御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※水天宮ではいただけません

すいてんぐう

水天宮

福岡県 久留米駅

9:00〜16:00(祈祷時間)

投稿する
0942-32-3207

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり

全国に数十社ある水天宮の総本宮。
そのため御朱印には「全國総本宮 水天宮」と墨書きされ、真ん中に御神紋の椿の朱印が押されています。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

第一・第二駐車場あり(臨時駐車場あり)

おすすめの投稿

yuka
2022年05月23日(月)
53投稿

久留米にドライブへ行った際に立ち寄りました。
眞木神社の御朱印もいただきました

水天宮の御朱印

御朱印

水天宮の鳥居水天宮の狛犬

手足の長い狛犬

水天宮の建物その他水天宮の本殿水天宮の狛犬

自分の痛い所を撫でると、痛みが消えるそうです。
撫でた後は、手の消毒をわすれずに💦

水天宮の歴史水天宮の建物その他水天宮の本殿
もっと読む
投稿をもっと見る(40件)

歴史

安徳天皇の母である高倉平中宮に使えていた女官、按察使局(あぜちのつぼね)伊勢は寿永4年(1185)、3月24日壇ノ浦の戦いの後、千歳川(現筑後川)の辺り鷺野ヶ原(さぎのがはら)に遁れて来て、建久初年(1190)初めて水天宮を祀った。伊勢は後に剃髪して名を千代と改める。周辺の民に請われ加持祈祷などを行っていたところ、霊験あらたかであったため、尊崇するものが日増しに多くなり、尼御前と称えられ、当初、水天宮は尼御前神社と呼ばれていた。

千代女は、中納言 平知盛(とももり)卿の孫、平右忠(すけただ)を養い後嗣とし、現在に至るまで子孫が代々宮司職をつとめている。第22代宮司である眞木和泉守は幕末の激しい動乱期に勤王派の旗頭として、王政復古に一生を捧げた明治維新の先覚者である。

その後、千代女逝去の後、里人その墓を営み松を植えて千代松明神とあがめ奉った。同女は大和国石上布留神社(現石上神宮)の神官の娘にして、墳墓は久留米市内アサヒシューズ株式会社の正門前に在り、奥津城祭(墓前祭)は毎年春に奉仕されている。

古来より水の神として農業・漁業・船舶業者のみならず、子供の守護神、安産、子授の神としても人々の信仰が篤く、畏くも明治天皇御降誕の砌、孝明天皇は当宮へ御祈誓遊ばされ御報賽として御安産の後、鳥の子餅を御内々に御献供遊ばされた。このように御霊験あらたかにより、明治元年10月3日、禁裏御祈祷所(勅願所)に仰せ付けられた名社である。[水天宮HPより抜粋]

歴史をもっと見る|
8

水天宮の基本情報

住所福岡県久留米市瀬下町265-1
行き方

JR九州新幹線・鹿児島本線久留米駅より徒歩10分

アクセスを詳しく見る
名称水天宮
読み方すいてんぐう
通称久留米水天宮
参拝時間

9:00〜16:00(祈祷時間)

参拝にかかる時間

約15分

参拝料

なし

トイレあり
御朱印あり

全国に数十社ある水天宮の総本宮。
そのため御朱印には「全國総本宮 水天宮」と墨書きされ、真ん中に御神紋の椿の朱印が押されています。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0942-32-3207
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://suitengu.net
おみくじあり

詳細情報

ご祭神天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
安徳天皇(あんとくてんのう)
高倉平中宮(たかくらたいらのちゅうぐう)
二位尼(にいのあま)
創建時代建久元年(1190年)
創始者按察使局伊勢
本殿切妻造
札所など

筑後地方三社巡り

ご由緒

安徳天皇の母である高倉平中宮に使えていた女官、按察使局(あぜちのつぼね)伊勢は寿永4年(1185)、3月24日壇ノ浦の戦いの後、千歳川(現筑後川)の辺り鷺野ヶ原(さぎのがはら)に遁れて来て、建久初年(1190)初めて水天宮を祀った。伊勢は後に剃髪して名を千代と改める。周辺の民に請われ加持祈祷などを行っていたところ、霊験あらたかであったため、尊崇するものが日増しに多くなり、尼御前と称えられ、当初、水天宮は尼御前神社と呼ばれていた。

千代女は、中納言 平知盛(とももり)卿の孫、平右忠(すけただ)を養い後嗣とし、現在に至るまで子孫が代々宮司職をつとめている。第22代宮司である眞木和泉守は幕末の激しい動乱期に勤王派の旗頭として、王政復古に一生を捧げた明治維新の先覚者である。

その後、千代女逝去の後、里人その墓を営み松を植えて千代松明神とあがめ奉った。同女は大和国石上布留神社(現石上神宮)の神官の娘にして、墳墓は久留米市内アサヒシューズ株式会社の正門前に在り、奥津城祭(墓前祭)は毎年春に奉仕されている。

古来より水の神として農業・漁業・船舶業者のみならず、子供の守護神、安産、子授の神としても人々の信仰が篤く、畏くも明治天皇御降誕の砌、孝明天皇は当宮へ御祈誓遊ばされ御報賽として御安産の後、鳥の子餅を御内々に御献供遊ばされた。このように御霊験あらたかにより、明治元年10月3日、禁裏御祈祷所(勅願所)に仰せ付けられた名社である。[水天宮HPより抜粋]

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬七五三御朱印お守り祭り花の名所札所・七福神巡り伝説

Wikipediaからの引用

概要
水天宮(すいてんぐう)は、福岡県久留米市にある神社。全国にある水天宮の総本宮。旧社格は県社。神社本庁の別表神社。 天御中主神・安徳天皇・高倉平中宮(建礼門院、平徳子)・二位の尼(平時子)を祀る。
歴史
歴史[編集] 社伝によれば、寿永4年(1185年)、高倉平中宮に仕え壇ノ浦の戦いで生き延びた按察使局伊勢が千歳川(現 筑後川)のほとりの鷺野ヶ原に逃れて来て、建久年間(1190年 - 1199年)に安徳天皇と平家一門の霊を祀る祠を建てたのに始まる[1]。伊勢は剃髪して名を千代と改め、里々に請われて加持祈祷を行ったことから、当初は尼御前大明神、尼御前神社、尼御前宮などと呼ばれた。そのころ、中納言平知盛の次男平知時の子右忠が肥後国から千代を訪れ、その後嗣とした。これが現在まで続く社家・真木家の祖先である。幕末の志士である真木保臣(真木和泉守)は第22代宮司であり、境内社・真木神社に祀られてい...Wikipediaで続きを読む
アクセス
交通アクセス[編集] 九州旅客鉄道(JR九州)九州新幹線・鹿児島本線久留米駅より徒歩10分または後述の路線バスに乗車。 西鉄久留米駅からは同駅1階のバスターミナルより西鉄バス40番長門石・目達原・神埼・佐賀方面(JR久留米駅経由)行きに乗車、梅林寺下車すぐ。 駐車場:有り
行事
祭事[編集] 筑後川花火大会 5月3日から7日 - 春大祭 7月21日 - 真木神社例祭 8月5日 - 筑後川花火大会 8月5日から7日 - 夏大祭 水天宮の例大祭は5月5日であり、縁日は毎月5日である。これについて当社では例大祭が5月5日であることから毎月の5日が縁日となったとしているが、東京水天宮では逆に毎月の5日が縁日であることから例大祭が5月5日となったとしている。
引用元情報水天宮 (久留米市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%B0%B4%E5%A4%A9%E5%AE%AE%20(%E4%B9%85%E7%95%99%E7%B1%B3%E5%B8%82)&oldid=88829680

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中