御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年4月
勝長寿院跡 史跡ではいただけません
広告

しょうちょうじゅいんあと阿弥陀山

勝長寿院跡 史跡
神奈川県 鎌倉駅

パーキング
駐車場
なし

なし

御朱印について
御朱印
なし
ありません

おすすめの投稿

mitch
2020年09月01日(火)
2159投稿

20.08.31 鎌倉、史跡 ” 勝長寿院跡 ” 石碑と供養塔。_ 鎌倉市雪ノ下

勝長寿院跡 史跡の建物その他

03-1) 史跡 ” (阿弥陀山)勝長寿院跡 ” の石碑と石碑に隠れた奥の供養塔。
撮り方で小さく見えてしまうが、高さは1mを超え1.5mほどある。
_ 鎌倉市雪ノ下 ’ 大御堂ヶ谷 ’ 地区

勝長寿院跡 史跡のお墓

03-2) 道路からは見えにくい左奥の、供養塔と石碑。
源頼朝建立のうち永福寺跡のように史跡として残ることはなく
開発により無残にも全て失われてしまい、
一説には昭和期に地元の有志が建立された供養塔だそうです。
左: ” 源義朝墓 ”(供養塔)、右: ” 鎌田政長墓 ”(供養塔)
.
例えば 伝・頼朝墓所と同様に
鎌倉時代は縁のある場所に五輪塔や宝篋印塔供養塔を建てたそうだが、
北条政子墓所と呼ばれる供養塔は「寿福寺」「安養院」や 伊豆などの複数箇所に
在るけれども北条政子の遺体は勝長寿院の傍らに葬られたらしいとする一説もある。
. 武将と家臣家来の供養塔群の例は、鎌倉市材木座「隋我山 来迎寺」に在る。
( ’ 来迎寺 ’ は西御門にも「満光山 来迎寺」が在るが、
                   門前に ” 太平寺跡 ” 史跡碑が在る。)
.
( cf. 源頼朝 法華堂跡 <伝・大江広元墓所 / 伝・三浦一族やぐら墓所 > )
( cf. 崇寿寺跡 )( cf. 荒居閻魔堂阯碑 _ 現・円応寺の旧蹟 )
( cf. 無量寺跡 < 合槌稲荷社跡 > )(cf. 東勝寺跡 )(cf. 理智光寺跡 )

勝長寿院跡 史跡のお墓

03-3) 道路からは見えにくい左奥の、 ” 源義朝墓 ”( 供養塔)。
                 < 頼朝、義経ら父の供養塔 >

勝長寿院跡 史跡のお墓

03-4) 道路からは見えにくい左奥の、 ” 鎌田政長墓 ”(供養塔)。 
.
---

勝長寿院跡 史跡の歴史

03-5) 道路からは見えにくい左奥の、石碑。

勝長寿院跡 史跡の歴史

03-6) 肉眼でも読めなかったが、碑文を撮っておいた。
写真を拡大すると、何とか読むことができる。
.
---

勝長寿院跡 史跡の歴史

04) 勝長寿院跡 の石碑
.
---

勝長寿院跡 史跡の歴史

05-1) ” 勝長寿院跡 ” 史跡碑 

勝長寿院跡 史跡の歴史

05-2) ” 勝長寿院跡 ” 史跡碑 / 上 

勝長寿院跡 史跡の歴史

05-3) ” 勝長寿院跡 ” 史跡碑 / 中 

勝長寿院跡 史跡の歴史

05-4) ” 勝長寿院跡 ” 史跡碑 / 下
.
-------------------------------

勝長寿院跡 史跡の建物その他

06) 失礼ながら前回20.08.10には気づかなかった、
    ソレも其のはず 史跡を囲う柵外右隣に鎮座する石祠。 
.
******************************

勝長寿院跡 史跡の周辺

01) 番外編で 手前からの道順として、
’ 大御堂橋(おおみどうばし) ’ 上から
’ 田楽辻子の道(でんがくずしのみち) ’ 沿いの ’ 文覚上人屋敷跡 ’ 史跡碑。
右方向は行き止り、進行方向は左。
少しだけ進んでから ” すぐに右折 ”。
.
---

勝長寿院跡 史跡の歴史

02-1)  ’ 文覚上人屋敷跡 ’ 史跡碑 

勝長寿院跡 史跡の歴史

02-2)  ’ 文覚上人屋敷跡 ’ 史跡碑 / 上 

勝長寿院跡 史跡の歴史

02-3)  ’ 文覚上人屋敷跡 ’ 史跡碑 / 中

勝長寿院跡 史跡の歴史

02-4)  ’ 文覚上人屋敷跡 ’ 史跡碑 / 下
.
.
.
.
.
*******************************
20.08.31 #鎌倉 、#史跡 ” #勝長寿院跡 ” #石碑 と #供養塔。
_ #鎌倉市雪ノ下 
https://mitch1.blog.ss-blog.jp/2020-09-01

/ #源義朝供養塔 #源義朝 #鎌田政長供養塔 #鎌田政長 

もっと読む
mitch
2020年08月23日(日)
2159投稿

20.08.10 鎌倉、史跡 ” 勝長寿院跡 ” 石碑と供養塔。_ 鎌倉市雪ノ下

勝長寿院跡 史跡の建物その他

01) 史跡 ” (阿弥陀山)勝長寿院跡 ” の石碑と石碑に隠れた奥の供養塔 
        _ 鎌倉市雪ノ下 ’ 大御堂ヶ谷 ’ 地区 4:56am頃~

勝長寿院跡 史跡のお墓

02) 道路からは見えにくい左奥の、供養塔と石碑。
源頼朝建立のうち永福寺跡のように史跡として残ることはなく
開発により無残にも全て失われてしまい、
一説には昭和期に地元の有志が建立された供養塔だそうです。
左: ” 源義朝墓 ”(供養塔)、中: ” 鎌田政長墓 ”(供養塔)
.
10枚ほど撮ったのだけれども 全てピンボケブレブレだったので、
再訪問して撮りなおしを要す。
当日の年月日記録ページに使えそうな少しはマシなのを残す。
.
.
.
**************************
20.08.10 #鎌倉 、#史跡 ” #勝長寿院跡 ” #石碑 と #供養塔 。_ #鎌倉市雪ノ下
https://mitch1.blog.ss-blog.jp/2020-08-17?1598137233

/ #大御堂ヶ谷 #田楽辻子のみち #大御堂橋

もっと読む
投稿をもっと見る(2件)

勝長寿院跡 史跡の基本情報

住所神奈川県鎌倉市雪ノ下4丁目6−20
行き方

鎌倉駅東口から若宮大路を経て金沢街道を進み、徒歩で全25分ほどの距離。
’ 岐れ道信号 ’ から更に十二所方面へ少し歩くと ’ 大御堂橋信号 ’ があります。
そこを右折し ’ 大御堂橋 ’ を渡ると ’ 文覚上人屋敷跡 ’の石碑があり、
ここを左折し ’ 田楽辻子のみち ’ を少しだけ進んでから
” すぐに右折 ” 最初の右折場所から住宅地の谷戸へ入る道を数十m進んだ左側。

アクセスを詳しく見る
名称勝長寿院跡 史跡
読み方しょうちょうじゅいんあと
参拝時間

いつでも参拝できます

参拝にかかる時間

5分

トイレなし
御朱印なし

詳細情報

山号阿弥陀山
院号勝長寿院
宗旨・宗派
創建時代元暦元年(1184年)
開山・開基源頼朝
体験武将・サムライ伝説

Wikipediaからの引用

概要
勝長寿院(しょうちょうじゅいん)は、神奈川県鎌倉市雪ノ下にあたる相模国鎌倉大御堂ヶ谷に、鎌倉時代初期に源頼朝が建立した寺院である。阿弥陀山勝長寿院と号す。大御堂(おおみどう)、南御堂(みなみのみどう)とも言う。鶴岡八幡宮、永福寺と共に当時鎌倉の三大寺社の一つであったが、現在は廃寺となっている。
歴史
沿革[編集] 元暦元年(1184年)、源頼朝が父・義朝の菩提を弔うための寺の建立を大御堂ヶ谷の地に定め、11月26日に地曳始の儀を行った。 頼朝は後白河院に依頼して義朝の首を探し出し、義朝とその腹心・鎌田政清の首は院の勅使となった大江公朝によって鎌倉に届けられた。文治元年(1185年)9月3日、義朝の遺骨と政清の首は南御堂の地に埋葬され、頼朝の他は平賀義信とその子息・惟義、源頼隆ら平治の乱関係者のみが立ち会いを許された。10月24日に堂舎が完成し盛大に落慶供養が行われた。 同院の本尊は阿弥陀如来像で、奈良仏師の成朝が製作した。また本尊背後の浄土壁画を鎌倉宅磨派の祖・宅磨為久が担当した[1...Wikipediaで続きを読む
引用元情報勝長寿院」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%8B%9D%E9%95%B7%E5%AF%BF%E9%99%A2&oldid=95777936

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