御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※伊豆山神社ではいただけません

御朱印・御朱印帳

御朱印(1種類)

伊豆山神社の御朱印

300円

上部に剣に伊豆山神社の印、右下に関八州総鎮護の印が入っています。
伊豆山神社は、古くは伊豆御宮、伊豆大権現、走湯大権現、伊豆御宮とも走湯社とも称され、関八州総鎮護とされました。

御朱印帳(1種類)

オリジナル御朱印帳

1,500円
約16×11cm

黒色の地に、表面は大きく赤白二龍がデザインされ、左上に御朱印帳の文字、右上に強運の文字、裏面は上部に赤白二龍、下部に神紋と関八州総鎮護 伊豆山神社の文字が入っています。
火を操る赤龍と水を操る白龍の紅白二龍は、温泉の街である熱海の守護神でもあり、二龍の力を合わせて温泉を生み出すという神様です。
伊豆山神社は、伊豆御宮、伊豆大権現、走湯社とも称された. 強運守護、福徳和合、縁結びの神社です。

授与場所・時間

御朱印・御朱印帳ともに、本殿に向かって右側にある社務所でお受けできます。

御朱印の受付時間は9時~16時。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

御朱印をもっと見る|
124
御朱印について
御朱印
あり

上部に伊豆神社、右下に関八州総鎮護の印が押され、下部真ん中に奉拝と書かれています。
火の力を持った赤龍と水の力を持った白龍の、赤白二龍が描かれた御朱印帳があります。赤白二龍は温泉を生み出すという神様です。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり

ご利益

伊豆山神社について

困難をはねのけゴールイン⁉︎源頼朝と北条政子が結ばれた場所


見るべき3つのスポットを紹介します。
1つ目は、腰掛け石です。腰掛け石は頼朝と政子がまさに腰をかけ、愛を育んだそう。実際に腰をかけることはできませんが、エネルギーをもらえるかもしれませんね。
2つ目は、梛の木です。実際に政子も頼朝と自分の名前を葉に刻み、ご利益を願ったようです。
3つ目が結明神社です。ここは男女の縁結びを叶えてくれる神様を祀る神社とされ、多くの方から人気とされています。

おすすめの投稿

食いしん坊藤四郎
2018年07月18日(水)
138投稿

長い長い階段へ上り、伊豆山神社へ。
伊豆山神社はかつて伊豆御宮、伊豆大権現、走湯大権現、走湯宮とも称されていた強運守護、福徳和合、縁結びの神様の祀られている神社です。

なので、お守りや御朱印にも【強運】の文字が。

手水舎には赤と白の二匹の龍がいますが白い龍は水を、赤い龍は火を司っていて、二龍で温泉生み出している温泉の守護神です。

ここは近くに来宮神社がありますが、あちらの方がどちらかというとカフェもありインスタ映えなんかで有名なので人が多かった印象ですが、個人的にはこちらのほうがパワーを感じました。
ゆっくり参拝できるので、パワーを頂きたいならばこちらの方がオススメです。あと、本殿の横には市立の郷土資料館もあり、源頼朝や北条政子の縁の地である品が拝めます。
中は広くないので、沢山展示物はありませんが見慣れない方はあんまり見ると疲れるので、丁度いい量かと。
私がよく古美術品の展示を観に行くというと「私はそんなに詳しくないので〜」といいながらも、とても熱量のある丁寧な説明をしてくださいました。
そして、こんな面白いことも聞いてきました。

所蔵品の北条政子が夫の一周忌に作った曼荼羅の刺繍の編み込まれた北条政子の毛髪を少しだけ採取してDNA鑑定した結果、北条政子はO型だったそうです。

是非ともお時間のある方はゆっくり回って見てください。

伊豆山神社の建物その他

紫陽花の咲く、長い階段を登ります

伊豆山神社の手水

赤と白の龍が手水舎を守っています

伊豆山神社の本殿

なんとも威厳のあるお社です。ピン、と張り詰めた雰囲気がありました。

伊豆山神社(静岡県)

授けて頂いたお守りと御朱印帳。

伊豆山神社(静岡県)

御朱印帳の表裏はこんな感じ

伊豆山神社の御朱印
もっと読む
佐久屋さく
2020年01月01日(水)
123投稿

2020年の初詣に、18きっぷ片手にお参りしました。

以前より階段が厳しいと言われていて、バスで行こうか悩みましたがチャレンジしてみました(笑)。

大半のかたは駐車場とバス停から登って行きますが、自分が上った地点は走湯温泉浴場の近くからです。

段差は急ではなく登りやすいですが、一本道なので心が折れます(笑)。
伊豆半島自体が急な崖が多いので、登るのは仕方がないだろうなあと思いつつ、途中で暑くなってセーター脱ぎつつ、頭から湯気が出るくらいの汗をかきながら登りました。

景色はその分最高に良いので、休み休み登るといいかと思います。

登りきってからふと、ここで頼朝たち本当に逢い引きしてたのか。。。(;´д`)と思うくらいの高いところに拝殿あります(景色は抜群に良いです。馬で駆ってきたんだろうけどなあ、当時の武士なら 笑)。

拝殿は正面に龍と龍門の鯉の彫刻が配置されていて、いかにも強運の神社という感じでした。

またここは裏手の道からさらに上にある本宮までの道があり、約一時間くらいで行けるそうです。
ただ修験道の名残の道のため、道が険しそうなので途中で断念しました。

今度は本宮までお参りにいこうかと思ってます。

伊豆山神社の建物その他

ここからスタートしました。

伊豆山神社の景色

振り返ったときの景色が綺麗でした。

伊豆山神社の鳥居

ここの地点から登る人がほぼでした。

伊豆山神社の建物その他伊豆山神社の芸術

拝殿正面上の彫刻。ここに持ってくるのが珍しいなあと思ってました。

伊豆山神社の建物その他
もっと読む
投稿をもっと見る(92件)

例祭・神事

4月15日 例祭

例祭・神事をもっと見る|
1

歴史

関八州総鎮護 伊豆山神社由緒
社格:旧国幣小社
例祭:四月十五日(定日)
伊豆山神社はかつて「伊豆大権現」「走湯大権現」「伊豆御宮」などと称され、略して「走湯山」「伊豆山」と呼ばれ親しまれてきました。強運守護、福徳和合、縁結び、天下取りの神様で、境内は歌枕に名高い「伊豆の御山」子恋の森の一部になります。
祭祀の始まりは遥か上古に遡り、本殿に祀られている木造男神像(平安時代中期、日本最大の神像)は、『走湯山縁起』が応神天皇の御代に相模国大磯に出現し、仁徳天皇の御代に日金山に飛来し祀られたという伊豆大神の御神影をあらわしています。
その神威の源は湧き出づる霊湯「走り湯」です。走湯大権現はこれを神格化した呼び名で、伊豆の国名は湯出づる神である当社の神徳に由来します。
神威の被るところは、沖合に浮かぶ初島をはじめとする伊豆の島々、伊豆半島、共に二所といわれた箱根や富士山に及びます。後白河院御撰『梁塵秘抄』に「四方の霊験所」のひとつと謳われたように、平安時代後期には山岳修験霊場として名を馳せ、顕密神道を学ぶ名高い道場となりました。熊野信仰とも結びつき、全国に末社が祀られています。
平安時代後期、伊豆山で修行して富士登拝を重ね、後に富士上人と呼ばれた末代上人は、鳥羽上皇はじめ貴族と民衆を勧進し、富士山に一切経を奉納する偉業を達成しました。伊豆山から富士につながる修行の道は、その後平治の乱によって伊豆国蛭ヶ小島に配流された源頼朝が北条政子と共に当社に深い信仰を寄せ、当社の加護のもとに平家を打倒し、鎌倉幕府を樹立して征夷大将軍となるに至る、いわば東国王権神話とも呼ぶべき歴史の舞台となります。箱根神社と共に鎌倉将軍の参詣する二所詣の聖地となった当社はますますの威光を輝かしました。この時に鎌倉幕府より「関八州総鎮護」の格を賜ります。その後も格別の尊祟を集め、戦国時代には小田原北條氏、江戸時代には徳川将軍も崇敬して興隆がはかられました。武家が誓いを立てる時の「起請文」には誓詞証明の社として、当社の名が必ず連ねられました。
そうした神徳を讃え、鎌倉三代将軍源実朝が参詣の途に詠じた和歌は『金槐和歌集』に収められています。平安時代の女流歌人として名高い相模や鎌倉時代の阿仏尼も、参詣して百首和歌を奉納しました。その伝統は、仲秋の名月に熱海市が主催する「伊豆山歌会」に受け継がれています。
明治時代の神仏分離令により、名を伊豆山神社と改称されてからも、伊豆大神の神威は絶ゆる事なく、大正三年一月十三日には皇太子であられた昭和天皇、昭和五十五年九月十二日には当時皇太孫であられた今上陛下が御参拝になられました。
平成二十三年九月十九日には、新たに『走湯山秘訣絵巻』が奉納されました。関八州総鎮護伊豆山神社の歴史は、東日本大震災からの復興、ひいては日本と世界の平和の歩みを支え、未来永劫に築かれていきます。

歴史をもっと見る|
28

伊豆山神社の基本情報

住所静岡県熱海市伊豆山708-1
行き方

熱海駅より伊豆山神社行き、または七尾循環で約7分

アクセスを詳しく見る
名称伊豆山神社
読み方いずさんじんじゃ
参拝時間

9:30〜16:30

参拝料

なし

御朱印あり

上部に伊豆神社、右下に関八州総鎮護の印が押され、下部真ん中に奉拝と書かれています。
火の力を持った赤龍と水の力を持った白龍の、赤白二龍が描かれた御朱印帳があります。赤白二龍は温泉を生み出すという神様です。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
ホームページhttp://izusanjinjya.jp/
おみくじあり
お守りあり
絵馬あり

詳細情報

ご祭神伊豆大神
火牟須比命
正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊
拷幡千千姫尊
天津彦彦火瓊瓊杵尊
ご由緒

関八州総鎮護 伊豆山神社由緒
社格:旧国幣小社
例祭:四月十五日(定日)
伊豆山神社はかつて「伊豆大権現」「走湯大権現」「伊豆御宮」などと称され、略して「走湯山」「伊豆山」と呼ばれ親しまれてきました。強運守護、福徳和合、縁結び、天下取りの神様で、境内は歌枕に名高い「伊豆の御山」子恋の森の一部になります。
祭祀の始まりは遥か上古に遡り、本殿に祀られている木造男神像(平安時代中期、日本最大の神像)は、『走湯山縁起』が応神天皇の御代に相模国大磯に出現し、仁徳天皇の御代に日金山に飛来し祀られたという伊豆大神の御神影をあらわしています。
その神威の源は湧き出づる霊湯「走り湯」です。走湯大権現はこれを神格化した呼び名で、伊豆の国名は湯出づる神である当社の神徳に由来します。
神威の被るところは、沖合に浮かぶ初島をはじめとする伊豆の島々、伊豆半島、共に二所といわれた箱根や富士山に及びます。後白河院御撰『梁塵秘抄』に「四方の霊験所」のひとつと謳われたように、平安時代後期には山岳修験霊場として名を馳せ、顕密神道を学ぶ名高い道場となりました。熊野信仰とも結びつき、全国に末社が祀られています。
平安時代後期、伊豆山で修行して富士登拝を重ね、後に富士上人と呼ばれた末代上人は、鳥羽上皇はじめ貴族と民衆を勧進し、富士山に一切経を奉納する偉業を達成しました。伊豆山から富士につながる修行の道は、その後平治の乱によって伊豆国蛭ヶ小島に配流された源頼朝が北条政子と共に当社に深い信仰を寄せ、当社の加護のもとに平家を打倒し、鎌倉幕府を樹立して征夷大将軍となるに至る、いわば東国王権神話とも呼ぶべき歴史の舞台となります。箱根神社と共に鎌倉将軍の参詣する二所詣の聖地となった当社はますますの威光を輝かしました。この時に鎌倉幕府より「関八州総鎮護」の格を賜ります。その後も格別の尊祟を集め、戦国時代には小田原北條氏、江戸時代には徳川将軍も崇敬して興隆がはかられました。武家が誓いを立てる時の「起請文」には誓詞証明の社として、当社の名が必ず連ねられました。
そうした神徳を讃え、鎌倉三代将軍源実朝が参詣の途に詠じた和歌は『金槐和歌集』に収められています。平安時代の女流歌人として名高い相模や鎌倉時代の阿仏尼も、参詣して百首和歌を奉納しました。その伝統は、仲秋の名月に熱海市が主催する「伊豆山歌会」に受け継がれています。
明治時代の神仏分離令により、名を伊豆山神社と改称されてからも、伊豆大神の神威は絶ゆる事なく、大正三年一月十三日には皇太子であられた昭和天皇、昭和五十五年九月十二日には当時皇太孫であられた今上陛下が御参拝になられました。
平成二十三年九月十九日には、新たに『走湯山秘訣絵巻』が奉納されました。関八州総鎮護伊豆山神社の歴史は、東日本大震災からの復興、ひいては日本と世界の平和の歩みを支え、未来永劫に築かれていきます。

体験祈祷おみくじお祓い絵馬御朱印博物館お守り重要文化財武将・サムライ

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー