見る|
247
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
-

巡礼

その他の巡礼の情報

准勅祭社
東海七福神

品川神社について

社頭に立つ双龍鳥居は見事


第一京浜沿いに立つ鳥居は東京三大鳥居の1つに数えられることもある双龍鳥居です。その名の通り、鳥居の両側に見事な龍が彫刻されています。

東京都のおすすめ2選🌸

広告

おすすめの投稿

ぱん吉🍀
2023年11月11日(土)
962投稿

遠征④品川『品川神社』北品川宿の鎮守様☆北の天王さん参拝!
見どころ沢山で賑わう境内♪
都内で一番の高さとされる『品川富士』~念願が叶いやっと登頂ヽ( ´¬`)ノ
東京三大鳥居に数えられる双龍鳥居と大黒天様♡入口からテンションが上がりました!

季節外れの暑い日でしたが、長い階段を上がり富士塚も登り絶景を堪能♪
残念なことに今回は見落としも多く、、リトライ必至╭( ・ㅂ・)و ̑̑

品川神社(東京都)

綺麗な赤い御社殿に七五三詣の家族連れが華やか✨

品川神社(東京都)

素晴らしい双龍鳥居を抜けて~
高台の境内へは階段を駆け上がらねば!!

品川神社(東京都)

御朱印は書入れてくださいました
由緒書の葵紋が嬉しい💕

品川神社(東京都)

二ノ鳥居
向こうに見えるのは江戸時代(慶安元年)奉納の三ノ鳥居✨
参拝の方々が次々に通られますので遠くから、、

品川神社(東京都)

珍しい備前焼の狛犬さん💗
会えて嬉しいヽ(*´∇`)ノ

品川神社(東京都)
品川神社(東京都)

手水舎のカッパさんは初めて(☉∀☉)
気を取られて見たかった絵馬を見落としました…残念

品川神社(東京都)

さて参拝🙏

品川神社(東京都)

大好きな葵紋は撮らないと(*^-^*)

品川神社(東京都)

美しい神楽殿が青空に映えていました🎵

品川神社(東京都)
品川神社(東京都)

境内社の阿那稲荷神社
左側の上社を参拝、続いて右下に鎮座される下社へ

品川神社(東京都)
品川神社(東京都)
品川神社(東京都)
品川神社(東京都)

入って左手に阿那稲荷神社。正面には八百萬神社・大國主恵比寿神社・天王白龍辨財天社もあって、一粒萬倍の泉(銭洗いの泉)を失念。
見落としが多い参拝。°(°`ω´ °)°。

品川神社(東京都)
品川神社(東京都)

『富士浅間神社』

品川神社の末社
品川神社(東京都)
品川神社(東京都)

景色も最高の登頂
*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。

品川神社(東京都)
品川神社(東京都)
品川神社(東京都)

左側には富士塚への参道
こちらから出る流れになってしまいました、、

品川神社(東京都)
品川神社(東京都)

こちらが登龍で右が降龍✨カッコイイ!!

品川神社(東京都)

東海七福神の大黒天様にもご挨拶🙏

品川神社(東京都)

見どころ盛り沢山の品川神社🎶
七五三の時期を外してまた訪れたい (*´μ`*)

もっと読む
投稿をもっと見る(236件)

歴史

今からおよそ八百年程前の平安時代末期の文治三年(1187)に、源頼朝公が阿房国の洲崎明神(現・千葉県館山市鎮座 洲崎神社)の天比理乃咩命を当地にお迎えして海上交通安全と祈願成就を祈られたのを創始とします。
 やがて、鎌倉時代末期の元応元年(1319)に二階堂道蘊公が、「宇賀之売命(お稲荷様)」を、さらに室町時代中期の文明十年(1478)に、太田道灌公が、「素盞嗚尊(天王様)」をそれぞれお祀りしました。
 慶長五年(1600)、徳川家康公が関ヶ原の戦いへ出陣の際に当社へ参拝し戦勝を祈願され、その後、祈願成就の御礼として仮面(天下一嘗の面)・神輿(葵神輿)などを奉納されました。
 また、寛永十四年(1637)三代将軍徳川家光公により東海寺が建立され当社がその鎮守と定められ、「御修覆所(神社の建物の再建・修復などは全て幕府が賄う)」となり、元禄七年(1694)・嘉永三年(1850)の二度の社殿の焼失の際には時の将軍の命により再建が行われる等、徳川将軍家の庇護を受けました。
 時代は明治に移り、同元年(1868)十一月には明治天皇様が、新都・東京の安寧と国家の繁栄を御祈願されるために、当社を含んだ都内の神社を「准勅祭神社」と定められ、御勅使が御参拝になられ御祈願をされました。
 大東亜戦争の折は、当社は幸いにして戦火を免れましたが、社殿の老朽化が進み、昭和三十九年(1964)氏子各位の御協力により現在の社殿が再建されました。

