神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中

とよかわいなりさっぽろべついん|曹洞宗

豊川稲荷札幌別院(玉宝禅寺)

北海道 豊水すすきの駅

投稿する
011-511-5917

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
-

ご利益

豊川稲荷札幌別院(玉宝禅寺)について

御朱印帳ですが、お寺用のものを用意して下さい。

おすすめの投稿

投稿をもっと見る(29件)

歴史

豊川稲荷(愛知県豊川市)の別院である。祖院は明治31年(1898年) 開創。

歴史をもっと見る|
4

豊川稲荷札幌別院(玉宝禅寺)の基本情報

住所北海道札幌市中央区南7条西4丁目1-1
行き方

札幌市営地下鉄南北線すすきの駅から徒歩で約10分。

アクセスを詳しく見る
名称豊川稲荷札幌別院(玉宝禅寺)
読み方とよかわいなりさっぽろべついん
通称豊川稲荷
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号011-511-5917
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
SNS

詳細情報

ご本尊豊川ダキニ真天
宗旨・宗派曹洞宗
ご由緒

豊川稲荷(愛知県豊川市)の別院である。祖院は明治31年(1898年) 開創。

体験坐禅(座禅)写経・写仏御朱印お守り

Wikipediaからの引用

概要
豊川稲荷札幌別院(とよかわいなりさっぽろべついん)は、本院が北海道札幌市清田区北野7条2丁目8-18、祖院が中央区南7条西4丁目1-1にある曹洞宗玉宝禅寺の別称である。 豊川稲荷(愛知県豊川市)の別院である。祖院は明治31年(1898年) 開創。本院は昭和59年(1984年)建立。
歴史
沿革[編集] 祖院は札幌市の歓楽街・薄野の中心部のやや南側に位置する。1871年に遊廓が設置されて以来、薄野は商業地・繁華街として発展したが、商売繁盛を司る稲荷神への信仰は早くから存在し、1880年代初頭には既に無住の稲荷堂が建てられたという[1]。その後1894年に地元の酒造業者・波多野与三郎によって、豊川稲荷の分霊を迎えようという計画が持ち上がり、現在の札幌市中央区南3条西4丁目に設立寺務所が設けられ、募金活動が開始された[1][2][3]。波多野が花柳界と繋がりが深かったこともあり、発起人には料亭・芝居小屋・遊郭・見番(芸妓の登録組織)などの関係者が数多く名を連ねた[1][2]。1...Wikipediaで続きを読む
アクセス
交通[編集] 本院 – 最寄り駅は札幌市営地下鉄東西線南郷18丁目駅。最寄りバス停は北海道中央バス(平岡営業所)栄通20丁目。 祖院 – 札幌市営地下鉄南北線すすきの駅から徒歩で約10分。
引用元情報豊川稲荷札幌別院」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E8%B1%8A%E5%B7%9D%E7%A8%B2%E8%8D%B7%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E5%88%A5%E9%99%A2&oldid=87249408

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
投稿する
お問い合わせ