御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※浄光明寺ではいただけません

じょうこうみょうじ|真言宗泉涌寺派泉谷山

浄光明寺

神奈川県 鎌倉駅

9:00〜16:00 < ただし有料の阿弥陀堂の拝観は木・土・日・祝の10:00-12:00、13:00-16:00(雨天不可)>

投稿する
0467-22-1359

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
なし

なし(法事など檀家さま用としての駐車スペースは在りますが、一般参拝者用ととしての駐車場は無し。)

巡礼

鎌倉三十三観音霊場
第25番
鎌倉地蔵尊霊場
第16番・第17番
鎌倉十三仏霊場
第9番(勢至菩薩)
新四国東国八十八箇所
第82番

浄光明寺について

鎌倉三十三観音霊場 第25番
鎌倉地蔵尊霊場 第16番・第17番
鎌倉十三仏霊場 第9番(勢至菩薩)
新四国東国八十八箇所 第82番

おすすめの投稿

こばけん
2021年04月05日(月)
579投稿

 21.03.27。先の薬王寺さんより参詣。鎌倉十三佛霊場第九番札所として。→仏尊名は勢至菩薩像(都市王)、鎌倉三十三観音霊場第二十五番札所、鎌倉二十四地蔵尊霊場第十六番札所でもある。本尊の阿弥陀三尊像の拝観は木・土・日・祝日であり、本日が土なので、収蔵庫で見られた(撮影は禁止)→拝観料200円。
当寺は真言宗泉涌寺派準別格本山で市内扇谷ガ谷の泉ヶ谷と呼ばれる谷戸に位置し、皇室の菩提寺として知られる泉涌寺の末寺です。
見応えある素敵なお寺さんでした。

浄光明寺(神奈川県)

鎌倉十三佛霊場第九番

浄光明寺の建物その他浄光明寺の建物その他浄光明寺の歴史浄光明寺の山門

山門。

浄光明寺の建物その他

扁額、山号 泉谷山(せんこくさん)。

浄光明寺の仏像

山門入って左手に 楊貴妃観音像。

浄光明寺の建物その他

客殿。

浄光明寺の建物その他

客殿右脇から仏殿への参道。

浄光明寺の建物その他

仏殿への途中に!

浄光明寺の仏像

虚空菩薩。

浄光明寺の建物その他

鐘楼。

浄光明寺の建物その他

不動堂。

浄光明寺の建物その他

扁額。

浄光明寺の塔浄光明寺の自然浄光明寺の仏像

勢至菩薩。

浄光明寺の仏像

同上 アップ!

浄光明寺(神奈川県)浄光明寺の本殿

仏殿(本堂)。阿弥陀堂とも呼ばれる。

浄光明寺の仏像

仏殿内→三世仏。左が阿弥陀如来・中央が
釈迦如来、右が弥勒如来。

浄光明寺の自然

市天然記念物 イヌマキ。

浄光明寺の建物その他浄光明寺の地蔵

(市文)石造 地蔵菩薩坐像(網引地蔵)。

浄光明寺(神奈川県)浄光明寺のお墓

国史跡 冷泉為相墓。(れいぜいためすけ)

浄光明寺の塔浄光明寺(神奈川県)浄光明寺の塔浄光明寺の建物その他浄光明寺の建物その他

寺務所、こちらで御朱印拝受しました。

もっと読む
投稿をもっと見る(72件)

浄光明寺の基本情報

住所神奈川県鎌倉市扇ガ谷2-12-1
行き方

JR横須賀線「鎌倉駅」西口から、徒歩15分ほど。

アクセスを詳しく見る
名称浄光明寺
読み方じょうこうみょうじ
参拝時間

9:00〜16:00 < ただし有料の阿弥陀堂の拝観は木・土・日・祝の10:00-12:00、13:00-16:00(雨天不可)>

参拝にかかる時間

無料(志納)公開範囲の境内だけならば15分ほど。< 有料区域 ’ 阿弥陀堂 ’ と更に山中高台の ’ 冷泉為相墓所 ’ まで参拝すると40分ほど >

参拝料

阿弥陀三尊像拝観は有料:日木土祝 10:00~12:00 / 13:00~16:00 ただし、雨天・高湿度の日は中止(8月、年末年始は未公開)

トイレあり。山門を潜って、右方向へ進んだ場所。
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号0467-22-1359
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご本尊阿弥陀三尊像
山号泉谷山
宗旨・宗派真言宗泉涌寺派
創建時代建長3年(1251年)
開山・開基開基:北条長時  開山:真阿
札所など

鎌倉三十三観音霊場 第25番
鎌倉地蔵尊霊場 第16番・第17番
鎌倉十三仏霊場 第9番(勢至菩薩)
新四国東国八十八箇所 第82番

文化財

木造阿弥陀三尊像 _ 国指定重要文化財
地蔵菩薩立像 _ 神奈川県重要文化財

体験仏像御朱印重要文化財武将・サムライ札所・七福神巡り

Wikipediaからの引用

概要
浄光明寺(じょうこうみょうじ)は、神奈川県鎌倉市扇ガ谷(おうぎがやつ)にある真言宗泉涌寺派の寺院。山号は泉谷山(せんこくざん)。開基は北条長時。開山は真阿。本尊は阿弥陀如来である。北条氏や足利氏とゆかりの深い寺院で、足利尊氏は後醍醐天皇に対し挙兵する直前、当寺に籠っていたと伝える。新四国東国八十八ヶ所霊場の第82番。
歴史
歴史[編集] 鎌倉七口のうちの亀ヶ谷坂(かめがやつさか)と化粧坂(けわいざか)にはさまれた扇ヶ谷の支谷、泉ヶ谷に位置する。山号の泉谷山はこの谷戸の名にちなむ。寺伝によれば、建長3年(1251年)頃、第5代執権北条時頼、第6代執権北条長時が開基となって創建したもので、開山(初代住持)は真阿(真聖国師)であった[1]。それ以前、源頼朝の命により文覚上人の建てた草庵があったともいうが、定かでない。 永仁4年(1296年)の開山(真阿)譲状には北条時頼と長時が開基であると記されている。長時は鎌倉幕府6代執権で、文永元年(1264年)、36歳で死去し、浄光明寺に葬られ、以後、この寺は長時に始まる赤...Wikipediaで続きを読む
引用元情報浄光明寺」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%B5%84%E5%85%89%E6%98%8E%E5%AF%BA&oldid=85789762

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー