参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

だいれんじ|浄土宗

大蓮寺

だいれんじ|浄土宗

大蓮寺

公式神奈川県 武蔵溝ノ口駅
川崎市高津区久本2-8-5
御朱印あり

現在の御朱印・御朱印帳

準西国稲毛三三所観音霊場
第22番札所
聖観世音菩薩

御朱印の授与の際、納経といたしまして名号札(南無阿弥陀仏)をお納めいただくことをお願いしております。札はご用意いたしております。御朱印をお待ちの間にお書きください。

※御朱印帳への手書きは住職がいるときのみ対応いたします。
※住職が留守の場合は、はがきサイズの用紙に住職が書き置きしたもので対応しております。

御朱印をもっと見る(9枚)

住職が出張などで多忙のため、日中のご案内や御朱印授与など対応しかねる場合があります。
境内などの散策は、良識の範囲内でご自由にしていただくことは可能です。

行事

1月1日:修正会
8月18日:施餓鬼会

もっと見る(5枚)

アクセス

住所川崎市高津区久本2-8-5
Googleマップで地図を開く
エリア武蔵溝ノ口駅
行き方

東急田園都市線 溝の口駅
JR南武線 武蔵溝ノ口駅
南口より洗足学園大学にむかって徒歩7~8分

駐車場境内に駐車可能(12台程度)

基本情報

名称大蓮寺
読み方だいれんじ
檀家以外の参拝歓迎
御朱印あり
御朱印帳なし
電話番号044-866-2688
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
FAX044-866-1277
メールアドレスdairenji1625@gmail.com
ホームページhttps://yuunin0831.wixsite.com/koumyousan-dairenji
SNS

詳細情報

ご本尊本尊:阿弥陀如来
ほか:火防・厄除 大日如来
山号光明山
院号照曜院
宗旨・宗派浄土宗
創建時代寛永2年(1625)
開山・開基聞能
札所など

準西国稲毛三三所観音霊場 第22番

ご由緒

 大蓮寺は、東国巡化をされた行基菩薩が久本に立ち寄った際、流行していた疫病に苦しむ村人を救うために滞留し錫を留め、大日如来を彫刻して病災消除し、草堂を創建してその像をまつったことに始まります。その後、暴風雨などによって崖が崩れ堂宇が埋没しましたが、大日如来像は東へ20mほどの所へ生きているように移動して難を避けたことで村人は驚きと崇敬の念を抱き、仮堂を建ててふたたびまつられました。

 寛永2年(1625)本堂が再建され、地頭・長坂権七郎が開基となり、明誉聞能上人を開山に迎え、天台宗を浄土宗に改めて現在に至ります。

体験

対策内容

手指消毒、マスク着用など

ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
お参りのあとは投稿をすると、住職さんも喜ばれるでしょう。
このお寺の情報は、お寺の方から提供されている正確な情報です。
最終更新: 2021年10月28日
神社寺院のホームページが無料でかんたんに>作れる!

アクセス

住所川崎市高津区久本2-8-5
Googleマップで地図を開く
エリア武蔵溝ノ口駅
行き方

東急田園都市線 溝の口駅
JR南武線 武蔵溝ノ口駅
南口より洗足学園大学にむかって徒歩7~8分

駐車場境内に駐車可能(12台程度)

最新の神奈川県のご案内

ホトカミを応援してくださっている皆様

特別スポンサー

何かお気づきの点はありますか?
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2021年10月