御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年8月※小國神社ではいただけません

おくにじんじゃ

小國神社

静岡県 遠州森駅

投稿する
0538-89-7302

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印・御朱印帳

御朱印 (1種類)

小國神社でいただける御朱印は1種類です。

小國神社の御朱印

300円

右から「奉拝」、真ん中に「小國神社」、左側に年号日付が墨書きされています。
「奉拝」の左側に「遠江國一宮」印、「小國神社」の墨書きの下に神社印が押されています。

小國神社の御朱印帳

小國神社でいただける御朱印帳は1種類です。

小國神社の御朱印帳

1500円
御朱印含む

紺色の地に、下部に金色の小槌が文様に使われています。
表面に御神紋の三つ巴、裏面に「小國神社」と金色で刺繍されています。
濃紺の空間に浮かぶ三つ巴が月を思わせます。

授与場所・時間

御朱印、御朱印帳はともに拝殿左側の社務所ご朱印受付でいただけます。
受付時間は9時~16時半
詳しくは公式サイトをご確認ください。

御朱印をもっと見る|
115
御朱印について
御朱印
あり

真ん中に小國神社の文字が書かれ、右上に遠江國一之宮、真ん中に小國神社の印が入っています。
御朱印帳には御祭神である大黒様ゆかりの小槌がモチーフに。

限定
あり
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり

おすすめの投稿

惣一郎
2022年03月05日(土)
913投稿

【遠江國 式内社巡り】

小國神社(おくに/おぐに~)は、静岡県周智郡森町一宮にある神社。式内社で、遠江國一之宮。旧社格は国幣小社で、現在は神社本庁の別表神社。祭神は大己貴命。小國神社の十二段舞楽は「遠江森町の舞楽」として国指定の重要無形民俗文化財。

創建は不詳。社伝によると、欽明天皇16年(555年)某日、近隣の本宮山に神霊が示現し、勅命による社殿を造営したことに始まる。国史の初見は『続日本後紀』840年条に神階奉授の記載がある。927年に編纂された『延喜式神名帳』に記載のある「遠江國 周智郡 小國神社 小」に比定されている。皇族、武将の信仰が篤く、遠江國一之宮として崇敬を受けた。戦国時代の1572年に甲斐の武田信玄が遠江に侵攻した際に、当社は徳川家康側につき、1575年に徳川家康が社殿を再建、江戸時代に入ってからも歴代将軍が社殿の造営、営繕、社領の寄進を行い、朱印地は590石に及んだ。明治時代に入り、近代社格制度のもと県社に列格し、その後国幣小社に昇格した。

当社は、天竜浜名湖鉄道・円田駅の北方4kmほどの丘陵地帯の平らな場所にある。境内は広大で、駐車場のある境内入口から太く長いまっすぐの参道を歩くと、神聖な空気が漂う社殿周りに辿り着き、大きな鳥居をくぐった突き当りには、横に長い翼殿を備えた大きな拝殿が構えている。瑞垣で囲われた神域は広く、最奥の本殿はどの角度からでもはっきりとは見えないほど。さすが一之宮と思わせるに十分な風格。

今回は、遠江國の式内社、一之宮、旧国幣小社、別表神社であることから参拝することに。参拝時は平日の昼ごろで、平日にもかかわらず駐車場に常時数十台のクルマが停まっており、家族連れを中心に多くの参拝者が訪れていた。

小國神社の鳥居

境内南端入口の<一の鳥居>と<社号標>。左側は「小國ことまち横丁」という茶店街、右側は駐車場。

小國神社の末社

鳥居をくぐって進み、左側の茶店街脇にある<飯王子社>。

小國神社の建物その他

神橋手前から境内全景。いよいよ鎮守の森に入って行く。この参道は「勅使参道」と呼ばれ、飛鳥時代の大宝元年(701年)以降、毎年勅使奉幣と舞楽奉奏が行われた参道とのこと。

小國神社の像

神橋の右脇に立つ<二宮尊徳像>。

小國神社の手水

参道の左手にある立派な<手水舎>。

小國神社の建物その他

幅の広い参道は社殿までまっすぐに伸び、両側には巨木が林立している。厳かな空気の中を歩いていると気持ちが良い。(o^―^o)

小國神社(静岡県)

参道左側の<鉾執社>。

小國神社の建物その他

参道左手に現れる<事待池>。朱色の橋と社殿の映り込みが美しい。

小國神社の建物その他

浮島上に境内社があるので渡ってみる。

小國神社の建物その他

浮島に繋がるカラフルな橋。地元森町の銘陶・森山焼の四家陶房が陶器辺を持ち寄って作成されたとのこと。とってもきれい。

小國神社(静岡県)

