御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※天沼八幡神社ではいただけません

あまぬまはちまんじんじゃ

天沼八幡神社

東京都 荻窪駅

投稿する
03-3398-2514

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

投稿をもっと見る(32件)

歴史

この神社は、『新編武蔵風土記稿』多摩郡天沼村の条に記載されている八幡社で、「除地、百五十坪、コレモ中谷戸ニアリ此所ノ鎮守ナリ本社ハ三尺四方ニテ覆屋二間ニ三間南向例祭九月ニテ下ノ稲荷十二所権現ト交ル々々行ヘリト云フ」とあるように、旧天沼村字中谷戸の鎮守で天正年間(1573-1591)の創建と伝えられています。
 主祭神は第十五代応神天皇(誉田別命)で、地元からは武運の神として崇敬を集めました。そして、明治40年(1907)9月には、字四面道の鎮守であった厳嶋神社(祭神市杵嶋比売命)が合祀されました。市杵嶋比売命は合祀以来、水神・安産の神として深く信仰され、雨乞いの行事なども古くから伝えられています。昭和2年(1927)4月には村社となりました。
 現在の本殿は昭和52年(1977)に、神楽殿は平成16年(2004)に改築が行われました。
 江戸時代に天沼村が麹町日枝神社(現、赤坂日枝神社)の社領であったため、日枝神社は古くから末社としてこの地に奉斎されました。日枝神社の他に、須賀神社・金山彦神社(以上合殿)があります。境内末社として他に、稲荷神社(三殿)、境内摂社として大鳥神社があります。
 大鳥神社(祭神日本武尊)は、商売繁盛の神社として信仰され、毎年11月の酉の日を祭日として熊手市がたち、当社では開運熊手守・福枡等を授与しています。社殿は平成28年(2016)に改築されました。

歴史をもっと見る|
3

天沼八幡神社の基本情報

住所東京都杉並区天沼2-18-5
行き方

JR荻窪駅北口から徒歩5分

アクセスを詳しく見る
名称天沼八幡神社
読み方あまぬまはちまんじんじゃ
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号03-3398-2514
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.amanumahachiman.jp

詳細情報

ご祭神《主》応神天皇,市杵島比売命
ご由緒

この神社は、『新編武蔵風土記稿』多摩郡天沼村の条に記載されている八幡社で、「除地、百五十坪、コレモ中谷戸ニアリ此所ノ鎮守ナリ本社ハ三尺四方ニテ覆屋二間ニ三間南向例祭九月ニテ下ノ稲荷十二所権現ト交ル々々行ヘリト云フ」とあるように、旧天沼村字中谷戸の鎮守で天正年間(1573-1591)の創建と伝えられています。
 主祭神は第十五代応神天皇(誉田別命)で、地元からは武運の神として崇敬を集めました。そして、明治40年(1907)9月には、字四面道の鎮守であった厳嶋神社(祭神市杵嶋比売命)が合祀されました。市杵嶋比売命は合祀以来、水神・安産の神として深く信仰され、雨乞いの行事なども古くから伝えられています。昭和2年(1927)4月には村社となりました。
 現在の本殿は昭和52年(1977)に、神楽殿は平成16年(2004)に改築が行われました。
 江戸時代に天沼村が麹町日枝神社(現、赤坂日枝神社)の社領であったため、日枝神社は古くから末社としてこの地に奉斎されました。日枝神社の他に、須賀神社・金山彦神社(以上合殿)があります。境内末社として他に、稲荷神社(三殿)、境内摂社として大鳥神社があります。
 大鳥神社(祭神日本武尊)は、商売繁盛の神社として信仰され、毎年11月の酉の日を祭日として熊手市がたち、当社では開運熊手守・福枡等を授与しています。社殿は平成28年(2016)に改築されました。

体験祈祷お祓いお宮参り結婚式七五三御朱印お守り

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年9月