神社お寺の検索サイト楽しみ方

あつまじんじゃ

厚真神社

公式北海道 早来駅

毎朝午前7時朝拝
授与所午前8時〜午後5時

投稿する
0145-27-2158

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

最新のお知らせ

御朱印のご案内

4月御朱印○しあわせ桜
春の御朱印○大きく羽ばたくシマエナガと桜
○ひと休みシマエナガと桜
の3種類ございます。

このようなご時世ですので、遠方から参拝に来られない方には郵送も可能でございます。
InstagramのDMまたは、厚真神社社務所☎0145272158までお問い合わせ下さい。

厚真神社の御朱印

4月の御朱印しあわせ桜

厚真神社の御朱印

見る角度によってキラキラして見えます

厚真神社(北海道)

大きく羽ばたくシマエナガと桜(一羽)

厚真神社(北海道)

ひと休みシマエナガと桜(三羽)

2月御朱印

本日より2月限定御朱印の頒布を致します。

雪や蔓延防止措置などで遠方より参拝に来られない方には郵送も承っておりますのでお問い合わせ下さい。

☎0145-27-2158厚真神社社務所

厚真神社(北海道)

笑門来福

お知らせをもっと見る(5件)
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

あり
15台程度
(坂の下に第2駐車場もあります)

ご利益

厚真神社について

胆振東部地震で被災し(厚真町震度7)町内をはじめ道内、道外、海外とたくさんの方からの心温まる御支援のお陰で復興することができました。厚く御礼申し上げます。

おすすめの投稿

おがまん@小笠原章仁
2022年04月09日(土)
639投稿

最近はコロナ禍もあって、御朱印の郵送頒布を行っている寺社も増えてきました。
郵送で御朱印をお受けして遥拝する、ということなのですが、参拝をして御朱印をいただきたいというこだわりもあり、基本的には郵送での頒布にはあまり手を出さないようにしています。

ただし、例外が3つあります。

ひとつ目は金吾龍神社です。
金吾龍神社はまだそうしたこだわりのない時期に郵送で拝受したことがあるのですが、それから信じられないくらい運が好転しました。
以来、金吾龍神社を崇敬し、現在は崇敬会員となって会費を納めています。
ですから金吾龍神社の御朱印を郵送で拝受することはかまわないと思っています。

ふたつ目は写経を郵送納経して納経印をいただくことです。
もともと御朱印は写経を納経して納経印をいただいたことに始まると言われています。
ですから郵送であっても納経することで納経印をいただくことは本来の姿だろうと思っています。

そしてみっつ目は多少苦しいのですが、実際に参拝したことのある寺社からは、どうしても欲しいと思う御朱印が見つかったときは郵送で拝受してもかまわないと決めています。
これまでは帰厚院さんの4枚組の御朱印をこれで拝受しました。
そしてこのたび、厚真神社の御朱印も、このみっつ目の例外を適用して拝受しました。
厚真神社は震災翌年に参拝しています。

今回拝受した御朱印は、シマエナガも描かれた春の御朱印です。
一目見ただけで、惚れ込んでしまいました。
早速送っていただいたのですが、たまたまこの日に申込用紙が届いたようで、一粒万倍日である4月5日の日付が入れられていました。
たいへんありがたく拝受しました。

厚真神社(北海道)

台紙に挟んで送っていただけました。フクロウの栞も同封されていました。

もっと読む
ぱん吉🍀
2021年07月07日(水)
492投稿

厚真神社〜北海道胆振東部地震から復興の力強い境内を再び参拝。

建築中だった社務所は、立派に完成!プレハブの仮社務所があった辺りは、石碑が綺麗に並んでいました。
亀裂が入っていた参道のアスファルトも修復され、境内の整備もバッチリです☆

この日は、業者さん達が庭の剪定作業。宮司さんも張り切って打ち合わせの様子。
境内はちょっと賑やか〜梟さんは静かな場所へ行っているみたいでした (>ω

厚真神社(北海道)

グリーンを拝領(白も素敵でした)地模様が華やか!
梟の可愛らしい栞+アマビエで変身したいつもの挟紙も一緒に

厚真神社の建物その他

職人さんが剪定中の参道~とても綺麗でしたよ🍁
階段も修復完了していました!

厚真神社の建物その他

右側が本殿
左側には新しい社務所

厚真神社の建物その他

ピカピカの社務所☆奥様にもお会いできました😊

厚真神社(北海道)

涼しげな夏仕様🎐

厚真神社の本殿

本殿~こちらには復興募金もあります

厚真神社(北海道)

厚真神社別宮〜朱の鳥居が美しい

厚真神社の建物その他

手前にはハートの敷石♡

厚真神社の狛犬

狛犬さん

厚真神社の狛犬厚真神社の自然

御神木

厚真神社(北海道)厚真神社(北海道)厚真神社の建物その他厚真神社の自然

まだ育ちはじめの花々❀これからが楽しみ🎶

厚真神社の自然厚真神社(北海道)

一の鳥居〜かなり手前にあるので、帰りがけにパチリ

厚真神社の建物その他

社号標

もっと読む
投稿をもっと見る(18件)

厚真神社の基本情報

住所北海道勇払郡厚真町新町75-1
行き方

JR浜厚真駅より車で25分あつまバス終点より徒歩7分

アクセスを詳しく見る
名称厚真神社
読み方あつまじんじゃ
参拝時間

毎朝午前7時朝拝
授与所午前8時〜午後5時

参拝にかかる時間

約10分

トイレなし
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳なし
電話番号0145-27-2158
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://atsumajinja.com/
お守りあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神《合》八幡大神,豊受姫大神,火之迦具土神,大国魂神,《主》天照大神
本殿神明造
文化財

神輿(指定・製作年代不詳)

ご由緒

明治26年、富山県から幅田九郎兵衛が来村してこの地(現朝日)を調べ、翌27年4戸の小作と共に入植、開墾に従事する。明治28年当地区の中心地に幅田氏等が八幡神社を建立、これが当社の起源である。明治33年に現在地に移転造営し、明治38年5月主祭神として、天照皇大神を奉斎し無格社厚真神社を創立する。明治43年、秋葉神社の神璽勧請合祀。大正2年9月16日本殿(流造)造営。大正11年6月24日、村社に昇格。大正11年9月22日、神饌幣帛供進指定。大正12年9月6日、現東和より豊受姫大神を合祀。昭和17年9月5日、池田農場稲荷神社より豊受姫大神を合祀。昭和21年、宗教法人設立。昭和50年4月8日、桜丘神社より大国魂大神を合祀。昭和53年12月16日、社殿造営、社務所改築、境内整備等を3年がかりで行う。昭和60年9月、創立80周年記念事業を行う。平成7年11月23日、創立90周年記念事業を行う。平成17年11月23日、創立100周年記念事業を行う。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
稲荷神社 豊受姫大神 創祀不詳 昭和17年9月5日合祀・桜丘神社 大国魂大神 創祀不詳 昭和50年4月8日合祀

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬結婚式七五三御朱印お守り祭り

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
投稿する
お問い合わせ