浮島上に建つ<宗像社>。

小國神社(静岡県)

浮島から朱色の橋を渡ると<八王子社>。

小國神社の建物その他

もう一度参道に戻る。参道の先に鳥居と社殿が見えてくる。

小國神社(静岡県)

参道左側の<神幸所>。4月の例祭時に年に一度だけ御祭神が神輿に乗りやってくる場所。これは珍しい。

小國神社の建物その他

参道進んで、参道左側にある<全国一宮等合殿社>。

小國神社(静岡県)

<全国一宮等合殿社>の社殿。境内各所に祀られていた全国一宮等御祭神73柱を明治期に合祀し、平成期に社殿を建立した。

小國神社の自然

参道進んで、参道左側にある<御神木「大杉」の根株>。樹齢千余年と伝えられてきたが1972年の台風で倒れたとのこと。重量は11.6tで、根周りは9m。

小國神社(静岡県)

参道右手の<斎館・研修室・参拝者休憩所>。

小國神社(静岡県)

斎館の右手にある<駒止めの杉>。かつて勅使がここで下馬し、駒を止めたとされる。

小國神社(静岡県)

参道前方を望むと<二の鳥居>が見える。

小國神社(静岡県)

二の鳥居の左手にある<家康公立あがり石>。天下を統一した徳川家康も、浜松城主であった15年間は辛酸をなめたが、当時2度当社を参拝している。1572年に太刀を納めて開運祈願に参拝、1574年に犬山城攻略の道すがらに参拝したが、その際に腰掛けた石とされている。

小國神社(静岡県)

二の鳥居をくぐり、社殿を望む。左手には<社務所>、右手には<舞楽舎・舞殿>がある。

小國神社(静岡県)

<拝殿>全景。威風堂々たる風貌。

小國神社の本殿

<拝殿向拝>全景。躯体には、派手ではないが彫刻が随所に施され、金色の金具がアクセントになっている。

小國神社(静岡県)

<拝殿>正面。内側上部に「小國神社」の扁額が見える。ちなみに社名の「小國」は、出雲の「大國」に対する遠江の美称とされる。

小國神社(静岡県)

参道左手の<社務所>。御朱印はこちら。

小國神社のおみくじ

社務所前の<御御籤箱>。あまり見かけない形式なので、つい引いてしまった...(^_^;)

小國神社(静岡県)

社務所前の松の木のふもとにある<金銀石>。祭神である大己貴命が遠江國の国造りの際に当地諸民に授けたとされる。

小國神社(静岡県)

拝殿から振り返って<舞殿>。その後ろが<舞楽舎>。

小國神社(静岡県)

拝殿の右側にある<神徳殿>。拝殿とは回廊で繋がっている。

小國神社の本殿

<神徳殿>内部。

小國神社(静岡県)

神徳殿の右側面から奥を望む。透塀の内側の手前は<神饌殿>、奥の工事中なのはおそらく<並宮>。

小國神社(静岡県)

神徳殿の前から<拝殿>を望む。

小國神社(静岡県)

拝殿の後ろに見えるのが<本殿>。

小國神社(静岡県)

社殿の東側には一宮川が流れている。川と社殿との間にある、現在の<御神木>(写真中央右手の、根本に立て看板(静岡県神社庁の御神木認定証)が立っている木)。

小國神社の建物その他

一宮川とそこに架かる朱色の橋。

小國神社(静岡県)

一宮川の東側(社殿と反対側)にある<瀧宮社>の看板。社殿は見当たらなかった。

小國神社(静岡県)

境内の西側、社務所の裏手にある<ひょうの木>。風が吹くと幹に開いた穴から「ひょう」という音がすることから名付けられたとのこと。

小國神社の建物その他

最後に、勅使参道の景色。森に包まれた古社の雰囲気が抜群に良い!(^▽^)/

もっと読む
ちゅりぶり
2020年10月14日(水)
184投稿

信州に水を汲みに行った帰りに、普通は中央道を使って帰宅するのですが、なんとなく御朱印集めも始めたので気まぐれで東名高速を使うことにしました。
これが間違い。信州の山奥から県境の峠を超えて、さらに小国神社まで行くには思ったよりも距離があり、ガソリンの燃料ランプにエンプティランプが点灯。
やべーぞ、ガス欠寸前だ。
しかも土曜日、どこに行ってもGSお休みじゃないか…どうなってるんだ遠州は‼
と心配しながら小国神社へ向かう。時刻は4時半過ぎ。御朱印を頂ける時間のリミットも迫る。
大ピンチ‼ 十何件目の神社手前でやっと開いているGS発見。御朱印タイムリミットまであとわずか.
またそこのスタンドが田舎の農協経営で、まぁのんびりしたこと。
急いで給油して、神社にまっしぐら。
ギリギリセーフでした。

で、小国神社ですが、思ったよりも全然立派でした。常夜燈が灯る参道を抜けると立派な拝殿が眼前に。左手の社務所にダッシュ!カーテンがかかって万事休すかと思ったら、ガラス戸を開けてくれて無事御朱印ゲット。

境内全体はとても落ち着いた雰囲気で夕暮れのせいか荘厳な感じすら覚えました。出身校では毎年小国神社から伊良湖岬までの夜間歩行訓練という行事がありました。(自分は不参加の怠慢学生でしたが)

交通安全のステッカーを張っている車も多く、地元に根付いているんだなぁと実感させられる神社です。

小國神社の建物その他

常夜燈の灯る参道

小國神社の自然

石楠花の花が満開

小國神社の本殿

参道左手に池発見。
龍神を祀っているか?

小國神社の鳥居

鳥居越しに本殿を臨む

小國神社の本殿

拝殿でーす

小國神社の建物その他
もっと読む
のぶさん
2021年08月14日(土)
1169投稿

創祀年代は不詳。社伝によると、欽明天皇16年乙亥(555)2月18日、本社南東6Kmにある、本宮山(480m)に創祀され、のちに現在地に移され、大宝元年(701)、十二段の舞楽が授けられたという。いくつかの資料には欽明天皇18年乙亥とあるが、『式内社調査報告』によると、乙亥は16年になる。

以来、2月18日を例祭日としてきたが、明治8年になって4月18日に変更された。

本宮山山頂には、現在、境外摂社・奥磐戸神社(奥宮)があり、大己貴命荒魂を祀っている、神仏習合の影響が強く、本宮山の祭祀は、神宮寺社僧によって執り行われており、もともと神奈備山として信仰されていたものではなく、神宮寺による密教的付会ではないかという説もある。

が、本宮山は、海から目印の山として漁師からの信仰も篤い。さらに、小國神社から、本宮山を経由して、秋葉山、竜頭山、井戸口山、山住山と続く道は、遠州と信州を結ぶ塩の道でもあった。

「小国」の社名は、出雲の大本宮(出雲大社)に対する美称であるという。

「許当麻知(コトマチ)神社」「事任(コトノママ)神社」とも呼ばれていたようで、これは、境内の事待池に由来する。願掛けをして、願いがかなうと、この池に鯉を放つという。

小國神社の鳥居小國神社の建物その他小國神社の建物その他小國神社(静岡県)小國神社の鳥居小國神社の自然小國神社の鳥居小國神社の建物その他小國神社の本殿小國神社(静岡県)小國神社(静岡県)小國神社(静岡県)小國神社の建物その他小國神社(静岡県)小國神社の建物その他小國神社の建物その他小國神社の本殿小國神社(静岡県)小國神社の本殿小國神社(静岡県)小國神社の建物その他小國神社の建物その他小國神社の建物その他小國神社(静岡県)小國神社の建物その他小國神社の歴史小國神社の建物その他小國神社の建物その他小國神社(静岡県)小國神社の建物その他小國神社の手水小國神社の建物その他小國神社の建物その他小國神社(静岡県)小國神社の建物その他小國神社の像小國神社の建物その他小國神社の建物その他小國神社の建物その他小國神社(静岡県)
もっと読む
投稿をもっと見る(96件)

歴史

創祀は神代と伝えられ上代の事で詳らかではありませんが、延宝8年(1680)の社記によると、人皇第29代欽明天皇の御代16年(555)2月18日に本宮峯(本宮山)に御神霊が鎮斎せられました。後に、都より勅使が差遺せられ、山麓約6kmの現在地に社殿を造営し、正一位の神階を授けられました。

それ以来、年々奉幣に預り勅使が下向され、文武天皇大宝元年(701)春18日に勅使奉幣の際、特に十二段の舞楽を奉奏されました。 延喜7年(907)の延喜式では式内社に列せられ、中世には武将をはじめ朝野の崇敬が極めて篤く近世に至りました。

