御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

ゆしまてんまんぐう

湯島天満宮

公式東京都 湯島駅

参拝可能時間:6:00~20:00
社務所:8:30~17:30

投稿する
03-3836-0753

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

現在の御朱印・御朱印帳

御朱印

500円
直書き・書き置き

真ん中に湯島天満宮と書かれ、湯島天満宮印が押された御朱印です。
11月1日~11月22日は菊まつりの印が押されます。

御朱印帳

御朱印帳-湯島天神限定-

1,500円
18×12cm

表面に御朱印帳と書かれ、ご祭神である藤原道真公ゆかりの梅と霞がデザインされています。
藤原道真公が大宰府に左遷される際、大事にしていた梅の木が藤原道真公を慕い、太宰府まで飛んで追いかけたという逸話があります。

御朱印帳 ハローキティ

2,000円

ハローキティとコラボした御朱印帳です。
地は黄色やピンク色のパステルカラーのお花が入り、表面の左上に御朱印帳の文字、真ん中にキティちゃんのお顔が入り、裏面左下に梅紋と湯島天満宮の文字が入っています。

授与場所・時間

御朱印・御朱印帳ともに、本殿に向かって左側の授与所でお受けできます。

授与時間は、9:00~20:00です。

ただし、直書きでいただけるのは17:30までで、17:30以降は書き置きのみの頒布となっています。

過去の限定御朱印

夏詣御朱印

500円 直書き
頒布期間は2020年7月3日~8月31日

真ん中に湯島天満宮と書かれ、湯島天満宮印、右下に夏詣の印が押されています。
夏詣とは、初詣からちょうど半年経った一年の折返しに、年の前半の穢れを清め、年の後半の無事を祈って参拝することです。

夏越大祓御朱印

500円 直書き
頒布期間は2020年6月中旬~6月30日

真ん中に湯島天満宮と書かれ、湯島天満宮印、右下に夏越し大祓の印が押されています。
夏越し大祓の印にあるのは人形(ひとがた)と茅の輪です。
人形に穢れをうつして神社に納め、茅の輪をくぐることで無病息災を祈ります。

夏越大祓限定御朱印

500円 書置き
頒布期間は2020年6月中旬~6月30日

真ん中に湯島天満宮の文字、湯島天満宮印が入っています。
右真ん中に夏越大祓の文字と、その下に人形と茅の輪のイラスト、そして「水無月の夏越の祓する人は千歳の命延ぶというなり」と夏越を詠った和歌が。
和歌は拾遺和歌集に収められています。
左上にも人形が入っています。

梅まつり御朱印

500円 書置き
頒布期間は2020年2月8日~3月8日

地に白梅が描かれ、真ん中に湯島天満宮、右下に梅まつりの文字、真ん中に湯島天満宮印が入っています。
湯島天満宮は、江戸時代から梅の名所として有名でした。
藤原道真公が大宰府に左遷される際、大事にしていた梅の木が藤原道真公を慕い、太宰府まで飛んで追いかけたという逸話があります。

令和二年正月限定御朱印

500円 書置き
頒布期間は2020年1月1日~1月31日

真ん中に湯島天満宮の文字と湯島天満宮印が入っています。
右下には干支であるネズミの絵馬、左上には梅のイラストが入った縁起の良い御朱印です。

菊まつり御朱印

500円

頒布期間は2019年11月1日~11月22日

真ん中に湯島天満宮の文字と湯島天満宮印、右下に菊まつりの印が入っています。
湯島天神で開催された菊まつりにちなんだ御朱印です。
菊まつりでは菊や菊人形の展示があります。

菊まつり限定御朱印

500円
頒布期間は2019年11月1日~11月22日

真ん中に湯島天満宮の文字と湯島天満宮印、紫と黄色と赤ので描かれた菊のイラストが入っています。
湯島天神で開催された菊まつりにちなんだ御朱印です。
菊まつりでは菊や菊人形の展示があります。

御朱印をもっと見る|
443
御朱印について
御朱印
あり

真ん中に印の入ったシンプルな御朱印です。梅まつりや菊まつり、大祓など、期間限定御朱印もあります。
御祭神の菅原道真公ゆかりの梅をあしらった御朱印帳があります。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

無料駐車場あり/30台

巡礼

ご利益

湯島天満宮について

東京を代表する天神さま


湯島天神社は関東三大天神、江戸三大天神、東都七天神にも数えられ、東京を代表する天神さまです。
天神信仰らしく境内の梅がとても有名で、梅の時期には「梅まつり」が開催されとても賑わいます。

