御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉

しちのみやじんじゃ

七宮神社
公式兵庫県 中央市場前駅

現在の御朱印・御朱印帳

毎月1日には、限定デザインの御朱印を授与しております。

季節のお花、境内の神猫さん等、様々なデザインを、毎月神主達で考えて手作りしております。

御朱印をもっと見る|
96

最新のお知らせ

神猫七ちゃん記念御朱印について

昨年募集いたしました、

七宮神社の神様と仲良しの神猫さんのお名前が決定いたしました。

まみちゃん様の応募が採用となり、

お名前は、『七ちゃん(ななちゃん)』です!

沢山の方からご応募頂きましたこと、

この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

そして七ちゃんのお名前が決まった記念として、

七ちゃん特別御朱印をお出しすることとなりました!

御朱印帳に直接お書き出来るのが、

「七ちゃんと桜」御朱印

書置きでのお渡しとなるのが、

「七ちゃんとオレンジコスモス」御朱印です。

「七ちゃんと桜」御朱印の授与日は

令和6年2月22日と2月23日の2日間で、

授与時間は午前10時から午後4時までとなります。

また、

「七ちゃんとオレンジコスモス」の書置き御朱印を受けられた方には、

七ちゃん記念ポストカードを1枚お渡しいたします。

種類はお選びいただけませんのでご了承ください。

こちらの書置き御朱印は、

2月22日から3月20日までの授与となります。

かなりの数ご用意しておりますが、

沢山受けて頂いた場合、

早めに終了することもございます。

その際は、HP、SNS等でお知らせいたします。

七宮神社(兵庫県)

七ちゃんと桜

七宮神社(兵庫県)

七ちゃんとオレンジコスモス

七宮神社(兵庫県)

書置き限定記念ポストカード

お知らせをもっと見る(48件)
氏子以外の参拝
氏子以外の参拝
あり
歓迎
御朱印について
御朱印
あり

毎月1日には、月替わりの限定御朱印を授与しております。
1日御朱印を12か月分集めていただいた方には、記念品をお渡し致します。

また、不定期で見開き限定御朱印の授与も行っております。

限定
あり
御朱印帳にお書き入れ
あり
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

あり(10台)

おすすめの投稿

投稿をもっと見る(62件)

ご祈祷

各種ご祈祷、出張祭承っております。

ご祈祷は当日予約も可能ですので、お気軽にご相談ください。

出張祭は事前予約にて承ります。

出張祭:5日前までに予約

ご祈祷:インターネット等も含め、前日までにご予約頂けますと助かります。

ご祈祷をもっと見る

歴史

御創建の年代は、遠く詳かではありませんが、平安末期の平家隆盛の頃には、1000年以上の歴史を持つ古社である事は間違いありません。
七宮と云う社名は神功皇后が201年に三韓征伐凱旋帰国の途中七番目に巡拝されたからだと言う説と「白藤家記録」に七宮神社は延喜式に載する八部郡汝売神が七宮の前身と称えられ主祭神である大己貴命は大国主命、大物主命、葦原醜男、八千矛神、大国玉神、顧国玉神の七つの御名を称して七宮神社と云われている説とがあります。
平家一族が尊崇された神社で、平清盛公が兵庫津を整備するに当たり経が島築造の為に会下山の南に塩槌山と云う大きな山があって「この山を削って経が島をつくろう」と云う事になり、応保元年(1161)二月から愈々昼夜分かたぬ大工事が始められた。だが激しい風が吹き、波が高まって土砂を流し去ってしまい、人夫も清盛たちも疲れ切ってしまい「いったいどうして島ができぬのだろう」と云う思案顔の清盛のところに家臣の阿波民部重能がやってきて「これは土砂を採石している塩槌山の岩影に大己貴命が祀られていて、それを知らずにこの山を崩し海に埋めようとしたので、この神が怒って暴風雨を起こすのではないかと云う事で清盛自筆の「南無七大明神」の神号を奉り現在の今の七宮町に祀られたのが七宮神社だと云われ、そしてこの神に祈願し経が島建設もはかどって島は完成し、それ以後七宮神社は兵庫津北浜の産土神として崇拝される神社となった。又、寛政十一年(1799)には淡路島五色町出身で西出町に住居を構える豪商高田屋嘉兵衛翁が辰悦丸を含む持ち船三隻の模型を奉納し航海安全を祈願、それ以降海上業者は七宮神社を参拝する様になった。
しかし戦災により奉納された船は悉く焼失。

歴史をもっと見る|
5

七宮神社の基本情報

住所兵庫県神戸市兵庫区七宮町2-3-21
行き方

〈電車で〉JR神戸線「神戸駅」より徒歩10分
     阪神・阪急電鉄「新開地駅」より徒歩10分
〈バスで〉市バス「七宮町バス停」下車すぐ
〈車で〉 阪神高速道路3号神戸線 柳原出口から約1.3㎞

アクセスを詳しく見る
名称七宮神社
読み方しちのみやじんじゃ
通称七宮さん
参拝時間

参拝自由

参拝料

なし

トイレなし
御朱印あり

毎月1日には、月替わりの限定御朱印を授与しております。
1日御朱印を12か月分集めていただいた方には、記念品をお渡し致します。

また、不定期で見開き限定御朱印の授与も行っております。

限定御朱印あり
御朱印帳に直書きあり

御朱印帳なし
電話番号078-671-3338
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://shitinomiya.com/
お守りあり
SNS

詳細情報

ご祭神《主》大己貴大神,《配》大日孁貴命,天児屋根命
創建時代創建不詳
札所など

神戸八社巡り・七宮神社

ご由緒

御創建の年代は、遠く詳かではありませんが、平安末期の平家隆盛の頃には、1000年以上の歴史を持つ古社である事は間違いありません。
七宮と云う社名は神功皇后が201年に三韓征伐凱旋帰国の途中七番目に巡拝されたからだと言う説と「白藤家記録」に七宮神社は延喜式に載する八部郡汝売神が七宮の前身と称えられ主祭神である大己貴命は大国主命、大物主命、葦原醜男、八千矛神、大国玉神、顧国玉神の七つの御名を称して七宮神社と云われている説とがあります。
平家一族が尊崇された神社で、平清盛公が兵庫津を整備するに当たり経が島築造の為に会下山の南に塩槌山と云う大きな山があって「この山を削って経が島をつくろう」と云う事になり、応保元年(1161)二月から愈々昼夜分かたぬ大工事が始められた。だが激しい風が吹き、波が高まって土砂を流し去ってしまい、人夫も清盛たちも疲れ切ってしまい「いったいどうして島ができぬのだろう」と云う思案顔の清盛のところに家臣の阿波民部重能がやってきて「これは土砂を採石している塩槌山の岩影に大己貴命が祀られていて、それを知らずにこの山を崩し海に埋めようとしたので、この神が怒って暴風雨を起こすのではないかと云う事で清盛自筆の「南無七大明神」の神号を奉り現在の今の七宮町に祀られたのが七宮神社だと云われ、そしてこの神に祈願し経が島建設もはかどって島は完成し、それ以後七宮神社は兵庫津北浜の産土神として崇拝される神社となった。又、寛政十一年(1799)には淡路島五色町出身で西出町に住居を構える豪商高田屋嘉兵衛翁が辰悦丸を含む持ち船三隻の模型を奉納し航海安全を祈願、それ以降海上業者は七宮神社を参拝する様になった。
しかし戦災により奉納された船は悉く焼失。

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬七五三御朱印お守り武将・サムライ札所・七福神巡り

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