御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年8月※佐瑠女神社(猿田彦神社境内社)ではいただけません

さるめじんじゃ

佐瑠女神社(猿田彦神社境内社)

三重県 五十鈴川駅

投稿する
0596-22-2554

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

惣一郎
2021年10月08日(金)
915投稿

佐瑠女神社(さるめ~)は、三重県伊勢市宇治浦田にある猿田彦神社の境内社。祭神は天宇受売命。俳優(わざおぎ)、神楽、技芸、鎮魂の祖神とされる。

記紀によると、天照大御神が天岩窟に籠った際、天宇受売命が雅楽をし、集まった八百万の神々が喜び笑ったことで、天照大御神が再び現れたとされる。また天孫降臨に際し、天八衢(あめのやちまた)にて猿田彦大神と対面し、高千穂簿嶺に至る道を啓いて、その後大神とともに五十鈴川の川上に赴き、大神から「猨女君(さるめのきみ)」という称号を受けたとされる。

当社は、近鉄鳥羽線・五十鈴川駅の南西1.5km、伊勢神宮内宮の宇治橋鳥居(外側)の北方1kmの平らな場所にある猿田彦神社の拝殿前にある。上述の通り、当社は芸能・スポーツ関係をはじめ、技芸の上達を祈る者が多く参拝するほか、天津神と国津神の仲を取り持った神であることから、良縁の神様として、特に女性に人気があるとのこと。

今回は、伊勢神宮内宮から月讀宮に向かって歩いている途中で猿田彦神社を発見したことから、境内社である当社にも参拝してみることに。参拝時は台風上陸の週末の午後、雨が徐々に小やみになってきたからか、自分たち以外にも、女性を中心に参拝客が大勢いた。

佐瑠女神社(猿田彦神社境内社)の建物その他

伊勢神宮内宮と月讀宮をつなぐ国道23号線沿いの境内入口から入ると、鳥居をくぐって参拝順路の看板に従って進むと、はじめに当社が見える。

佐瑠女神社(猿田彦神社境内社)(三重県)

<社殿>遠景。こぢんまりとした、可愛らしい社。

佐瑠女神社(猿田彦神社境内社)の本殿

<社殿>全景。鳥居は木製でなかなか立派。ひっきりなしに人が出入りしている。

佐瑠女神社(猿田彦神社境内社)(三重県)

社殿は覆屋のようで、ちゃんと社名の扁額が掛かっている。

佐瑠女神社(猿田彦神社境内社)の手水

参拝前に、本社である猿田彦神社の<手水舎>に寄る。

佐瑠女神社(猿田彦神社境内社)の建物その他

覆屋の中には、小さな八角形の檜皮葺?(柿葺?)の立派な社殿がある。

佐瑠女神社(猿田彦神社境内社)(三重県)

こちらは、本社である<猿田彦神社>の拝殿。それにしても、女性を中心に若い人が多い。

もっと読む
投稿をもっと見る(59件)

佐瑠女神社(猿田彦神社境内社)の基本情報

住所三重県伊勢市宇治浦田2-1-10
行き方
アクセスを詳しく見る
名称佐瑠女神社(猿田彦神社境内社)
読み方さるめじんじゃ
通称さるめさん
参拝にかかる時間

5分

御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号0596-22-2554
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスinfo@sarutahikojinjya.or.jp
ホームページhttps://www.sarutahikojinjya.or.jp/
お守りあり

詳細情報

ご祭神天宇受売女(あめのうずめのみこと)
体験御朱印お守り

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中