元亀3年(1572)の戦では、徳川家は御神霊を別所に遷し、願文と三条小鍛治宗近作の太刀を奉り戦勝を祈願した後、社殿を全て焼失しました。天平3年(1575)に勝利を得た徳川公は、御本殿の造営、拝殿・楼門を再建され、更に社領五百九十石の朱印を奉り、以降代々の徳川将軍家より、社殿の改造・修復料を寄進されました。

明治6年6月13日に国幣小社に列せられ、明治15年3月に再度の火災により御本殿以下建造物などことごとく失いましたが、明治19年に復興され現在に至っております。

平成17年には御鎮座一四五〇年祭が斎行され、「遠江國一宮さま」として崇敬され親しまれております。

歴史をもっと見る|
13

小國神社の基本情報

住所静岡県周智郡森町一宮3956番地の1
行き方

JR「掛川駅」にて「天竜浜名湖鉄道」へお乗換え。 → 「遠江一宮駅」下車。(約30分)

天竜浜名湖鉄道「遠江一宮駅」より送迎マイクロバス(日曜日及び指定日運行)にて約10分

アクセスを詳しく見る
名称小國神社
読み方おくにじんじゃ
通称一宮様
参拝時間

社務所:09:00〜16:30

参拝にかかる時間

約20分

参拝料

なし

トイレあり
御朱印あり

真ん中に小國神社の文字が書かれ、右上に遠江國一之宮、真ん中に小國神社の印が入っています。
御朱印帳には御祭神である大黒様ゆかりの小槌がモチーフに。

限定御朱印あり
御朱印帳あり
電話番号0538-89-7302
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.okunijinja.or.jp
おみくじあり
絵馬あり

詳細情報

ご祭神大己貴命
ご神体本宮山
創建時代神代
創始者不詳
本殿大社造
ご由緒

創祀は神代と伝えられ上代の事で詳らかではありませんが、延宝8年(1680)の社記によると、人皇第29代欽明天皇の御代16年(555)2月18日に本宮峯(本宮山)に御神霊が鎮斎せられました。後に、都より勅使が差遺せられ、山麓約6kmの現在地に社殿を造営し、正一位の神階を授けられました。

それ以来、年々奉幣に預り勅使が下向され、文武天皇大宝元年(701)春18日に勅使奉幣の際、特に十二段の舞楽を奉奏されました。 延喜7年(907)の延喜式では式内社に列せられ、中世には武将をはじめ朝野の崇敬が極めて篤く近世に至りました。

元亀3年(1572)の戦では、徳川家は御神霊を別所に遷し、願文と三条小鍛治宗近作の太刀を奉り戦勝を祈願した後、社殿を全て焼失しました。天平3年(1575)に勝利を得た徳川公は、御本殿の造営、拝殿・楼門を再建され、更に社領五百九十石の朱印を奉り、以降代々の徳川将軍家より、社殿の改造・修復料を寄進されました。

明治6年6月13日に国幣小社に列せられ、明治15年3月に再度の火災により御本殿以下建造物などことごとく失いましたが、明治19年に復興され現在に至っております。

平成17年には御鎮座一四五〇年祭が斎行され、「遠江國一宮さま」として崇敬され親しまれております。

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬結婚式七五三御朱印お守り重要文化財祭り人形供養武将・サムライ一の宮伝説

Wikipediaからの引用

概要
小國神社(おくにじんじゃ/おぐにじんじゃ、小国神社)は、静岡県周智郡森町一宮にある神社。式内社、遠江国一宮。旧社格は国幣小社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「右三つ巴」。 本宮山の南側の山麓に鎮座する。社名の「小国」は、出雲の「大国」に対する遠江の美称とする。境内は秋には紅葉の名所として有名である。
歴史
歴史[編集] 創建時期は不明だが、社伝によれば、欽明天皇16年(555年?)2月18日、現在地より6kmほど離れた本宮山に神霊が示現したので、勅命によりそこに社殿が造営されたのに始まる。なお、このときに正一位の神階が授けられたと社伝にはあるが、国史での当社の初見である『続日本後紀』承和7年(840年)6月14日条では「遠江国周智郡の無位の小国天神(中略)に従五位下を授け奉る」と記されている。六国史終了時の神階は従四位上である。 『延喜式神名帳』では小社に列している。皇族や武将の信仰が篤く、遠江国一宮として崇敬を受けた。当社を一宮として記載する史料の最初は、1235年の「当国鎮守小国一宮」...Wikipediaで続きを読む
引用元情報小国神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%B0%8F%E5%9B%BD%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=89847421

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
慈眼寺リリー小バナー2