御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中
ネコ大バナー※東勝寺跡ではいただけません

とうしょうじ あと|臨済宗青龍山

東勝寺跡

神奈川県 鎌倉駅

パーキング
駐車場
なし

なし

御朱印について
御朱印
なし
ありません

東勝寺跡について

1998年(平成10年)6月、「東勝寺跡」として国の史跡に指定されました。
発掘調査後に埋め戻され、現在は金網で囲まれた外から見られるのみ。
「東勝寺跡」と「北条高時腹切りやぐら」だけを目指して来られる方は少ないでしょうけれども、
’ 祇園山ハイキングコース ’ 入口/出口 の一つとして通過される方は多いと思います。
「宝戒寺」参拝の際に裏の ’ 宝戒寺橋 ’に寄って滑川(なめりがわ)の鯉を眺めたり、
近隣の ’ 東勝寺橋 ’ を渡って ここ「東勝寺跡」まで足を伸ばして歴史散策される方もおられるでしょう。
’ 東勝寺橋 ’ を渡って直ぐに右折して進むと、
トンネルを介して鎌倉市大町 ’ 名越(なごえ)地区 ’に抜けられて 「妙法寺」「安国論寺」「長勝寺」
(~鎌倉市材木座の寺社)を巡るコースを計画できると思います。

おすすめの投稿

mitch
2019年12月11日(水)
2043投稿

16.12.15 国指定史跡「東勝寺跡」の冬
( /東勝寺橋 ~ 宝戒寺橋 周辺 ) _ 鎌倉市小町
.
1998年(平成10年)6月、「東勝寺跡」として国の史跡に指定されました。
発掘調査後に埋め戻され、現在は金網で囲まれた外から見られるのみ。
「東勝寺跡」と「北条高時腹切りやぐら」だけを目指して来られる方は少ないでしょうけれども、
’ 祇園山ハイキングコース ’ 入口/出口 の一つとして通過される方は多いと思います。
「宝戒寺」参拝の際に裏の ’ 宝戒寺橋 ’に寄って滑川(なめりがわ)の鯉を眺めたり、
近隣の ’ 東勝寺橋 ’ を渡って ここ「東勝寺跡」まで足を伸ばして歴史散策される方もおられるでしょう。
’ 東勝寺橋 ’ を渡って直ぐに右折して進むと、
トンネルを介して鎌倉市大町 ’ 名越(なごえ)地区 ’に抜けられて 「妙法寺」「安国論寺」「長勝寺」
(~鎌倉市材木座の寺社)を巡るコースを計画できると思います。

東勝寺跡の歴史

*****************************
備考: ホトカミさま ’ よくあるご質問(FAQ) ’ に於いて
” すでに取り壊された神社・お寺や、管理する人がおらず朽ちているお寺など ”
も可 の旨のガイドラインに従い投稿させていただきました。
*****************************
.
国指定史跡「東勝寺跡」

東勝寺跡の自然

国指定史跡「東勝寺跡」

東勝寺跡の自然

国指定史跡「東勝寺跡」

東勝寺跡の景色

国指定史跡「東勝寺跡」

東勝寺跡の庭園

国指定史跡「東勝寺跡」
.
---

東勝寺跡の自然

’ 祇園山ハイキングコース ’ 登り口

東勝寺跡の歴史

’ 祇園山ハイキングコース ’ 登り口 / 「北条高時腹切りやぐら」
.
--------------------------------
↓ 散策の参考として周辺の風景 ↓

東勝寺跡の周辺

「東勝寺橋 」周辺

東勝寺跡の周辺

「東勝寺橋 」周辺
.
---

東勝寺跡の周辺

” 東勝寺橋ひぐらし公園 ”

東勝寺跡の庭園

” 東勝寺橋ひぐらし公園 ”
.
---

東勝寺跡の景色

東勝寺橋沿い邸宅の紅葉
.
----------------

東勝寺跡の景色

「宝戒寺橋」 周辺

東勝寺跡の自然

「宝戒寺橋」 周辺

東勝寺跡の自然

「宝戒寺橋」 周辺
.
---

東勝寺跡の自然

’ 紅葉山やぐら ’ 周辺
.
.
***************************
16.12.15 冬の #東勝寺橋 / #東勝寺跡 ~ #宝戒寺橋 周辺 _ #鎌倉市小町
https://mitch1.blog.ss-blog.jp/2016-12-17

/ #鎌倉 #2016紅葉 #紅葉 #黄葉

もっと読む
mitch
2019年12月10日(火)
2043投稿

13.12.08 国指定史跡「東勝寺跡」周辺
         ( ~ 「宝戒寺」裏周辺)  _ 鎌倉市小町

東勝寺跡の歴史

*****************************
備考: ホトカミさま ’ よくあるご質問(FAQ) ’ に於いて
” すでに取り壊された神社・お寺や、管理する人がおらず朽ちているお寺など ”
も可 の旨のガイドラインに従い投稿させていただきました。
*****************************
.
2-01) 国指定史跡「東勝寺跡」

東勝寺跡の庭園

2-02) 国指定史跡「東勝寺跡」

東勝寺跡の景色

2-03) 国指定史跡「東勝寺跡」

東勝寺跡の自然

2-04) 国指定史跡「東勝寺跡」
.
---

東勝寺跡の建物その他

3-01) 東勝寺跡の直ぐ先は、「祇園山ハイキングコース」入り口

東勝寺跡の建物その他

3-02) 登り始めて直ぐに ・・・ ・・・

東勝寺跡の自然

3-03) ・・・ ・・・ 「北条高時腹切りやぐら」
.
*****************************
↓ 散策の参考として、近隣の紅葉。 ↓

東勝寺跡の自然

1-01) 「東勝寺橋」から、’ 滑川 (なめりがわ) ’ 下流方向。

東勝寺跡の周辺

1-02) 東勝寺橋から、滑川上流方向。

東勝寺跡の自然

1-03) 滑川上流方向の「宝戒寺橋」

東勝寺跡の建物その他

1-04) 東勝寺橋沿い邸宅の紅葉
.
---

東勝寺跡の建物その他

4-01) 東勝寺橋を渡って東勝寺跡へ向かわずに、
右方向の坂を登ると
祇園山ハイキンク゛コース真下で交差するトンネルを抜けて
大町へ出られる。_ 「妙本寺」「安国論寺」「長勝寺」方面

東勝寺跡の自然

4-02) 東勝寺橋を渡って東勝寺跡へ向かわずに、
右方向の坂を登ると
祇園山ハイキンク゛コース真下で交差するトンネルを抜けて
大町へ出られる。_ 「妙本寺」「安国論寺」「長勝寺」方面

東勝寺跡の自然

4-03) 東勝寺橋を渡って東勝寺跡へ向かわずに、
右方向の坂を登ると
祇園山ハイキンク゛コース真下で交差するトンネルを抜けて
大町へ出られる。_ 「妙本寺」「安国論寺」「長勝寺」方面
.
----------------

東勝寺跡の自然

5-01) 「宝戒寺橋」 _ 「宝戒寺」裏手。左方向の先は民家にて行き止まり。

東勝寺跡の自然

5-02) 「宝戒寺橋」 _ 「宝戒寺」裏手。

東勝寺跡の自然

5-03) 「宝戒寺橋」 _ 「宝戒寺」裏手。

東勝寺跡の自然

5-04) 下流方向の東勝寺橋を見る
.
---

東勝寺跡の自然

5-05) 「紅葉山やぐら」周辺上方の様子

東勝寺跡の景色

5-06) 「紅葉山やぐら」周辺上方の様子
.
.
***************************
13.12.08「 #東勝寺跡」周辺 ~ 「 #宝戒寺」裏周辺 _ #鎌倉市小町
https://mitch1.blog.ss-blog.jp/2013-12-10-5

/ #鎌倉 #滑川 #紅葉山やぐら #宝戒寺橋 #東勝寺橋 #東勝寺跡 #2013紅葉 

もっと読む
投稿をもっと見る(7件)