おすすめの投稿

アルネ
2019年07月15日(月)
311投稿

夫と二人で上野御徒町駅から歩いて行って初参拝してきました。今日は夫と一緒の参拝なので、手水舎で手を清めてから、賽銭箱のところに書かれている短い祝詞だけさっとあげてご挨拶しました。苔むした境内のお庭が見事でした。湯島天満宮そのものはいい感じだったのですが、祝日だったため食事処が神社周辺に全然開いてなく、営業しているだけでもありがたい、とすがる思いで入ったところは、個人的にはハズレのお店でした。芸能人御用達のお店なのだそうで、味は確かだったのですがお値段もとてもご立派で、お店の雰囲気や気質が私たち夫婦には合わなかったです。
----
追記
天満宮を出たこの後、桜木神社、白山神社と参拝しましたが、白山神社近辺にたどり着くまでの道中、ことごとくツイてないな〜、と思うことが続き、まだ早い時間でしたが、もう帰ろうかな…と心が折れかけていました。最後にたどり着いた白山神社とその地域にある和菓子屋さんに癒してもらえたのがせめてもの救いでしたが、今思えば…そういえば一緒に行った夫が、あろうことか天満宮の境内で、天満宮に対してやや否定的な感想を、ぼそっと漏らしていたことを思い出しました。それで眷属を怒らせてしまい、ペナルティを与えられたのかもしれません。いずれ改めて礼を失した旨のお詫びにいかなければ、と気づいたので、ここに追記いたします。

もっと読む
惣一郎
2021年02月21日(日)
844投稿

湯島天満宮は、文京区湯島にある神社。旧社格は府社で、現在は神社本庁の別表神社。東京十社の一社。旧称は「湯島神社」で、通称は「湯島天神」。東京の代表的な天満宮で、学問の神・菅原道真を祀っている。また境内の梅が有名。

社伝によると、雄略天皇の458年、天皇の勅命により天之手力雄命(あめのたぢからおのみこと)を祀る神社として創建。南北朝時代の1355年、住民の要請により菅原道真を勧請して合祀。江戸期には徳川家、学者・文人の崇敬を受けた。また、江戸中期には富籤(とみくじ)の興業が盛んに行われ、谷中の感應寺、目黒の瀧泉寺とならび<江戸の三富>の一つと呼ばれた。

当社は、春日通り沿いの<切通坂(きりとおしざか)>の頂上付近にあり、地下鉄・湯島駅か上野広小路駅から徒歩3分ほどの小高い場所にある。境内は広くはないが、大きな社殿に大きめの社務所、多くの摂末社、大量の絵馬掛け、狭い庭には梅の花と石碑が林立といった感じで、さらに週末には参道に屋台委が立つ。良い意味で、すごく集約感、ぎっしり感があり、じっくり見ると時間がかかる。

参拝時は週末の夕方、ちょうど<梅まつり>の開催中で、まだコロナ禍の意識が浸透していない時期だったこともあり、大勢の参拝者が来ていた。

湯島天満宮の鳥居

鳥居と社号標。主要道路の裏側にあるので、場所がちょっと分かりにくい。

湯島天満宮の狛犬

鳥居をくぐって参道を進むと左側に現れる、天満宮の必須アイテム<撫で牛>。

湯島天満宮の手水

進むと参道の左手に<手水舎>。

湯島天満宮の本殿

撫で牛、手水舎の対面にある<宝物殿>。

湯島天満宮の本殿

手水舎近くから、社殿に向くとこんな感じ。人が多い。

湯島天満宮のお祭り

手水舎近くから、振り向くとこんな感じ。人が多い。

湯島天満宮の狛犬

時代を感じる<狛犬(左)>。いかにも江戸期っぽい。

湯島天満宮の狛犬

<狛犬(右)>。年季もすごいし、デザイン・様式がいい感じに古い。

湯島天満宮の本殿

賑わう<拝殿>。

湯島天満宮の建物その他

参道から提案に入ってすぐの場所にある<奇縁氷人石>。簡単に言うと江戸時代の「迷子お知らせ石標」。それだけ人がたくさんいて、賑わっていたということらしい。

湯島天満宮の庭園

庭園全景。梅は5分咲きぐらいかな。<梅園>を中心に境内には300本ほどの梅の木があり、その80%が白梅なんだとか。

湯島天満宮の庭園

最も咲いていた梅の木。

湯島天満宮の建物その他

庭園の脇にある社務所・授与所。御朱印はこちら。

湯島天満宮の山門

社務所の左手にある出入口<唐門>。

湯島天満宮の鳥居

地下鉄・本郷三丁目駅から春日通を歩いてくると、<切通坂>の上の交差点に大きな鳥居がある。ここから最寄りの入口は、上の<唐門>。

湯島天満宮の絵馬

さすが<東京No.1の学問の神様>。絵馬の数が半端なく、まるで<龍>のよう。社殿の周りには、写真のような<龍>が4、5列ほどある

湯島天満宮の自然

社殿裏の<枝垂れ梅>。ほのかな桃色がきれい。

湯島天満宮の末社

拝殿裏の端にある末社<笹塚稲荷神社>。

湯島天満宮の末社

拝殿裏の端にある摂社<戸隠神社>。笹塚稲荷神社の右側にある。

湯島天満宮の山門

摂末社の脇にある門。この階段を<夫婦坂>という。上野駅や御徒町駅から春日通りを歩いてくるとこちらに着く。

もっと読む
投稿をもっと見る(418件)

歴史

湯島天満宮(湯島天神)は、雄略天皇二年(458)一月勅命により創建と伝えられ、天之手力雄命を奉斎したのが始まりである。降って正平十年(1355)二月郷民が菅公の御遺徳を慕い、文道の大祖と崇め本社に勧請しあわせて奉斎した。文明十年(1478)十月太田道灌これを再建し、天正十八年(1590)徳川家康公が江戸城に入るにおよび、特に当社を崇敬するに篤く、翌十九年十一月豊島郡湯島郷の内五石の朱印地を寄進し、もって祭祀の料にあて、泰平永き世が続き、文教大いに賑わうようにと菅公の遺風を仰ぎ奉ったのである。
 その後、学者・文人の参拝も絶えることなく続き、林道春・松永尺五・堀杏庵・僧堯恵・新井白石などの名がみえる。将軍徳川綱吉公が湯島聖堂を昌平坂に移すにおよび、この地を久しく文京の中心としていよいよ湯島天満宮を崇敬したのである。
 明治五年(1872)十月には郷社に列し、次いで同十八年(1885)八月府社に昇格した。明治維新以前は、上野東叡山寛永寺が別当を兼ね、喜見院がその職にあった時期があった。元禄十六年(1703)の火災で全焼した際、宝永元年(1704)将軍綱吉公は、金五百両を寄進している。
 明治十八年に改築された社殿も老朽化が進み平成七年十二月、後世に残る平成の文化財として、総檜造りで造営された。

歴史をもっと見る|
11

湯島天満宮の基本情報

住所東京都文京区湯島3丁目30番1号
行き方

東京メトロ湯島駅より徒歩約2分

アクセスを詳しく見る
名称湯島天満宮
読み方ゆしまてんまんぐう
通称湯島天神
参拝時間

参拝可能時間:6:00~20:00
社務所:8:30~17:30

御朱印あり

真ん中に印の入ったシンプルな御朱印です。梅まつりや菊まつり、大祓など、期間限定御朱印もあります。
御祭神の菅原道真公ゆかりの梅をあしらった御朱印帳があります。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号03-3836-0753
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.yushimatenjin.or.jp
おみくじあり
お守りあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神天之手力雄命,菅原道真
創建時代雄略天皇2年(458年)
ご由緒

湯島天満宮(湯島天神)は、雄略天皇二年(458)一月勅命により創建と伝えられ、天之手力雄命を奉斎したのが始まりである。降って正平十年(1355)二月郷民が菅公の御遺徳を慕い、文道の大祖と崇め本社に勧請しあわせて奉斎した。文明十年(1478)十月太田道灌これを再建し、天正十八年(1590)徳川家康公が江戸城に入るにおよび、特に当社を崇敬するに篤く、翌十九年十一月豊島郡湯島郷の内五石の朱印地を寄進し、もって祭祀の料にあて、泰平永き世が続き、文教大いに賑わうようにと菅公の遺風を仰ぎ奉ったのである。
 その後、学者・文人の参拝も絶えることなく続き、林道春・松永尺五・堀杏庵・僧堯恵・新井白石などの名がみえる。将軍徳川綱吉公が湯島聖堂を昌平坂に移すにおよび、この地を久しく文京の中心としていよいよ湯島天満宮を崇敬したのである。
 明治五年(1872)十月には郷社に列し、次いで同十八年(1885)八月府社に昇格した。明治維新以前は、上野東叡山寛永寺が別当を兼ね、喜見院がその職にあった時期があった。元禄十六年(1703)の火災で全焼した際、宝永元年(1704)将軍綱吉公は、金五百両を寄進している。
 明治十八年に改築された社殿も老朽化が進み平成七年十二月、後世に残る平成の文化財として、総檜造りで造営された。

体験夏詣

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中