御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中※阿須賀神社ではいただけません

あすかじんじゃ

阿須賀神社

和歌山県 新宮駅

境内自由
資料館:9:00〜17:00

投稿する
0735-22-3986

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり

真ん中に阿須㚙神社と書かれ、熊野新宮阿須賀神社の印、左下に阿須賀神社の印が押されています。
熊野蓬莱山の御朱印や神代文字で書かれた御朱印もいただけます。

限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

境内に無料駐車場あり

巡礼

熊野曼陀羅三十三ヶ所霊場第23番札所

ご利益

おすすめの投稿

投稿をもっと見る(27件)

歴史

熊野川の河口近くに位置し「浅州処」を守護し航海・延命・生産・発育の御霊力を持つと言われています。第五代孝昭天皇五十三年三月の創祀と伝わり、古い記録には熊野権現は、初め神倉山に降り、次に阿須賀の森に移ったと記されています。新宮が初め書物に文字として登場したのは、熊野神邑でありますが、熊野神邑は当神社の古名であり、神威発祥の地として広く人々に敬われました。「中右記」「平家物語」にも当社への参詣記録が見えるなど、熊野詣の隆盛に伴い当社も発展してきました。歴代の有力者達からも深い信仰を集め、元享二年(1322)には阿須賀権現が現在の東京北区飛鳥山へ勧請されるなど全国各地に当社の末社が見られます。
境内からは、弥生〜古墳時代の住居跡や祭祀跡遺跡が発見され、社殿背後の蓬莱山から大量の御正体が出土しており、熊野最古の原始信仰形態を実証し、権現発祥源として確認されました。
また蓬莱山には、中国の秦時代に始皇帝の命を受け、不老不死の霊薬を求めて旅だった徐福の伝説が残っています。

歴史をもっと見る|
5

阿須賀神社の基本情報

住所和歌山県新宮市阿須賀1-2-25
行き方

JR紀勢本線「新宮駅」より徒歩10分

アクセスを詳しく見る
名称阿須賀神社
読み方あすかじんじゃ
通称阿須賀さん
参拝時間

境内自由
資料館:9:00〜17:00

参拝料

境内自由、資料館:大人210円・子供100円

トイレあり
御朱印あり

真ん中に阿須㚙神社と書かれ、熊野新宮阿須賀神社の印、左下に阿須賀神社の印が押されています。
熊野蓬莱山の御朱印や神代文字で書かれた御朱印もいただけます。

限定御朱印なし
御朱印帳なし
電話番号0735-22-3986
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご祭神《合》黄泉道守命,建角美命,《主》事解男之命,《配》熊野夫須美大神,家都御子大神,熊野速玉大神
創建時代孝昭天皇五十三年
札所など

熊野曼陀羅三十三ヶ所霊場第23番札所

文化財

阿須賀王子跡(国指定重要文化財)

ご由緒

熊野川の河口近くに位置し「浅州処」を守護し航海・延命・生産・発育の御霊力を持つと言われています。第五代孝昭天皇五十三年三月の創祀と伝わり、古い記録には熊野権現は、初め神倉山に降り、次に阿須賀の森に移ったと記されています。新宮が初め書物に文字として登場したのは、熊野神邑でありますが、熊野神邑は当神社の古名であり、神威発祥の地として広く人々に敬われました。「中右記」「平家物語」にも当社への参詣記録が見えるなど、熊野詣の隆盛に伴い当社も発展してきました。歴代の有力者達からも深い信仰を集め、元享二年(1322)には阿須賀権現が現在の東京北区飛鳥山へ勧請されるなど全国各地に当社の末社が見られます。
境内からは、弥生〜古墳時代の住居跡や祭祀跡遺跡が発見され、社殿背後の蓬莱山から大量の御正体が出土しており、熊野最古の原始信仰形態を実証し、権現発祥源として確認されました。
また蓬莱山には、中国の秦時代に始皇帝の命を受け、不老不死の霊薬を求めて旅だった徐福の伝説が残っています。

体験世界遺産御朱印博物館重要文化財アニメなどサブカル札所・七福神巡り伝説

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
慈眼寺リリー小バナー