御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

なんこじんじゃ

南湖神社

公式福島県 白河駅

参拝可能時間
→いつでもご参拝いただけます

対応できる時間
午前9時~午後5時

御朱印受付時間
午前9時~午後5時

休務日
なし

※楽翁桜祭・正月等の繁忙期や祭礼時には変動有

投稿する
0248233015

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

最新のお知らせ

御鎮座百年記念の神幸大祭・茶会、無事に終了しました

9日の神幸大祭は、おかげさまで、大きなケガや事故もなく終えることができました。

お囃子や山車太鼓の音色に誘われたのか、沿道にはありがたそうに頭を下げたり、
嬉しそうに拍手されたりなど多くの方が思い思いに出迎えてくださり、
とても温かい気持ちになりました。

御旅所祭では、なかなか見ることのできないお神楽や梯子乗りの技に、
参列者からは大きな拍手が贈られていました。

10日の茶会はあいにくの雨に見舞われ、野点(のだて)という野外での席を
社務所にて設けることとなりました。
当日は七五三のご祈祷も重なっていたため、境内は着物姿の方々が往来し
とても雅な雰囲気に包まれていました。

100年後はどのような日本になっているのか想像もつきませんが、
神社のお祭りが変わらず行われていることを切に願います。
とりあえずは一段落。。

南湖神社(福島県)南湖神社(福島県)南湖神社(福島県)

【お知らせ】御鎮座百年記念のお祭りやイベントが行われます。

2022年10月09日(日) 〜

こんにちは。

今月は神社でイベントが目白押しです。

①神幸大祭(10月9日)
100年前、南湖神社の御祭神である松平定信公の御霊は、東京の霊巌寺より
遷されてまいりました。当時は夜に行列を組んで駅から南湖神社まで歩いたようで、
渋沢栄一公は、その様子を「提灯の明かりで、まるで昼のようだ。」と仰ったそうです。
この度は夜ではありませんが、100年前の行列にならい、白河市内を練り歩く予定です。
また、白河信用金庫本店前で「御旅所祭」として神楽や木遣りなどの奉納も
行われることになっています。

100年ぶりの行列ですので、ご興味のある方ぜひお越しください。

②茶会(10月10日)
松平定信公は、ご自身で茶道の流派を立ち上げるほどに茶道に造詣が深く、境内にも
「蘿月庵」という定信公ゆかりのお茶室があります。御鎮座百年を記念したお茶会を
行います。

③竹灯籠ライトアップ(10月28日~)
昨年も行われ好評をいただきました竹灯籠のライトアップが行われます。
昨年よりもレベルアップしているようですので、ぜひカメラを片手にお越しください。

南湖神社(福島県)南湖神社(福島県)
お知らせをもっと見る(23件)
御朱印について
御朱印
あり

右上に守國大明神、真ん中に南湖神社と書かれ、上部に社紋と葵紋の印、真ん中に南湖神社の社印が押されています。
御祭神は藩主の松平定信公です。天明の大飢饉の際、死者をひとりも出さなかったといわれています。
三ヶ月ごとに変わる季節限定の御朱印があります。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり(20台程度)

巡礼

ご利益

南湖神社について

 当社の鎮座する南湖公園は、御祭神の松平定信公が、身分の差なく共に楽しむことのできるという理念のもとに作られた、日本で最古の公園です。湖畔には桜や楓など様々な木々が植えられ、四季折々に自然豊かな景色を味わうことができます。
 その他にも定信公は、白河だるま・白河そばといった今に残る産業育成など、白河の発展のためにご尽力されました。
 また、令和3年の大河ドラマの主人公になった渋沢栄一公も、定信公のことをとても尊敬していたといわれています。
 神社の近くには、名物である南湖団子のお店やカフェなども多くありますので、南湖の景色と甘味を存分にお楽しみいただきながら、渋沢栄一公の敬愛した松平定信公の力をその身で感じていただければと思います。

おすすめの投稿

くし
2021年05月05日(水)
1073投稿

ついに福島到達です!\( ゚∀゚)/
思えば関東から出たのは実に5年ぶり(^^;

祭神は寛政の改革で日本史に出てくる老中 松平定信公。
この神社の建つ南湖自体が松平定信公が作った庭園で、「士民共楽」の思想のもとに庶民にも開かれた日本で最初の公共公園なんだとか。

