御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※倭姫宮(皇大神宮別宮)ではいただけません

やまとひめのみや

倭姫宮(皇大神宮別宮)

三重県 宇治山田駅

5:00~19:00
宿衛屋:6:00~19:00
※季節により異なります。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

徴古館前入口の横に5台ほどあります。

おすすめの投稿

せつな
2020年01月28日(火)
473投稿

伊勢神宮(ほぼ)無計画一人旅 その伍

次は倭姫宮へお参りに。
こちらには神宮美術館や隣に神宮文庫という図書館、神宮徴古館などがあります。(いいなぁ…)

美術館の庭園は軽い散歩にピッタリでしょうね✨
神聖な空気を吸いながら、庭園の草木を楽しみながら…
いいなぁ~…

閑話休題。

第十代 崇神天皇の御代に、皇居の外にお祀りすることになった天照様を永遠に安定した神事を行うことに適した場所、書に曰く「大神を鎮め坐させむ処を求め」、第十一代 垂仁天皇の皇女である倭姫命様が御杖代として命ぜられました。
倭姫命様は五太夫と共に各地を行脚しました。
伊勢の国に入ると、天照様より「是の神風の伊勢の国は、常世之浪重浪帰する国なり。傍国可怜国なり。是の国に居らむと欲ふ」とご神託を得ます。
ここに伊勢の皇大神宮がご鎮座することになり、倭姫命は神嘗祭をはじめとする年中のお祭りや斎戒、祓の法をお示しになりました。

この後、代々の天皇は未婚の皇女を皇大神宮に奉仕させられました。このお方を斎宮と申します。

倭姫命はご鎮座の後も伊勢の地に住み、その後第十二代 景行天皇の御代に日本武尊は、天皇家にまつろわぬ者たちの平定を命ぜられます。
日本武尊は叔母の倭姫命に力を借り(短剣と衣装を与えたとのことです)、熊曽平定に大きな功績を残します。

倭姫宮(皇大神宮別宮)の鳥居

入口

倭姫宮(皇大神宮別宮)の手水

手水舎

倭姫宮(皇大神宮別宮)の建物その他

別宮 倭姫宮

倭姫宮(皇大神宮別宮)の本殿

こちらには倭姫命(やまとひめのみこと)様が祀られています🙏

倭姫宮(皇大神宮別宮)の御朱印

倭姫命の御朱印です!

もっと読む
惣一郎
2021年10月12日(火)
956投稿

倭姫宮(やまとひめのみや)は、三重県伊勢市楠部町にある神社。内宮(皇大神宮)の別宮。祭神は倭姫命。

倭姫命は第11代垂仁天皇の皇女で、「御杖代(みつえしろ)」として天照大御神に奉仕し、現在地に皇大神宮を創建、神宮の祭祀と経営の基礎を確立した。倭姫命ののち、代々天皇の未婚の皇女は「斎王」として天照大御神に奉仕することとなった。当社は、この倭姫命の御徳を慕い、大正時代の1923年に、最も新しい内宮の別宮として創建された。

当社は、近鉄鳥羽線・宇治山田駅の東方1kmの小山(倉田山)の中にある。周囲には神宮美術館、神宮農業館、皇学館大学など、伊勢神宮関連の諸施設が集まった森の中にある。入口の鳥居をくぐると、高い木々に覆われ、きれいな砂利が敷き詰められた、内宮と同じクオリティの空間が広がる。鳥居から一度坂を下って参道を進み、社殿前で階段を上る空間の造りになっている。

今回は神宮の別宮であることから参拝することに。参拝時は台風上陸の週末の夕方、雨が結構降っているにもかかわらず、自分たち以外にも、参拝客が数人来ていた。

倭姫宮(皇大神宮別宮)(三重県)

内宮と外宮を結び、倉田山を貫く御幸道路(県道37号線)の最も高い場所近くに立つ<御幸道路大鳥居>。この大鳥居は、ちょうど内宮と外宮の中間に位置している。

倭姫宮(皇大神宮別宮)の鳥居

御幸道路上の<倭姫前>交差点から少し入ったところにある、倭姫宮の境内入口にある<鳥居>と<社号標>。

倭姫宮(皇大神宮別宮)の建物その他

鳥居をくぐると、参道は緩やかに下がって行き、緩やかに右に曲がって行く。

倭姫宮(皇大神宮別宮)の建物その他

下り坂を下がり切ると、右側に池が現れる。

倭姫宮(皇大神宮別宮)(三重県)

最後に社殿周りへの階段を登る。

倭姫宮(皇大神宮別宮)の建物その他

階段を登って左手にある建物。

倭姫宮(皇大神宮別宮)の手水

つづいて左手にある<手水舎>。

倭姫宮(皇大神宮別宮)の建物その他

つづいて左手にある<祓所>。

倭姫宮(皇大神宮別宮)の建物その他

参道突き当りの景色。右側が社殿で、左側が古殿地。

倭姫宮(皇大神宮別宮)(三重県)

<社殿>全景。神宮の別宮共通のテイスト。

倭姫宮(皇大神宮別宮)の鳥居

正面鳥居。シンプルな鳥居。

倭姫宮(皇大神宮別宮)(三重県)

拝殿正面。こちらも神宮の別宮で共通の造り。

倭姫宮(皇大神宮別宮)の建物その他

参道の右側にある<宿衛屋>。御朱印はこちら。この前を通って、写真左側から外に出ることができる。

倭姫宮(皇大神宮別宮)(三重県)

宿衛屋の前を通る出入口の<鳥居>と<社号標>。

倭姫宮(皇大神宮別宮)の周辺

上の出入り口から<倭宮前>交差点に向かうと、左側に<神宮徴古館>がある。明治時代末期の1909年竣工。

もっと読む
投稿をもっと見る(76件)

倭姫宮(皇大神宮別宮)の基本情報

住所三重県伊勢市楠部町5
行き方

近鉄五十鈴川駅より徒歩約7分。

アクセスを詳しく見る
名称倭姫宮(皇大神宮別宮)
読み方やまとひめのみや
参拝時間

5:00~19:00
宿衛屋:6:00~19:00
※季節により異なります。

御朱印あり

限定御朱印なし

詳細情報

ご祭神倭姫命
創建時代1923年(大正12年)
本殿神明造

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中