御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

あなもりいなりじんじゃ

東京羽田 穴守稲荷神社

公式東京都 穴守稲荷駅

参拝:24時間(奥之宮のみ、6:00頃~16:30頃)
祈祷:9:00~16:00
神符守札・御朱印:8:30~17:00

投稿する
03-3741-0809

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

最新のお知らせ

花手水のお知らせ(令和4-9-21)/モデルプレーンの御奉納

昨日の空の日『航空安全祈願祭』復興と 空の旬間を祝して、花手水を御奉納頂きました。
花手水横の白彼岸花も咲き始めております。

スカイマーク株式会社さまより BOEING 737-800
株式会社AIRDOさまより BOEING 737-700
株式会社スターフライヤーさまより AIRBUS A320
のモデルプレーンを御奉納頂きました。ありがとうございました。
社務所に常設展示致します。

東京羽田 穴守稲荷神社の手水東京羽田 穴守稲荷神社の像東京羽田 穴守稲荷神社(東京都)東京羽田 穴守稲荷神社(東京都)東京羽田 穴守稲荷神社(東京都)東京羽田 穴守稲荷神社(東京都)

花手水のお知らせ(令和4-9-9)

花手水を更新致しました。洋菊を中心に韃靼桔梗と霞草で廻りを埋めています。

東京羽田 穴守稲荷神社(東京都)東京羽田 穴守稲荷神社(東京都)東京羽田 穴守稲荷神社(東京都)
お知らせをもっと見る(25件)
氏子以外の参拝
氏子以外の参拝
あり
歓迎
御朱印について
御朱印
あり

通常御朱印として、御本社・奥之宮・稲荷山の3社。
特別御朱印として
・毎年1月1日~同5日までの5日間(午前9時~午後3時)のみの羽田七福いなりめぐり御朱印
・羽田穴守御嶽神社の御百度参り結願御朱印
・摂社航空稲荷の毎月17日及び空の旬間(9月20~30日)限定御朱印
があります。

限定
あり
御朱印帳にお書き入れ
あり

原則、全ての御朱印を墨書で直書き

御朱印帳をお忘れの場合のみ、紙に書いたものを頒布

郵送対応
-
ありません
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり(20台程度)
正月期間は、近隣のヤマトグループ羽田クロノゲート内駐車場も利用可能。

巡礼

京急夏詣キャンペーン2022
羽田七福いなりめぐり 第七番

ご利益

東京羽田 穴守稲荷神社について

羽田空港から歩いて行ける所にあるのが、穴守稲荷神社です。商売繫昌や家内安全等の稲荷信仰と共に、羽田空港との深い歴史的関わりから、航空関係者や空港利用者からの信仰も集め、航空安全や旅行安全の神社としても知られています。また、境内の千本鳥居を抜けた奥之宮にある「御神砂」は、開運招福・千客万来のご利益があると言われています。

おすすめの投稿

のぶさん
2020年09月25日(金)
1212投稿

社伝によれば、1804(文化元)年頃、現在の羽田空港敷地内にて羽田猟師町(現羽田2丁目・6丁目付近)の名主、鈴木弥五右衛門が中心となり新田の開発(鈴木新田)を行った際、激しい波のため沿岸の堤防に大穴が開くなどして決壊し、甚大な被害が発生した。
そこで村民らは堤防の上に稲荷大神を勧請し祀ったのが創建とされる。
以降は波の害も落ち着き、豊かな田園となった。
「穴守」の冠号は「風浪が作りし穴の害より田畑を守り給う」という御神徳を称えている。
江戸時代には、この「穴守」という名から転じ「(性病から)守る」に通ずるとされ、遊女達の信仰も集めた。
1886(明治19)年に「穴守稲荷社」から「穴守稲荷神社」へと改称を行っている。
明治~戦前を通じて当社の発展とともに門前町は繁栄を見せ、京浜電気鉄道(現在の京浜急行電鉄)も付近まで延伸するなどした。
終戦直後の1945(昭和20)年9月21日、GHQは羽田空港を拡張すべく接収、旧社地より48時間以内の強制退去を命じた。
約3,000人の付近住民とともに鎮座地を追われた一旦羽田神社に合祀される。
しかしながら地元崇敬者により現在の境内地700坪が寄進され、仮社殿にて復興した。
その後1965(昭和40)年5月に再建された社殿はじめ、奥之宮や各施設の整備も進められ、現在に至っている。

東京羽田 穴守稲荷神社の鳥居東京羽田 穴守稲荷神社の建物その他東京羽田 穴守稲荷神社の本殿東京羽田 穴守稲荷神社の末社東京羽田 穴守稲荷神社の末社東京羽田 穴守稲荷神社の鳥居東京羽田 穴守稲荷神社の建物その他東京羽田 穴守稲荷神社の本殿東京羽田 穴守稲荷神社の末社東京羽田 穴守稲荷神社の建物その他東京羽田 穴守稲荷神社の建物その他東京羽田 穴守稲荷神社の末社東京羽田 穴守稲荷神社の鳥居東京羽田 穴守稲荷神社の景色東京羽田 穴守稲荷神社の末社東京羽田 穴守稲荷神社の建物その他東京羽田 穴守稲荷神社の鳥居東京羽田 穴守稲荷神社の庭園東京羽田 穴守稲荷神社の手水東京羽田 穴守稲荷神社の狛犬東京羽田 穴守稲荷神社の狛犬東京羽田 穴守稲荷神社の建物その他東京羽田 穴守稲荷神社の建物その他東京羽田 穴守稲荷神社の本殿東京羽田 穴守稲荷神社の鳥居東京羽田 穴守稲荷神社の本殿東京羽田 穴守稲荷神社の建物その他東京羽田 穴守稲荷神社の建物その他東京羽田 穴守稲荷神社の鳥居
もっと読む
こばけん
2022年09月16日(金)
614投稿

 22.09.15。京急空港線「穴守稲荷駅」下車、徒歩3分。東京都大田区羽田5丁目に鎮座。
《別名/あなもりさん》

御祭神 豊受姫命

創建  伝・文化文政時代(1804〜30年頃)

社格等 旧村社

札所等 羽田七福いなりめぐり 第七番

例大祭 11月13日

【社史】~当社リーフレットより抜粋~
 社伝に云う。文化文政の頃、鈴木新田(現・羽田空港内)開墾の際、沿岸の堤防しばしば激浪のために害を被る。ある時堤防の腹部に大穴を生じ、海水侵入せんとす。村民相計り堤上に一祠を勧請し、祀る処稲荷大神を以てす。これが当社の草創なり。爾来神霊の御加護あらたかにして風浪の害なく五穀豊穣す。

 明治19年11月に「穴守稲荷神社」の御社号が官許せらてより殊に隆昌し、京浜電鉄(現・京急)の穴守線(現・空港線)の開通等で殷賑を極る。昭和20年8月終戦で連合軍より強制退去を命じられ、昭和23年2月に現在地へ遷座せり。

 三方向から入れる開放感ある広い境内に、千本
鳥居を始め、見どころが多くて楽しい参詣という感じでした。

東京羽田 穴守稲荷神社の御朱印

本社御朱印

東京羽田 穴守稲荷神社の御朱印

奥之宮御朱印

東京羽田 穴守稲荷神社の鳥居

穴守稲荷駅前の鳥居

東京羽田 穴守稲荷神社の鳥居

表参道の鳥居

東京羽田 穴守稲荷神社の建物その他

社号標
昭和41年建立。

東京羽田 穴守稲荷神社の建物その他

表参道

東京羽田 穴守稲荷神社の鳥居東京羽田 穴守稲荷神社の建物その他

境内図

東京羽田 穴守稲荷神社の建物その他

社殿正面の《鳥居》と《手水舎》

東京羽田 穴守稲荷神社の手水東京羽田 穴守稲荷神社の鳥居東京羽田 穴守稲荷神社の狛犬

狛狐(阿形)
昭和11年奉納。

東京羽田 穴守稲荷神社の狛犬

狛狐(吽形)

東京羽田 穴守稲荷神社の本殿

社殿遠景

東京羽田 穴守稲荷神社の本殿

拝殿正面

東京羽田 穴守稲荷神社の本殿

社殿右サイドより

東京羽田 穴守稲荷神社の本殿

本殿

東京羽田 穴守稲荷神社の末社東京羽田 穴守稲荷神社の末社東京羽田 穴守稲荷神社(東京都)東京羽田 穴守稲荷神社の鳥居

穴守稲荷神社
千本鳥居

東京羽田 穴守稲荷神社の末社

必勝稲荷

東京羽田 穴守稲荷神社の末社

開運稲荷

東京羽田 穴守稲荷神社の末社

出世稲荷

東京羽田 穴守稲荷神社の末社

繁栄稲荷

東京羽田 穴守稲荷神社の末社

奥之宮

東京羽田 穴守稲荷神社の末社東京羽田 穴守稲荷神社の末社

狐塚

東京羽田 穴守稲荷神社の末社東京羽田 穴守稲荷神社の末社

福徳稲荷

東京羽田 穴守稲荷神社の末社

左奥より、航空稲荷・末廣稲荷・幸稲荷・築山稲荷。

東京羽田 穴守稲荷神社の末社

稲荷山

東京羽田 穴守稲荷神社の末社

穴守稲荷上社

東京羽田 穴守稲荷神社の末社

御嶽神社

東京羽田 穴守稲荷神社の建物その他

稲荷山より見下ろし

東京羽田 穴守稲荷神社の建物その他

クスノキ

東京羽田 穴守稲荷神社の建物その他

神楽殿

東京羽田 穴守稲荷神社の鳥居

南参道の鳥居

東京羽田 穴守稲荷神社の自然東京羽田 穴守稲荷神社の鳥居

東側入り口の鳥居

東京羽田 穴守稲荷神社の建物その他

門被之松
奥は社務所です。

東京羽田 穴守稲荷神社の手水

水琴窟

東京羽田 穴守稲荷神社の建物その他

御井戸

東京羽田 穴守稲荷神社のお祭り

社務所内
一声掛けて見学させて頂きました。

東京羽田 穴守稲荷神社(東京都)東京羽田 穴守稲荷神社(東京都)東京羽田 穴守稲荷神社(東京都)

過去の稲

東京羽田 穴守稲荷神社(東京都)

境内に斎田

東京羽田 穴守稲荷神社(東京都)

社務所全景
右手奥の授与所で直書きの御朱印を拝受しました。

東京羽田 穴守稲荷神社(東京都)

頂いたリーフレット

もっと読む
投稿をもっと見る(103件)

例祭・神事

歳旦祭(1月1~3日)
初午祭(2月初午の日)
必勝稲荷祭(5月7日)
航空稲荷例祭(5月17日)
五月祭(5月中毎日)
献灯祭(8月下旬の金・土)
奥之宮例祭(9月一の午の日)
航空安全祈願祭(9月20日)
例祭(11月3日)
など

例祭・神事をもっと見る|
4

歴史

羽田の地は古くから漁師町として栄えてきた場所でした。現在の羽田空港に当たる場所は、要島と呼ばれ、江戸時代中期から埋め立てが進められ、新田開発が行われてきました。しかし、場所柄東京湾の高潮や多摩川の氾濫による水害に長い間悩まされてきました。やがて江戸時代後期(文化文政期)に堤防の守り神として、稲荷大神を小さな祠に祀ったところ、その後は全く水害に遭わなくなり、一帯は良質な田園地帯となりました。そこで「風波が堤防に作った穴の害より、田畑を守り給ふ稲荷大神」という意味から、改めてその祠に穴守稲荷大神という御名を捧げました。これが穴守稲荷神社の始まりです。

明治以降は、堤防から現在の羽田空港B滑走路南端の滑走路番号付近に遷座し、東京や横浜の稲荷信仰の中心地として「関東一流祠」とも称され、関東近辺のみならず、日本全国更には台湾やハワイ、アメリカ本土にまで講社や分社が創られる程に崇敬を集めました。当時「ねがひごと かならずかなふ 穴守の いなりの神よ いかに尊き」という和歌が詠まれたり、古くから伝わる民謡の羽田節の一節にも「羽田ではやる お穴さま 朝参り 晩には 利益授かる」と残されている事からも伺えます。
参道には、奉納された灯籠や狐像、幟旗が林立し、特に鳥居は4万6796基にも上り、数百メートルに亘ってトンネル状に連なり「雨の日にその鳥居の下に入れば濡れぬ」とまで言われる程の隆盛ぶりでした。現在、千本鳥居で有名な伏見の稲荷山が約1万基と云われているので、如何にその数が多いかが分かります。尚、京急電鉄大鳥居駅もかつて穴守稲荷神社の大鳥居があったことに由来します。
更には、元々羽田一帯が好漁場であったり、神社周辺に鉱泉が見つかった事から、一帯には旅館や料亭、土産物屋が立ち並び、遊園地・海水浴場・潮干狩場・競馬場も開かれ、戦前の東京を代表する観光地の一つとなりました。その繁栄ぶりを見て、明治35年(1902年)に京浜電気鉄道(現在の京浜急行電鉄)は、現在の京急蒲田駅から支線を伸ばし、日本初『神社』参詣者輸送の為の『電気鉄道』である京浜電鉄穴守線を開業しました。それが現在の京急電鉄空港線です。また、昭和6年(1931年)には神社北側の海域が埋め立てられ、東京飛行場(現在の東京国際空港)が開業しました。

しかし、終戦後の昭和20年(1945年)9月21日、東京飛行場を軍事基地として拡張する為、連合国軍より、氏子地域であった現在の羽田空港一・二丁目に相当する羽田穴守町・羽田江戸見町・羽田鈴木町の三か町内約1200世帯、約3000名の氏子共々48時間以内の強制退去命令が下されました。
多くの氏子が着の身着のままで退去させられる中、神社も施設や宝物類はほぼ全て放棄させられ、現在地(羽田5丁目)へ強制的に遷座となる憂き目に遭いました。かつて4万6797基あった朱の鳥居も、ただ1基の大鳥居だけ残して取り壊されました。この鳥居は、現在でも京急電鉄・東京モノレール天空橋駅近くに旧穴守稲荷神社大鳥居として残っており、かつての繁栄と強制退去の歴史を今に伝える貴重な遺産として、大切にされています。(現在、国土交通省管理下)

その後、羽田地域は空港城下町として栄え、神社も多くの崇敬者のご支援によって復興を果たしました。また、現在の羽田空港に当たる一帯の守り神であった故実から、空港関係における安全祈願の神社として、航空関係者や旅行者から崇敬を得ており、旧羽田空港ターミナルビル内には、羽田航空神社とならんで穴守稲荷の分社が祀られていました。現在は空港内に祀られていた「穴守稲荷分社」は「航空稲荷」として神社境内に、そして「羽田航空神社」は第1ターミナルビル内へと遷座し、いずれも今に至るまで穴守稲荷の神職によって神事が執り行われています。

令和2年(2020年)春には、大規模な境内整備工事が竣工し、境内の様子が一新され、総本宮である伏見の御山を模した稲荷山や空港にあった大水瓶で作られた東京随一の大きさを誇る水琴窟が新たに完成しました。
また、午後南風の際には大空へ飛び立つ飛行機を境内より目近に見る事が出来ます。

こうして苦難の歴史を歩みつつも、現在は東京を代表する稲荷神社として、稲荷信仰を集めると同時に、羽田空港関係の航空業界・物流業界・建設業界・宿泊業界等からも、広く崇敬を集めています。

歴史をもっと見る|
4

東京羽田 穴守稲荷神社の基本情報

住所東京都大田区羽田5-2-7
行き方

京浜急行空港線「穴守稲荷駅」より徒歩3分
京浜急行空港線・東京モノレール線「天空橋駅」より徒歩5分

アクセスを詳しく見る
名称東京羽田 穴守稲荷神社
読み方あなもりいなりじんじゃ
通称あなもりさん・羽田稲荷
参拝時間

参拝:24時間(奥之宮のみ、6:00頃~16:30頃)
祈祷:9:00~16:00
神符守札・御朱印:8:30~17:00

参拝にかかる時間

15~20分

参拝料

正式参拝の場合、3,000円程度

トイレ社務所内及び境内神楽殿の横
御朱印あり

通常御朱印として、御本社・奥之宮・稲荷山の3社。
特別御朱印として
・毎年1月1日~同5日までの5日間(午前9時~午後3時)のみの羽田七福いなりめぐり御朱印
・羽田穴守御嶽神社の御百度参り結願御朱印
・摂社航空稲荷の毎月17日及び空の旬間(9月20~30日)限定御朱印
があります。

限定御朱印あり
御朱印帳に直書きあり

原則、全ての御朱印を墨書で直書き

御朱印帳をお忘れの場合のみ、紙に書いたものを頒布

御朱印の郵送対応なし

御朱印帳あり
電話番号03-3741-0809
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスinfo@anamori.jp
ホームページhttp://anamori.jp
SNS

詳細情報

ご祭神豊受姫命
創建時代文化年間から天保年間頃
創始者鈴木彌五右衛門
本殿権現造
札所など

羽田七福いなりめぐり 第七番

ご由緒

羽田の地は古くから漁師町として栄えてきた場所でした。現在の羽田空港に当たる場所は、要島と呼ばれ、江戸時代中期から埋め立てが進められ、新田開発が行われてきました。しかし、場所柄東京湾の高潮や多摩川の氾濫による水害に長い間悩まされてきました。やがて江戸時代後期(文化文政期)に堤防の守り神として、稲荷大神を小さな祠に祀ったところ、その後は全く水害に遭わなくなり、一帯は良質な田園地帯となりました。そこで「風波が堤防に作った穴の害より、田畑を守り給ふ稲荷大神」という意味から、改めてその祠に穴守稲荷大神という御名を捧げました。これが穴守稲荷神社の始まりです。

明治以降は、堤防から現在の羽田空港B滑走路南端の滑走路番号付近に遷座し、東京や横浜の稲荷信仰の中心地として「関東一流祠」とも称され、関東近辺のみならず、日本全国更には台湾やハワイ、アメリカ本土にまで講社や分社が創られる程に崇敬を集めました。当時「ねがひごと かならずかなふ 穴守の いなりの神よ いかに尊き」という和歌が詠まれたり、古くから伝わる民謡の羽田節の一節にも「羽田ではやる お穴さま 朝参り 晩には 利益授かる」と残されている事からも伺えます。
参道には、奉納された灯籠や狐像、幟旗が林立し、特に鳥居は4万6796基にも上り、数百メートルに亘ってトンネル状に連なり「雨の日にその鳥居の下に入れば濡れぬ」とまで言われる程の隆盛ぶりでした。現在、千本鳥居で有名な伏見の稲荷山が約1万基と云われているので、如何にその数が多いかが分かります。尚、京急電鉄大鳥居駅もかつて穴守稲荷神社の大鳥居があったことに由来します。
更には、元々羽田一帯が好漁場であったり、神社周辺に鉱泉が見つかった事から、一帯には旅館や料亭、土産物屋が立ち並び、遊園地・海水浴場・潮干狩場・競馬場も開かれ、戦前の東京を代表する観光地の一つとなりました。その繁栄ぶりを見て、明治35年(1902年)に京浜電気鉄道(現在の京浜急行電鉄)は、現在の京急蒲田駅から支線を伸ばし、日本初『神社』参詣者輸送の為の『電気鉄道』である京浜電鉄穴守線を開業しました。それが現在の京急電鉄空港線です。また、昭和6年(1931年)には神社北側の海域が埋め立てられ、東京飛行場(現在の東京国際空港)が開業しました。

しかし、終戦後の昭和20年(1945年)9月21日、東京飛行場を軍事基地として拡張する為、連合国軍より、氏子地域であった現在の羽田空港一・二丁目に相当する羽田穴守町・羽田江戸見町・羽田鈴木町の三か町内約1200世帯、約3000名の氏子共々48時間以内の強制退去命令が下されました。
多くの氏子が着の身着のままで退去させられる中、神社も施設や宝物類はほぼ全て放棄させられ、現在地(羽田5丁目)へ強制的に遷座となる憂き目に遭いました。かつて4万6797基あった朱の鳥居も、ただ1基の大鳥居だけ残して取り壊されました。この鳥居は、現在でも京急電鉄・東京モノレール天空橋駅近くに旧穴守稲荷神社大鳥居として残っており、かつての繁栄と強制退去の歴史を今に伝える貴重な遺産として、大切にされています。(現在、国土交通省管理下)

その後、羽田地域は空港城下町として栄え、神社も多くの崇敬者のご支援によって復興を果たしました。また、現在の羽田空港に当たる一帯の守り神であった故実から、空港関係における安全祈願の神社として、航空関係者や旅行者から崇敬を得ており、旧羽田空港ターミナルビル内には、羽田航空神社とならんで穴守稲荷の分社が祀られていました。現在は空港内に祀られていた「穴守稲荷分社」は「航空稲荷」として神社境内に、そして「羽田航空神社」は第1ターミナルビル内へと遷座し、いずれも今に至るまで穴守稲荷の神職によって神事が執り行われています。

令和2年(2020年)春には、大規模な境内整備工事が竣工し、境内の様子が一新され、総本宮である伏見の御山を模した稲荷山や空港にあった大水瓶で作られた東京随一の大きさを誇る水琴窟が新たに完成しました。
また、午後南風の際には大空へ飛び立つ飛行機を境内より目近に見る事が出来ます。

こうして苦難の歴史を歩みつつも、現在は東京を代表する稲荷神社として、稲荷信仰を集めると同時に、羽田空港関係の航空業界・物流業界・建設業界・宿泊業界等からも、広く崇敬を集めています。

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬結婚式七五三御朱印お守り祭り人形供養アニメなどサブカル花手水
感染症対策内容

・マスク等着用
・手指消毒
・検温
・仕切り板設置

Wikipediaからの引用

概要
穴守稲荷神社(あなもりいなりじんじゃ)は、東京都大田区羽田五丁目2番7号にある稲荷神社である。祭神は豊受姫命。東京を代表する稲荷神社であるとともに、現在の羽田空港がかつての鎮座地にあたるという歴史と最も空港に近い神社という立地から、航空安全や旅行安全の神社としても知られている。
歴史
由緒[編集] 江戸時代[編集] 穴守稲荷神社の本来の鎮座地は、現海老取川の東側で今の羽田空港一丁目・二丁目付近にあたる鈴木新田である。その地は、元禄・天明の頃には葦が一面に密生した干潟であった[1]。 当時の羽田一帯は、江戸近郊の漁師町として栄えていたが、武蔵国荏原郡羽田猟師町で代々名主をしていた鈴木彌五右衛門という人物がいた。この彌五右衛門は羽田浦の東方にある干潟に目をつけ、その数町歩にわたる干潟を埋め立てて、新しい田畑を開発することにした[2]。 そこで彌五右衛門はこの干潟を羽田村の名主石井四郎右衛門より譲り受けて、この干潟に堤防を作って開墾を始めた。この際、彌五右衛門は猟師町の名...Wikipediaで続きを読む
アクセス
アクセス[編集] 鉄道[編集] 京浜急行電鉄 空港線 KK14穴守稲荷駅より徒歩3分。 KK15天空橋駅より徒歩5分。 東京モノレール 羽田空港線 MO07天空橋駅より徒歩5分。 道路[編集] 首都高速道路1号羽田線・横羽線 羽田出入口 首都高速道路湾岸線 湾岸環八出入口 参拝者用無料駐車場あり 開門・閉門時間[編集] 参拝:24時間(奥之宮のみ、6:00頃〜16:30頃) 祈祷:9:00~16:00 神符守札・御朱印:8:30~17:00 周辺の名所旧跡[編集] 羽田水神社・玉川弁財天下宮 鴎稲荷神社 白魚稲荷神社 白浜稲荷神社 藤崎稲荷神社 弥五エ門稲荷神社 福守稲荷社 龍王院・玉...Wikipediaで続きを読む
引用元情報穴守稲荷神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E7%A9%B4%E5%AE%88%E7%A8%B2%E8%8D%B7%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=91674934

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年10月