質素倹約を旨とする寛政の改革を打ち出した定信公、自身も禁欲的な人だったそうですが、なぜかこの神社は恋愛系のパワースポット視されてるらしいw
そのためか、カップルや女の子の参拝客が多かった(^^;

御札は安かったけど受けませんでした。
やっぱり江戸後期と比較的新しい時代の人なのと、調べてみたところ、老中としてよりむしろ白河藩主としての方が名君と呼ばれるに相応しい人なので、神格化されても白河の土地神的性格が強そうだから、よそ者が御札授かってもあまり御利益なさそうなのでw

南湖神社(福島県)

那須十宝霊場 南湖神社
これで北半分はコンプリート(^^)

南湖神社の御朱印南湖神社の御朱印

一番安いのは印しか押さない太平山と同じスタイルw
一応、500円のと印影が違うので両方いただきました

南湖神社の建物その他

門前には旧白河市役所を移築した西洋館やオサレなお店がありました

南湖神社の像

祭神の松平定信公

南湖神社の建物その他南湖神社の鳥居

一の鳥居

南湖神社の手水南湖神社の建物その他南湖神社の建物その他南湖神社(福島県)

変わった鳥居だな・・・
それとも震災の被害でこうなったのか(・_・?)

南湖神社の建物その他

残念ながら本殿は改装中

南湖神社の本殿南湖神社の鳥居

横に稲荷社発見♪

南湖神社の狛犬

鋭い表情のお狐

南湖神社の狛犬南湖神社(福島県)南湖神社(福島県)南湖神社(福島県)

九蛇大権現

南湖神社の末社

周辺にも稲荷や大黒・恵比須の祠が多数

南湖神社の授与品その他

春期限定にしようかどうか迷いました

もっと読む
投稿をもっと見る(47件)

例祭・神事

歳旦祭 1月 1日
元始祭 1月 3日
節分祭 2月 3日直近の日曜日
紀元祭 2月11日
祈年祭 2月17日
楽翁桜祭 4月上旬~5月上旬
春季例大祭 5月 3日
夏越大祓 6月30日
納涼渡御祭 7月最終日曜日
秋季例大祭 11月 3日
新嘗祭 11月23日
天長祭 12月23日
年越大祓 12月31日
除夜祭 12月31日

例祭・神事をもっと見る|
1

歴史

当社の御祭神である松平定信公は26歳で白河藩主に就任されました。
その当時、天明の大飢饉に見舞われていましたが、定信公は、関西地方に使者を出して、食料を大量に買いこんで人々に施され、白河藩からは飢饉による死者を一人も出さなかったといわれています。 また、日本最古の公園である「南湖」を築庭し、身分制度の厳しい時代ながら一般庶民にも開放されるなど、様々な立派な施政を行われ名君と称えられております。
南湖神社は初代宮司である中目瑞男の呼びかけで、定信公の偉大な御遺徳を敬慕する白河市民を始め、各地の崇敬者の熱烈な至誠と、当時のわが国財界の巨頭であられた渋沢栄一先生のご尽力により、大正9年5月10日に神社設立が認可され、大正11年6月11日竣工・御鎮座大祭が執行されて今日に及んでおります。令和4年には御創建100周年を迎え、ご神威がますます輝きを増しているところです。
 諸願一切成就の神・守国大明神として白河地域の人々より篤い崇敬を集め、厄除開運・方位除けを始めとして、初宮詣・七五三交通安全・家内安全・商売繁盛などのご祈願をなさる方々で一年中参拝客が絶えることはありません。 近年は楽翁公が学問に非常に長けた方でおられたことから、学業成就の神として受験生のお参りが非常に増えております。 さらに、楽翁公が白河在住の男性と会津の女性を引き合わせて縁を取り持ったということから、「縁結びの神」としても名高く、創建当時より神前結婚式が数多く行われております。
また、4月中旬になると南湖公園内のソメイヨシノや神社参道沿いの御神木「楽翁桜」が咲きだし、境内は参拝客であふれかえります。 「楽翁桜」は南湖公園築造当時に楽翁公によって植えられたと伝えられ、樹齢は約200年です。
また、南湖神社創建の時に桜の木が中央になるように参道を作ったといわれております。

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災や、令和3年2月13日の福島県沖地震により、南湖神社は甚大な被害を受けることとなりました。現在は多くの皆様からのご協賛をいただきながら、一日も早い完全復興を目指しています。

歴史をもっと見る|
1

南湖神社の基本情報

住所福島県白河市字菅生舘2
行き方

お車でお越しの場合
東北自動車道 白河ICもしくは白河中央IC(ETC専用)を降りて
「南湖公園」に向かってお進みください。(所用約10分)
日本庭園「翠楽苑」に隣接した場所にございます。

電車でお越しの場合
東北新幹線・在来線新白河駅東口下車
在来線白河駅下車
駅前よりタクシー利用(所要約5分)
もしくは駅前より市内循環バス「こみねっと」利用・「南湖東口」下車徒歩5分

アクセスを詳しく見る
名称南湖神社
読み方なんこじんじゃ
通称守国大明神 守国様
参拝時間

参拝可能時間
→いつでもご参拝いただけます

対応できる時間
午前9時~午後5時

御朱印受付時間
午前9時~午後5時

休務日
なし

※楽翁桜祭・正月等の繁忙期や祭礼時には変動有

参拝にかかる時間

15分

参拝料

無料 ※宝物館350円、蘿月庵300円

トイレなし
御朱印あり

右上に守國大明神、真ん中に南湖神社と書かれ、上部に社紋と葵紋の印、真ん中に南湖神社の社印が押されています。
御祭神は藩主の松平定信公です。天明の大飢饉の際、死者をひとりも出さなかったといわれています。
三ヶ月ごとに変わる季節限定の御朱印があります。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0248233015
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://nankojinja.server-shared.com/index.html
お守りあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神《主》松平定信
創建時代1922年(大正11年)
文化財

・下村観山作「楓」(渋沢栄一氏奉納)
・橋本永邦作「桜」(渋沢栄一氏奉納)
・松平定信公自画像

ご由緒

当社の御祭神である松平定信公は26歳で白河藩主に就任されました。
その当時、天明の大飢饉に見舞われていましたが、定信公は、関西地方に使者を出して、食料を大量に買いこんで人々に施され、白河藩からは飢饉による死者を一人も出さなかったといわれています。 また、日本最古の公園である「南湖」を築庭し、身分制度の厳しい時代ながら一般庶民にも開放されるなど、様々な立派な施政を行われ名君と称えられております。
南湖神社は初代宮司である中目瑞男の呼びかけで、定信公の偉大な御遺徳を敬慕する白河市民を始め、各地の崇敬者の熱烈な至誠と、当時のわが国財界の巨頭であられた渋沢栄一先生のご尽力により、大正9年5月10日に神社設立が認可され、大正11年6月11日竣工・御鎮座大祭が執行されて今日に及んでおります。令和4年には御創建100周年を迎え、ご神威がますます輝きを増しているところです。
 諸願一切成就の神・守国大明神として白河地域の人々より篤い崇敬を集め、厄除開運・方位除けを始めとして、初宮詣・七五三交通安全・家内安全・商売繁盛などのご祈願をなさる方々で一年中参拝客が絶えることはありません。 近年は楽翁公が学問に非常に長けた方でおられたことから、学業成就の神として受験生のお参りが非常に増えております。 さらに、楽翁公が白河在住の男性と会津の女性を引き合わせて縁を取り持ったということから、「縁結びの神」としても名高く、創建当時より神前結婚式が数多く行われております。
また、4月中旬になると南湖公園内のソメイヨシノや神社参道沿いの御神木「楽翁桜」が咲きだし、境内は参拝客であふれかえります。 「楽翁桜」は南湖公園築造当時に楽翁公によって植えられたと伝えられ、樹齢は約200年です。
また、南湖神社創建の時に桜の木が中央になるように参道を作ったといわれております。

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災や、令和3年2月13日の福島県沖地震により、南湖神社は甚大な被害を受けることとなりました。現在は多くの皆様からのご協賛をいただきながら、一日も早い完全復興を目指しています。

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬結婚式七五三御朱印お守り祭り

Wikipediaからの引用

概要
南湖神社(なんこじんじゃ)は、福島県白河市にある南湖県立自然公園(南湖公園)に鎮座する神社。祭神は松平定信。
歴史
歴史[編集] 後に初代宮司となる中目瑞男の呼びかけにより、地元市民や松平定信を崇敬する人々、また渋沢栄一の支援もあり、大正9年(1920年)5月10日に神社設立が認可され、大正11年(1922年)6月11日に竣工し、御鎮座大祭が行われた。
引用元情報南湖神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%8D%97%E6%B9%96%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=88856219

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー