御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※道明寺ではいただけません

どうみょうじ|真言宗御室派

道明寺

大阪府 土師ノ里駅

投稿する
072-955-0133

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

巡礼

尼寺霊場第23番
聖徳太子霊跡第3番
河内飛鳥古寺霊場第5番
古市古墳群と六社寺巡り

道明寺について

菅原道真の伯母の覚寿尼がいた尼寺


おすすめの投稿

nomuten
2022年08月22日(月)
451投稿

2寺目は、葛井寺と同じ藤井寺市に在る蓮土山 道明寺です。葛井寺から東へ約3km弱と近いです。
真言宗御室派で、本尊は十一面観音。
この十一面観音立像は国宝で、1月1日~3日と4月17日と毎月18日、25日に開帳されます。もう1躯の十一面観音立像(非公開)と聖徳太子立像は重文です。
私は約2年前に参拝していますので今回で2回目。因みに、大阪府内には国宝仏が5寺にあり、その内の2寺を本日拝観する事になります。残りの3寺は、河内長野市の観心寺、金剛寺と交野市の獅子窟寺です。

伝えによれば、聖徳太子の尼寺建立にあたり、土師氏が邸宅を寄進して、土師神社の南側に土師氏の氏寺・土師寺を建立した。当時は五重塔がそびえ立つ七堂伽藍であった。大宰府に左遷される菅原道真(祖先は土師氏)がこの寺の叔母の覚寿尼を訪ね、別れを惜しんだと伝わる。菅原道真が自ら刻ったとされる十一面観音像を祀って土師寺を道明寺と改めた。(「道明」は菅原道真の号)1575年の兵火により殆どが焼失するも再興。明治の神仏分離により道明寺は道明寺天満宮と分離し、現在地に移転し現在に至ります。

山門(楼門)の南側に無料駐車場があります。山門をくぐると右側に護摩堂、左側に鐘楼、正面に大師堂。太子堂の手前左側に本堂があります。本堂右側の納経所にて拝観料(500円)を納めて、併せて御朱印をお願いしました。前回は御朱印帳に直書き頂きましたが、今回はコロナ禍のため書置きのみでした。それでは本堂に入ります。壇上正面の厨子の中に国宝本尊・十一面観音が安置されています。アクリル板越しとなりますが、近くから拝観できます。高さ約98cm、榧(カヤ)と思われる材の一木造。素地仕上げの檀像様。製作は平安時代前期の9世紀頃と考えられており、目は刻眼ではなく石(宝石?)が嵌められています。細かな装飾、衣の襞は複雑でとても丁寧。流石、国宝です。
左奥には重文の聖徳太子立像。高さ約120cm、寄木造、玉眼、像内納入品から1286年の作。また、「試みの十一面観音像」と呼ばれる重文の十一面観音を所蔵されていますが非公開となっています。一度拝観したいですね。

道明寺(大阪府)

御朱印

道明寺(大阪府)道明寺(大阪府)

山門(楼門)

道明寺(大阪府)

護摩堂

道明寺(大阪府)

手水

道明寺(大阪府)

本堂

道明寺の仏像

本尊・十一面観音立像(国宝)
(ネットから転載)

道明寺(大阪府)

大師堂

もっと読む
投稿をもっと見る(28件)

歴史

道明寺は7世紀中葉に土師氏の氏寺として建立された土師寺を起源とした尼寺です。土師氏の後裔である菅原道真公が、太宰府下向に際して伯母の覚寿尼を訪れたゆかりの地です。 建立当初は現在の道明寺天満宮の南側参道付近に位置し、現在も塔心礎が残っています。 その後、戦国時代の戦火や江戸時代の石川の洪水による荒廃が原因で道明寺天満宮の境内地に移り、さらに明治時代の神仏分離令に よって現在地に移されました。 国宝である本尊の十一面観音立像は毎月18日と25日に拝観することができます。関西風桜餅(道明寺餅)など和菓子の材料として知られる「道明寺糒」「道明寺粉」発祥の寺としても有名です。(藤井寺市観光協会HPより)

歴史をもっと見る|
15

道明寺の基本情報

住所大阪府藤井寺市道明寺1-14-31
行き方

近鉄南大阪線「道明寺」及び「土師ノ里」より徒歩7分

アクセスを詳しく見る
名称道明寺
読み方どうみょうじ
参拝時間

6:00~17:00

御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号072-955-0133
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.domyoji.jp/index.html

詳細情報

ご本尊十一面観世音菩薩
宗旨・宗派真言宗御室派
札所など

尼寺霊場第23番
聖徳太子霊跡第3番
河内飛鳥古寺霊場第5番
古市古墳群と六社寺巡り

文化財

木造十一面観音菩薩立像(国宝)

ご由緒

道明寺は7世紀中葉に土師氏の氏寺として建立された土師寺を起源とした尼寺です。土師氏の後裔である菅原道真公が、太宰府下向に際して伯母の覚寿尼を訪れたゆかりの地です。 建立当初は現在の道明寺天満宮の南側参道付近に位置し、現在も塔心礎が残っています。 その後、戦国時代の戦火や江戸時代の石川の洪水による荒廃が原因で道明寺天満宮の境内地に移り、さらに明治時代の神仏分離令に よって現在地に移されました。 国宝である本尊の十一面観音立像は毎月18日と25日に拝観することができます。関西風桜餅(道明寺餅)など和菓子の材料として知られる「道明寺糒」「道明寺粉」発祥の寺としても有名です。(藤井寺市観光協会HPより)

体験御朱印国宝重要文化財札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー