御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

いせじんじゃ

伊勢神社

公式栃木県 足利駅

授与所 午前9時から午後4時
出張祭典等で不在もあります。

投稿する
0284-41-5347

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり

ご利益

伊勢神社について

内宮・外宮・月讀宮がそろう「足利のお伊勢さん」として人々に親しまれている神社です。

おすすめの投稿

くし
2022年01月01日(土)
910投稿

2022年、明けましておめでとうございます.゚+.(・∀・)゚+.゚

実は平日完全テレワークになってから、寺社巡りはおろか近所に買い物にしか出掛けない完璧なヒッキーになってしまいまして(^^;
さらにこういう状態なので、巣籠もり需要でネットショッピングで大きい買い物とかしちゃったためお金もなく、12月は冠稲荷神社に一度行っただけ。

年が明けたら本気出す!ということで早速初詣に。

神宮大麻を更新したかったのでどうせならお伊勢様がいい、さらに月見祭の夜の雰囲気が抜群だったので、今年の真の初詣は足利伊勢神社に決めました。

ここは市街地で駐車場も狭いので、ゆく年くる年見ながら着替えて、乃木坂46とカウントダウンしながら0時を回ったら速攻でダッシュ!
・・・フッ 新年早々読み通り( ̄ー ̄)+
1台だけ駐車スペースが空いていて待たずに初詣できました☆

古札を納めて新しい神宮大麻を拝受。
神宮大麻ってのはおそらく神社本庁の希望小売価格みたいのはあるんでしょうが、基本オープン価格なのか神社によってマチマチですねw ここ単体で1200円でした。

伊勢神社自体の御札も拝受。
ここは主宰神がアマテラスなので、この御札には2つの解釈が可能。
1:どちらも天照大御神の御札だが、魂は共有してても別神格として具現化。
2:神宮大麻はアマテラス単体、伊勢神社の御札はアマテラスを初めとして豊受神や月読神などの合祀神、土地神などこの神社に纏わる全ての神力が詰まったもの。

普段、同じ神を祀ってる別の神社とか行く時は、私は1のアバター的設定の方が漫画やゲームっぽくて好きなんですがw 今回はお得な2の設定と考えたいと思いますwww

伊勢神社の御朱印

足利銘仙御朱印。
金泥の「初詣」と一月一日の日付けが眩しいw

伊勢神社の御朱印

神宮大麻
「御札・御守りの効力は一年」などというのは寺社のステマというのが私のスタンスですがw
なんとなく神威を恐れて大麻だけは変えてみたり(^^;

伊勢神社の御朱印

主神が天照大御神なので足利伊勢神社自体の御札はないのかな?と思ったのですがちゃんとありました
神棚に祀る時、産土神に当たる御札でしょう

伊勢神社の御朱印

神棚がいっぱいなので今年は御札減らす方向で行こうと思ったのですが、歳神様の御札が300円というリーズナブル価格、しかも剣型ということで手を出してしまった(^^;

伊勢神社の建物その他

久しく忘れていた神社のwktk感♪
いやぁ~神社って本当に良いものですね(byシベ超)

伊勢神社の建物その他

やっぱこの行灯が最高☆

伊勢神社(栃木県)

夜の花手水もなかなか

伊勢神社の本殿

賑々しさと荘厳の調和がこの神社の良いところ

伊勢神社(栃木県)

外宮行ってみよ~!

伊勢神社(栃木県)

豊受宮

伊勢神社(栃木県)

そして夜にもっとも相応しい月読宮
今年も良い歳でありますように!

もっと読む
投稿をもっと見る(29件)

歴史

当神社は、古来、足利庄伊勢宮として皇祖天照皇大神を奉斎して鎮祭され、足利、新田両家の尊崇を受け、鎌倉時代には源氏、殊に足利氏、尊氏、持氏、成氏等累代や衆庶の人々が連綿と崇敬され、足利尊氏の父貞氏の文書によれば、鑁阿寺の東南にある伊勢宮の勧請は、足利家の武運を祈るためのものであり先例に任せ怠慢なきようとの指示があり、この伊勢宮に由来するものと考えられる。それは古く平安時代の仁平元年(1151年)の創建と伝えられる。

歴史をもっと見る|
21

伊勢神社の基本情報

住所栃木県足利市伊勢町2-3-1
行き方

JR両毛線 足利駅から徒歩4分
足利ICより車で10分

アクセスを詳しく見る
名称伊勢神社
読み方いせじんじゃ
通称足利伊勢宮
参拝時間

授与所 午前9時から午後4時
出張祭典等で不在もあります。

御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0284-41-5347
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
おみくじあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神《主》天照皇大神、豊受大御神、月讀命
創建時代1151(仁平元年)
本殿神明造り
ご由緒

当神社は、古来、足利庄伊勢宮として皇祖天照皇大神を奉斎して鎮祭され、足利、新田両家の尊崇を受け、鎌倉時代には源氏、殊に足利氏、尊氏、持氏、成氏等累代や衆庶の人々が連綿と崇敬され、足利尊氏の父貞氏の文書によれば、鑁阿寺の東南にある伊勢宮の勧請は、足利家の武運を祈るためのものであり先例に任せ怠慢なきようとの指示があり、この伊勢宮に由来するものと考えられる。それは古く平安時代の仁平元年(1151年)の創建と伝えられる。

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬結婚式七五三御朱印お守り重要文化財祭り札所・七福神巡り

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年10月