参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

にんげんじ|高野山真言宗

仁玄寺

公式北海道 仁木駅

仁玄寺公式北海道 仁木駅

にんげんじ|高野山真言宗

北海道 余市郡仁木町西町7-1

8:00-17:00

御朱印あり
檀家以外の参拝歓迎

現在の御朱印・御朱印帳

北海道三十三観音霊場 第六番 千手観音さま
北海道八十八か所霊場 第六十一番 大日如来さま

の御朱印があります。

御朱印をもっと見る(22枚)

人手が足りないため、特別な行事を除き、一般参拝者さまには正面の階段をあがったところにある、本堂の玄関にてお参りをお願いしています。
 
手書きの御朱印をご希望の方は、住居の方の玄関までお越しください。(お参り前にお越しいただけると、あまりお待たせすることなくお渡しできると思います。)

行事

2月3日 節分祈祷
12月31日 除夜の鐘
 
その他、月1回の写経会を開催しています。

もっと見る(1枚)

歴史

「仁木の玄関口にあるお寺だから、仁玄寺(にんげんじ)」

明治12年、徳島県川島町(現:吉野川市)からの集団入植者の定住により出来た集落は、代表者の仁木竹吉(にき・たけよし)の名前をとって「仁木村」と名付けられました。徳島といえば、四国八十八か所霊場のはじまりの地。県民性に漏れず、弘法大師・空海信仰の篤かった仁木村の人々が建立した、二間(3.6メートル)四方の小さな大師堂(明治20年)が、当寺の原点です。

ご縁というのは不思議なもので、明治30年代中頃、徳島県那賀郡椿村(現:阿南市)出身の青年僧が、北海道での布教を志して、札幌に辿り着きました。「同郷の誼で、ぜひうちに」と請われるまま、仁木村の大師堂に入った僧侶・玉置戒存が、信徒たちと共に明治39年に創り上げたお寺は、「仁木の玄関口(*)にあるお寺」だったので、そのまま【仁玄寺(にんげんじ)】と名付けられました。

(*どちらかと言えば、仁玄寺は旧仁木村のなかでも、旧大江村との村境の方に位置しています。ちなみに、今はどちらも仁木町です)

歴史をもっと見る(4枚)

基本情報

名称仁玄寺
読み方にんげんじ
檀家以外の参拝歓迎
参拝時間

8:00-17:00

参拝にかかる時間

10分

参拝料

なし

トイレわかりにくいので、お寺の者にお声がけください。
御朱印あり
御朱印帳なし
御朱印について

北海道三十三観音霊場 第六番 千手観音さま
北海道八十八か所霊場 第六十一番 大日如来さま

の御朱印があります。

電話番号0135-32-2059
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご本尊本尊:大日如来(だいにち・にょらい)さま ※通常非公開です。    その他、 北海道三十三観音霊場 第六番 千手観音さま 北海道八十八か所霊場 第六十一番 大日如来さま がいらっしゃいます。
山号北明山(ほくみょうざん)
宗旨・宗派高野山真言宗
札所など

北海道三十三観音霊場 第6番 
北海道八十八か所霊場 第61番 

体験
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
お参りのあとは投稿をすると、住職さんも喜ばれるでしょう。
このお寺の情報は、お寺の方から提供されている正確な情報です。
最終更新: 2021年01月20日

アクセス

住所余市郡仁木町西町7-1
Googleマップで地図を開く
エリア仁木駅
行き方

ニセコバス「仁玄寺」目の前
ニセコバス「仁木役場前」停留所より徒歩12分(※こちらの方が本数が多いです)
 
JR「仁木駅」より徒歩21分
 
後志自動車道「余市IC」より車で12分

駐車場境内の空いている場所をご利用ください

最新の北海道のご案内

仁玄寺
仁木駅

坊主カフェ@オンライン【2月11日 昼】

2021年02月11日14:00〜
ソーシャル・ディスタンスに疲れたら――オンラインでお坊さんと他愛もないお喋りなんていかがで…
1
何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る