御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※十楽寺ではいただけません

じゅうらくじ|真言宗単立光明山(こうみょうざん)

十楽寺

徳島県 麻植塚駅

投稿する
088-695-2150

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり

真ん中に無量寿、左下に十楽寺と書かれ、右上に四国第七番の印、真ん中に梵字の印、左下に光明山印が押されています。

限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

普通20台(無料)、大型5台(1000円)

十楽寺の基本情報

住所徳島県阿波市土成町高尾法教田58
行き方

徳島バス 鍛冶屋原線・石井上板線 「東原」下車 (0.8km)
6【安楽寺】より
(自家用車)約5分 約1km
(徒歩)約15分 約1km
8【熊谷寺】より
(自家用車)約10分 約4km
(徒歩)約1時間 約4.2km

アクセスを詳しく見る
名称十楽寺
読み方じゅうらくじ
参拝時間

7:00~17:00

トイレ駐車場にあり
御朱印あり

真ん中に無量寿、左下に十楽寺と書かれ、右上に四国第七番の印、真ん中に梵字の印、左下に光明山印が押されています。

限定御朱印なし
電話番号088-695-2150
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスinfo@jyuurakuji.com
ホームページhttp://jyuurakuji.com/

詳細情報

ご本尊阿弥陀如来
山号光明山(こうみょうざん)
院号蓮華院(れんげいん)
宗旨・宗派真言宗単立
創建時代大同年間(806〜810)
開山・開基弘法大師
札所など

四国八十八箇所第7番

ご由緒

寺は現在地から北3キロほど奥の十楽寺谷の堂ヶ原にあったと推定される。大同年間に弘法大師がこの地を巡教して逗留されたときに阿弥陀如来を感得し、如来像を刻んだのが本尊として祀られたと伝えられている。その際に、大師は生・老・病・死など人間として避けることのできない苦難に、10の光明と、輝く楽しみが得られるようにと「光明山十楽寺」の寺名を授けたといわれる。
創建からしばらくは、阿波の北方きっての広大な七堂伽藍を誇っていたが、天正10年(1528)長宗我部元親による兵火で、すべての堂塔が焼失した。幸い、本尊は時の住職が背負い難を免れたという。寛永12年(1635)に現在の地に移り、再建された。

さらに平成6年には立派な木造の本堂を建立。本堂左前にある「治眼疾目救歳地蔵尊」は、古くから眼病、失明した人たちの治療に霊験があるとされ、眼病に悩むお遍路さんの参詣が多い。また、中門遍照殿では、良縁を結び、悪縁を切る両方の願いを兼ね備えた、愛染明王が祀られており、ご祈願に訪れる人が絶えない。

体験御朱印宿坊札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー