参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

おんせんざん あんらくじ|高野山真言宗

温泉山 安楽寺(四国霊場第六番札所)

おんせんざん あんらくじ|高野山真言宗

温泉山 安楽寺(四国霊場第六番札所)

公式徳島県 牛島駅
板野郡上板町引野寺の西北8

7:00~17:00

御朱印あり
商売繁盛健康長寿病気平癒厄除け交通安全家内安全
四国八十八ヶ所霊場(お遍路)

現在の御朱印・御朱印帳

真ん中に薬師如来、左下に安楽寺と書かれ、右上に四国第六番の印、真ん中に梵字の印、左下に安楽寺の印が押されています。

御朱印をもっと見る(22枚)

四国でも数少ない宿坊のあるお寺です。
四国八十八ヶ所の宿坊の発祥とされ、山号は温泉山。四国をご修行中の弘法大師様が当地で温泉を発見され、病魔から人々を救う薬師如来様をおまつりされたのが始まりと伝えられています。
弘法大師様が温泉湯治のご利益を伝えたという全国でも珍しいお寺です。
現在も温泉のある宿坊として知られ、全国のお遍路さんに親しまれています。

行事

1月第2日曜日(予定) 結縁灌頂(仏様とご縁を結ぶ儀式:◎要予約)
1月後半(4泊5日) 教学講習会(弘法大師の教え・仏教の教えを学ぶ勉強会:◎要予約)
8月20日 ...

もっと見る(0枚)

オススメの投稿

1日目は安楽寺さんに泊まりました。 お遍路の先輩に教えて頂いてこちらに泊まったのですが、本当に良かったです。 1800から夕食のあと、1900から夜の…続きを読む

9

四国八十八箇所お遍路第6番札所、温泉山瑠璃光院安楽寺。弘法大師開基、ご本尊は弘法大師作の薬師如来。蜂須賀重政公(家紋は卍)により遍路宿として指定された。行脚中…続きを読む

13

四国88所巡礼で参拝。6番札所。 本尊は薬師如来。 815年弘法大師空海が開いたと伝わる。 弘法大師によって温泉湯治の利益が伝えられ、現在も境内地から温…続きを読む

11

四国霊場第六番札所、安楽寺です。「温泉山」という山号のとおり、大師堂前から湧き出る温泉が有名です。 宿坊に泊まる場合、ラジウム鉱泉入りの薬湯があるのでお遍路さ…続きを読む

第六番 温泉山 安楽寺 瑠璃光院 『おんせんざん あんらくじ るりこういん』 おん、ころころ、せんだり、まとぅぎ、そわか ココはけっこう好きなお寺…続きを読む

13

投稿をもっと見る(18件)

アクセス

住所板野郡上板町引野寺の西北8
Googleマップで地図を開く
エリア牛島駅
行き方

徳島バス 鍛冶屋原線・石井上板線 「東原」下車 (0.6km)
5【地蔵寺】より
(自家用車)約15分 約5km
(徒歩)約1時間15分 約5.3km
7【十楽寺】より
(自家用車)約5分 約1km
(徒歩)約15分 約1km

駐車場あり 普通80台 大型10台(無料)

基本情報

名称温泉山 安楽寺(四国霊場第六番札所)
読み方おんせんざん あんらくじ
通称お四国のはじめ薬師
檀家以外の参拝歓迎
参拝時間

7:00~17:00

参拝料

なし

トイレ駐車場と境内にあり
御朱印あり
御朱印帳あり
御朱印について

真ん中に薬師如来、左下に安楽寺と書かれ、右上に四国第六番の印、真ん中に梵字の印、左下に安楽寺の印が押されています。

電話番号088-694-2046
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
FAX088-694-5610
ホームページhttp://www.shikoku6.or.jp/
SNS

詳細情報

ご本尊本尊 薬師如来
山号温泉山(おんせんざん)
院号瑠璃光院(るりこういん)
宗旨・宗派高野山真言宗
創建時代弘仁6年(815)
開山・開基弘法大師
札所など

四国八十八箇所第6番
阿波北嶺薬師霊場第2番

文化財

安楽寺方丈(登録有形文化財)
古文書 丸山徳弥の文書、古文書 駅路寺、板額(上板町指定有形文化財)

ご由緒

『四國禮霊場記』(元禄2年=1689)には「医王の神化を人みな仰ぎ寺院繁栄に至り、十二宇門甍を接し鈴鐘のひびき絶える時なし…」と記され、その昔は阿讃の山麓から現在地まで寺域が点在し、戦国時代の兵火や明治維新の神仏分離令を経て現在に至っている。

ここ引野村には古くから温泉があり、安楽寺は弘法大師によって温泉湯治の利益が伝えられた旧跡で、山号は温泉山とされた。(現在も大師堂前から温泉が湧き出ている。)
桃山時代に阿波藩祖・蜂須賀家政公が「駅路寺」と定め、四国遍路や旅人の宿泊、茶湯接待の施設を置いた。その記録である「駅路寺文書」(慶長3年=1598)が今も残されており、宿坊は以来400年の歴史を有する。藩政時代は山門に蜂須賀家の家紋が入った雪洞が許され、寺域は殺生禁断とされた。茅葺き屋根の方丈は、250年前に蜂須賀公により寄進され、質素ながら堂々とした木造建築である。

愛知県尾西市の水谷しづさん(当時49歳)は、脊髄カリエスの難病にかかり床についていた。当寺の住職は、夫の繁治氏に病床で苦しむしづさんを伴い、四国遍路をすすめた。二人は遍路の旅を決行した。ところが不思議にも巡礼の途中に、しづさんの難病が快癒した。現在の本尊・薬師如来像は、その報恩のために奉納されたもので、43センチほどの古来の本尊は胎内仏として納められている。昭和37年のことである。

安楽寺には、運慶・快慶の流れをくむ慶派の京都大仏師・松本明慶師(1945〜)が無名時代から彫り続けた仏像六十体が各御堂に祀られている。大師堂の弘法大師像はじめ、愛染明王、不動明王などである。また、性霊殿には胎蔵曼荼羅・金剛界曼荼羅がかけられ、石の壁には「五筆和尚」と称された弘法大師のさまざまな筆法の書が刻まれている。

巡礼
ご利益
体験
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
お参りのあとは投稿をすると、住職さんも喜ばれるでしょう。
このお寺の情報は、お寺の方から提供されている正確な情報です。
最終更新: 2021年10月23日
神社寺院のホームページが無料でかんたんに>作れる!

アクセス

住所板野郡上板町引野寺の西北8
Googleマップで地図を開く
エリア牛島駅
行き方

徳島バス 鍛冶屋原線・石井上板線 「東原」下車 (0.6km)
5【地蔵寺】より
(自家用車)約15分 約5km
(徒歩)約1時間15分 約5.3km
7【十楽寺】より
(自家用車)約5分 約1km
(徒歩)約15分 約1km

駐車場あり 普通80台 大型10台(無料)

最新の徳島県のご案内

ホトカミを応援してくださっている皆様

特別スポンサー

何かお気づきの点はありますか?
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2021年10月