歴史をもっと見る|
42

品川神社の基本情報

住所東京都品川区北品川3-7-15
行き方

京浜急行新馬場駅北口より徒歩1分
JR品川駅より徒歩15分

アクセスを詳しく見る
名称品川神社
読み方しながわじんじゃ
通称北の天王社
参拝時間

授与所:9:00〜17:00

参拝にかかる時間

約15分

参拝料

なし

トイレあり
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号03-3474-5575
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://shinagawajinja.tokyo
絵馬あり

巡礼の詳細情報

東海七福神

第3番

御本尊:大黒天

東京十社

詳細情報

ご祭神天比理乃咩命
素盞雄命
宇賀之売命
創建時代文治三年(1187)
創始者源頼朝
文化財

神輿、石造鳥居(区指定有形文化財)
富士塚(区指定有形民俗文化財)
品川神社太太神楽(都無形民俗文化財)

ご由緒

今からおよそ八百年程前の平安時代末期の文治三年(1187)に、源頼朝公が阿房国の洲崎明神(現・千葉県館山市鎮座 洲崎神社)の天比理乃咩命を当地にお迎えして海上交通安全と祈願成就を祈られたのを創始とします。
 やがて、鎌倉時代末期の元応元年(1319)に二階堂道蘊公が、「宇賀之売命(お稲荷様)」を、さらに室町時代中期の文明十年(1478)に、太田道灌公が、「素盞嗚尊(天王様)」をそれぞれお祀りしました。
 慶長五年(1600)、徳川家康公が関ヶ原の戦いへ出陣の際に当社へ参拝し戦勝を祈願され、その後、祈願成就の御礼として仮面(天下一嘗の面)・神輿(葵神輿)などを奉納されました。
 また、寛永十四年(1637)三代将軍徳川家光公により東海寺が建立され当社がその鎮守と定められ、「御修覆所(神社の建物の再建・修復などは全て幕府が賄う)」となり、元禄七年(1694)・嘉永三年(1850)の二度の社殿の焼失の際には時の将軍の命により再建が行われる等、徳川将軍家の庇護を受けました。
 時代は明治に移り、同元年(1868)十一月には明治天皇様が、新都・東京の安寧と国家の繁栄を御祈願されるために、当社を含んだ都内の神社を「准勅祭神社」と定められ、御勅使が御参拝になられ御祈願をされました。
 大東亜戦争の折は、当社は幸いにして戦火を免れましたが、社殿の老朽化が進み、昭和三十九年(1964)氏子各位の御協力により現在の社殿が再建されました。

体験祈祷おみくじ絵馬結婚式七五三御朱印博物館お守り祭り武将・サムライ札所・七福神巡り
Youtube

Wikipediaからの引用

概要
品川神社(しながわじんじゃ)は、東京都品川区北品川三丁目にある神社。元准勅祭社として東京十社のひとつでもある。 また東海七福神の一社として、大黒天を祀る。
歴史
歴史[編集] 文治3年(1187年)、源頼朝が安房国の洲崎神社から、海上交通安全と、祈願成就の守護神として、安房国の洲崎明神である天比理乃咩命を勧請して祀り、品川大明神と称したのに始まる。 鎌倉時代末期の元応元年(1319年)に北条高時の臣、二階堂道蘊が「宇賀之売命(稲荷神)」を、さらに室町時代中期の文明十年(1478年)に太田道灌が「素戔嗚尊(天王神)」をそれぞれ祀った。 慶長五年(1600年)、徳川家康が関ヶ原の戦いへ出陣の祭に品川神社を参拝して戦勝祈願し、その後、祈願成就の御礼として仮面(天下一嘗の面)・神輿(葵神輿)などを奉納し、天正19年(1591年)には徳川家康から5石の社領...Wikipediaで続きを読む
アクセス
交通アクセス[編集] 新馬場駅より徒歩3分(経路案内)。
引用元情報品川神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%93%81%E5%B7%9D%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=99651188

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