歴史

1998年(平成10年)6月、「東勝寺跡」として国の史跡に指定された。
.
<Wikipedia から抜粋引用>

かつて神奈川県鎌倉市葛西ケ谷にあった寺院で、
鎌倉幕府の執権として活躍した北条氏の菩提寺のひとつ。
関東十刹の一つであった。
執権となった北条泰時は鎌倉の鶴岡八幡宮境内の南東、
滑川をこえた葛西ケ谷の谷間に当寺を築き、北条一族の菩提寺とした。
この寺は、菩提寺であると同時に有事に備えた
城塞の意味をもった寺院であったと推測される。
1333年(元弘3年)、後醍醐天皇に呼応して鎌倉に攻め寄せた
新田義貞の軍勢を迎え撃つべく、北条高時ら北条氏一門が当寺に篭もったが
成すすべもなく自ら火を放って自刃した(東勝寺合戦)(北条高時腹切りやぐら)。
この時、建造物は焼失した。
.
また北条高時一門が滅亡したのを悼み、
現在の藤沢市高倉に新たな東勝寺が建てられた(現在に至る)。
.
< 引用終り: https://ja.wikipedia.org/wiki/東勝寺_(鎌倉市) >
.

歴史をもっと見る|
6

東勝寺跡の基本情報

住所神奈川県鎌倉市小町3丁目10−1
行き方

江ノ島電鉄線またはJR横須賀線「鎌倉駅」東口から、徒歩20分ほど。

アクセスを詳しく見る
名称東勝寺跡
読み方とうしょうじ あと
通称腹切りやぐら / 腹切りやぐら の辺り
参拝にかかる時間

10分

参拝料

なし

トイレなし
御朱印なし

詳細情報

山号青龍山
宗旨・宗派臨済宗
創建時代諸説あるが、主に 1225年(嘉禄元年)説 と 1237年説がある。
開山・開基開山: 退耕行勇 / 開基: 北条泰時
文化財

国指定の史跡

ご由緒

1998年(平成10年)6月、「東勝寺跡」として国の史跡に指定された。
.
<Wikipedia から抜粋引用>

かつて神奈川県鎌倉市葛西ケ谷にあった寺院で、
鎌倉幕府の執権として活躍した北条氏の菩提寺のひとつ。
関東十刹の一つであった。
執権となった北条泰時は鎌倉の鶴岡八幡宮境内の南東、
滑川をこえた葛西ケ谷の谷間に当寺を築き、北条一族の菩提寺とした。
この寺は、菩提寺であると同時に有事に備えた
城塞の意味をもった寺院であったと推測される。
1333年(元弘3年)、後醍醐天皇に呼応して鎌倉に攻め寄せた
新田義貞の軍勢を迎え撃つべく、北条高時ら北条氏一門が当寺に篭もったが
成すすべもなく自ら火を放って自刃した(東勝寺合戦)(北条高時腹切りやぐら)。
この時、建造物は焼失した。
.
また北条高時一門が滅亡したのを悼み、
現在の藤沢市高倉に新たな東勝寺が建てられた(現在に至る)。
.
< 引用終り: https://ja.wikipedia.org/wiki/東勝寺_(鎌倉市) >
.

体験重要文化財武将・サムライ伝説

Wikipediaからの引用

概要
東勝寺(とうしょうじ)は、かつて神奈川県鎌倉市葛西ケ谷にあった寺院で、鎌倉幕府の執権として活躍した北条氏の菩提寺のひとつ。関東十刹の一つであった。
歴史
沿革[編集] 開山は明菴栄西の弟子の退耕行勇、開基は北条泰時である。本朝高僧伝によると退耕行勇は、1241年(仁治2年)東勝寺で示寂している[1]。 1225年(嘉禄元年)、執権となった北条泰時は鎌倉の鶴岡八幡宮境内の南東、滑川をこえた葛西ケ谷の谷間に当寺を築き、北条一族の菩提寺とした。この寺は、菩提寺であると同時に有事に備えた城塞の意味をもった寺院であったと推測される。 元亨釈書によれば、桑田道海、約翁徳倹らがここに住しており、禅林僧伝によれば、1307年(徳治2年)南山士雲が住持している。この後、東明恵日、素安了堂、太清宗渭、普済善救らも住持している。 1323年(元亨3年)北条貞時...Wikipediaで続きを読む
引用元情報東勝寺 (鎌倉市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%9D%B1%E5%8B%9D%E5%AF%BA%20%28%E9%8E%8C%E5%80%89%E5%B8%82%29&oldid=90065537

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2023年1月