参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方
伊勢の国四天王寺の10月限定御朱印バナー※永谷天満宮ではいただけません

ながやてんまんぐう

永谷天満宮

ながやてんまんぐう

永谷天満宮

神奈川県 上永谷駅
横浜市港南区上永谷5-1-5

御朱印受付時間:9時~16時

御朱印あり
学問の神様・合格祈願
【公式】横浜御朱印めぐり

御朱印・御朱印帳

菅原道真が自身の姿を彫刻した3体の木像のうちの1体が永谷天満宮にまつられていることから、「日本三躰」の印が押されています。

御朱印をもっと見る(46枚)

菅原道真の息子 淳茂が足繁く通い遥か西方の太宰府に居る父を思慕したといわれる場所には、「菅秀塚」があります。淳茂自身の遺髪を納めたとも伝えられています。

例祭・神事

1月1日  元旦祭
1月14日  さいと焼
1月25日  初天神
2月3日  節分祭
3月25日  春季例祭
6月30日  夏越の大祓
9月25日  秋季例祭...

もっと見る(3枚)

オススメの投稿

着いた頃に予報に反して雨がポツポツと降ってきました。勘定号線沿いに鎮座しており、交通量が多いの入り口は気を付けないと通り越してしまうので注意が必要。さほど駐車…続きを読む

33

近くに実姉が住んでおり、私の娘の受験の時に一緒にお詣りしてもらいました。 この春無事娘が大学生になり、今度は娘と二人でお礼詣りに行ってきました。 梅や桜が…続きを読む

学問の神様である菅原道真と関わりのある神社。 おなじみの家紋でお迎えしていただきました! 敷地は小さいですが、神奈川では有名な神社の一つでもあり、…続きを読む

7

帰り道途中 目に飛び込んできた看板が気になり寄らせていただきました 環状線のすぐわきにありながら静かで落ち着いたとても気持ちいい神社でした^^ 絵馬かけにとあ…続きを読む

9

掃除の行き届いた清々しい境内。 天満宮らしい梅のマークがいたるところでお出迎えしてくれました。 御朱印は書き置きでしたが、ちょうど、お宮参りかな?と、…続きを読む

8

投稿をもっと見る(51件)

アクセス

住所横浜市港南区上永谷5-1-5
Googleマップで地図を開く
エリア上永谷駅
行き方

◆電車
横浜市営地下鉄上永谷駅より徒歩5分

◆バス
永野小学校前下車徒歩1分

◆車
環状二号線「上永谷駅入口」交差点過ぎてすぐ
※駐車場あり

駐車場あり
近くの駅

◼︎横浜市ブルーライン
上永谷駅から直線約290m
徒歩約6分
車で約1分
Googleマップで確認



◼︎横浜市ブルーライン
下永谷駅から直線約1.04km
徒歩約24分
車で約5分
Googleマップで確認



◼︎横浜市ブルーライン
舞岡駅から直線約1.75km
徒歩約42分
車で約8分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

永谷天満宮について

基本情報

名称永谷天満宮
読み方ながやてんまんぐう
通称天神社
参拝時間

御朱印受付時間:9時~16時

参拝にかかる時間

30分

トイレあり
御朱印あり
御朱印帳あり
御朱印について

菅原道真が自身の姿を彫刻した3体の木像のうちの1体が永谷天満宮にまつられていることから、「日本三躰」の印が押されています。

電話番号045-844-7244
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスinfo@nagayatenmangu.or.jp
ホームページhttp://nagayatenmangu.or.jp/

詳細情報

ご祭神《主》菅原道真
創建時代明応二年(1493)
ご由緒

相模国永谷郷(現在の上永谷ほか)座の天満大自在天神の御祭神である菅原道真公は、第六十代醍醐天皇の昌泰二年(899)、右大将に任ぜられた。
 道真公は更に、昌泰四年(901)年正月七日には従二位にも叙せられたが、その月二十五日に、筑紫の大宰府(福岡県)に員外帥(定員外の役人)として左遷されてしまった。
 道真公は大宰府に着任した翌年、鏡に向かってご自身の姿を三躰の木像に彫刻した。そしてその内の一躰は秀才淳茂に、一躰は筑紫大宰府安楽寺に、残る一躰は河内国(大阪府)土師村道明寺に安置されたのである。
 その後道真公は、延喜三年(903)二月二十五日、大宰府に於いて五十九歳で薨じている。
 
 さて、五男淳茂公は、はじめ播磨国(兵庫県)に配流となったが、後に関東に下向して永谷郷の下の坊に居館を構え、道真公自刻の御尊像を奉祀して朝夕崇拝したことが、永谷天満宮のはじまりであると伝えられている。
 その後御神躰は、菅原文時、藤原道長、上杉金吾らに伝わり、明応二年(1493)二月のある夜、相模八ヵ郷の領主、上杉刑部太夫、藤原乗国が霊夢を見たことをきっかけに、天満宮の社殿を造営し、御神躰を安置し奉った。天文十二年(1543)に宅間伊織之亮、藤原綱頼が社殿を修造し、天正十年(1582)に宅間規富は宮社を再築している。
 明治六年、村社となった永谷天満宮は、明治四十四年四月三十日に神饌幣帛料供進神社に指定された。
 御創建から五百余年、永谷天満宮は現在も多くの参拝者に親しまれ、霊験あらたかに私たちを見守り続けている。

巡礼
ご利益
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
ログインすると情報を追加/編集できます。

最終更新: 2021年10月17日byサンダー


神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

アクセス

住所横浜市港南区上永谷5-1-5
Googleマップで地図を開く
エリア上永谷駅
行き方

◆電車
横浜市営地下鉄上永谷駅より徒歩5分

◆バス
永野小学校前下車徒歩1分

◆車
環状二号線「上永谷駅入口」交差点過ぎてすぐ
※駐車場あり

駐車場あり
近くの駅

◼︎横浜市ブルーライン
上永谷駅から直線約290m
徒歩約6分
車で約1分
Googleマップで確認



◼︎横浜市ブルーライン
下永谷駅から直線約1.04km
徒歩約24分
車で約5分
Googleマップで確認



◼︎横浜市ブルーライン
舞岡駅から直線約1.75km
徒歩約42分
車で約8分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

最新の神奈川県のご案内

ホトカミを応援してくださっている皆様

特別スポンサー

何かお気づきの点はありますか?
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2021年10月