御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

なんこじんじゃ

南湖神社の御由緒・歴史

公式福島県 白河駅

投稿する
0248233015

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

ご祭神《主》松平定信
創建時代1922年(大正11年)
ご由緒

当社の御祭神である松平定信公は26歳で白河藩主に就任されました。
その当時、天明の大飢饉に見舞われていましたが、定信公は、関西地方に使者を出して、食料を大量に買いこんで人々に施され、白河藩からは飢饉による死者を一人も出さなかったといわれています。 また、日本最古の公園である「南湖」を築庭し、身分制度の厳しい時代ながら一般庶民にも開放されるなど、様々な立派な施政を行われ名君と称えられております。
南湖神社は初代宮司である中目瑞男の呼びかけで、定信公の偉大な御遺徳を敬慕する白河市民を始め、各地の崇敬者の熱烈な至誠と、当時のわが国財界の巨頭であられた渋沢栄一先生のご尽力により、大正9年5月10日に神社設立が認可され、大正11年6月11日竣工・御鎮座大祭が執行されて今日に及んでおります。令和4年には御創建100周年を迎え、ご神威がますます輝きを増しているところです。
 諸願一切成就の神・守国大明神として白河地域の人々より篤い崇敬を集め、厄除開運・方位除けを始めとして、初宮詣・七五三交通安全・家内安全・商売繁盛などのご祈願をなさる方々で一年中参拝客が絶えることはありません。 近年は楽翁公が学問に非常に長けた方でおられたことから、学業成就の神として受験生のお参りが非常に増えております。 さらに、楽翁公が白河在住の男性と会津の女性を引き合わせて縁を取り持ったということから、「縁結びの神」としても名高く、創建当時より神前結婚式が数多く行われております。
また、4月中旬になると南湖公園内のソメイヨシノや神社参道沿いの御神木「楽翁桜」が咲きだし、境内は参拝客であふれかえります。 「楽翁桜」は南湖公園築造当時に楽翁公によって植えられたと伝えられ、樹齢は約200年です。
また、南湖神社創建の時に桜の木が中央になるように参道を作ったといわれております。

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災や、令和3年2月13日の福島県沖地震により、南湖神社は甚大な被害を受けることとなりました。現在は多くの皆様からのご協賛をいただきながら、一日も早い完全復興を目指しています。

歴史
歴史[編集] 後に初代宮司となる中目瑞男の呼びかけにより、地元市民や松平定信を崇敬する人々、また渋沢栄一の支援もあり、大正9年(1920年)5月10日に神社設立が認可され、大正11年(1922年)6月11日に竣工し、御鎮座大祭が行われた。
引用元情報南湖神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%8D%97%E6%B9%96%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=88856219

歴史の写真一覧

行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

めめ小バナー