御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※園城寺(三井寺)ではいただけません

おんじょうじ(みいでら)|天台寺門宗長等山

園城寺(三井寺)

滋賀県 三井寺駅

投稿する
077-522-2238

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印・御朱印帳

御朱印(6種類)

園城寺(三井寺)では、「大悲殿」、「黄不動尊」、「釈迦如来」、「弥勒佛」、「無量寿」、「御詠歌」の6種類の御朱印をいただけます。
また、行事に合わせた御朱印が頒布されています。

大悲殿の御朱印

300円
記念印の押印は2022年3月31日まで

真ん中に大悲殿と書かれ、右上に西國十四番の印、真ん中に三井寺の文字が入った蓮華座に梵字(如意輪観音)の火焔宝珠印、左上に三井の晩鐘のイラストが入った西国三十三所草創一三〇〇年の三井寺記念印、左下に三井寺の文字、長等山三井寺の印が押されています。
如意輪観音坐像は西国三十三所観音霊場第十四番札所正法寺(三井寺観音堂)の本尊で、衆生に財宝を与え煩悩を破る仏として厚く信仰されてきました。

黄不動尊の御朱印

300円

真ん中に黄不動尊と書かれ、右上に長等山の印、真ん中に蓮華座に梵字(不動明王)の宝珠印、左に総本山三井寺の文字、左下に三井寺の印章が押されています。
修行中の智証大師の眼前に魁偉奇妙な金人が現れ、その姿を写し取ったとされる国宝「金色不動明王画像(黄不動尊)」は、伝法灌頂(でんぼうかんじょう)の受者しか拝することが許されない秘仏となっており、唐院大師堂に安置されています。

釈迦如来の御朱印

300円

真ん中に釈迦如来と書かれ、右上に長等山の印、真ん中に釋迦堂と書かれた蓮華座に梵字(釈迦如来)の火焔宝珠印、左下に三井寺の文字、三井寺釋迦堂の印が押されています。
室町時代に建立されたと伝わる三井寺釋迦堂では、本尊「清凉寺式釈迦如来像」が祀られています。

弥勒佛の御朱印

300円

真ん中に弥勒佛と書かれ、右上に鎮國道場の印、真ん中に蓮華座に梵字(弥勒菩薩)の火焔宝珠印、左下に三井寺の文字、三井寺金堂の印が押されています。
三井寺金堂の本尊である秘仏「弥勒佛」は、用明天皇の時に百済より渡来して以来1300余年にわたり一度も御開帳されたことがない絶対秘仏として信仰されています。

無量寿の御朱印

300円

真ん中に無量寿と書かれ、右上に倶會一處の印、真ん中に蓮華座に梵字(阿弥陀如来)の火焔宝珠印、左に三井寺の文字、左下に長等山三井寺の印が押されています。
無量寿とは阿弥陀如来のことで、阿弥陀如来の寿命が無量であるという意味です。
倶會一處(くえいっしょ)とは『仏説阿弥陀経』に出てくる御文で、同じ阿弥陀様の浄土でまた共に会わせていただくという意味です。

西国三十三所第十四番札所御詠歌の御朱印

300円
記念印の押印は2022年3月31日まで

御詠歌「いで入るや 波間の月を 三井寺の 鐘のひびきに あくる湖」が書かれ、右上に西國十四番の印、真ん中に三井寺の文字が入った蓮華座に梵字(如意輪観音)の火焔宝珠印、左上に三井の晩鐘のイラストが入った西国三十三所草創一三〇〇年の三井寺記念印、左下に長等山三井寺の印が押されています。
西国三十三所は近畿圏を包括する日本最古の観音巡礼路で、第十四番札所御詠歌の意味は「三井寺の鐘の響きによって心の波も治まり、鏡のような湖面に映し出されるように心奥の浄菩提心も明確に見ることができるであろう」です。

限定御朱印(3種類)

智証大師の特別御朱印

300円

真ん中に智証大師と書かれ、右上に長等山の印、真ん中に「菊座橘の芯に十六八重菊紋」の印、左下に三井三井寺の文字、長等山三井寺の印が押されています。
三井寺の開祖である智証大師は、唐に渡って梵字悉曇(ぼんじしったん)、台教、密教などを学び、唐から持ち帰った四百四十一部一千巻の貴重な経典類を唐院に収蔵し、天台寺門の根本道場とされました。

鬼子母神の特別御朱印

300円

真ん中に鬼子母神と書かれ、右上に長等山の印、真ん中に三井寺の文字が入った蓮華座に梵字(鬼子母神)の火焔宝珠印、左下に三井寺の文字、三井寺の印章が押されています。
護法善神堂の本尊は、護法善神として鬼子母神を祀っています
鬼子母神は、智証大師が子供の頃と入唐後に姿をあらわした訶梨帝母(かりていも)の事で、もともと人間の児を奪い食する悪鬼だった訶梨帝母は釈迦によって改心し子供の守護神となり、園城寺では智証大師の護法神として特に篤い信仰を集めています。

新羅明神の特別御朱印

300円

真ん中に新羅明神と書かれ、右上に長等山麓の勾玉印、真ん中に新羅明神の印、左下に三井寺の文字、新羅善神堂の印が押されています。
新羅善神堂には、国宝の秘仏「新羅明神坐像」が三井寺の守護神として祀られています。
園城寺龍華会縁起によると、智証大師が唐からの帰途、老翁が船中に現れて自ら新羅明神と名乗り、教法加護を約束したと言われています。

御朱印帳(1種類)

園城寺(三井寺)では、オリジナル御朱印帳が2色頒布されています。

オリジナル御朱印帳

1,000円
約18×12cm
緑、黄

緑色の地に、表面は上部に「菊座橘の芯に十六八重菊」紋、左上に納経帖の文字、裏面は真ん中に三井寺の印章が入っています。

オリジナル御朱印帳

1,000円
約18×12cm
緑、黄

黄色の地に、表面は上部に「菊座橘の芯に十六八重菊」紋、左上に納経帖の文字、裏面は真ん中に三井寺の印章が入っています。

授与場所・時間

御朱印・御朱印帳ともに、金堂、釈迦堂、観音堂、(行事によっては、唐院、新羅善神堂、護法善神堂)でお受けできます。

御朱印の受付時間は8時~17時。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

御朱印をもっと見る|
321
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

有料駐車場あり

巡礼

春の京阪・御朱印めぐり2021神仏霊場巡拝の道西国三十三所霊場
西国三十三所観音霊場第十四番札所
近江西国三十三観音霊場第五番札所
西国薬師四十九霊場第四十八番札所
江州三十三観音霊場第三番・第四番札所
湖国十一面観音菩薩霊場第一番札所
びわ湖百八霊場第五番・第六番札所
神仏霊場巡拝の道第百四十七番札所

園城寺(三井寺)について

国宝・重要文化財は百余点を数える天台寺門宗の総本山


西国三十三カ所第十四番札所

おすすめの投稿

佐久屋さく
2019年04月17日(水)
123投稿

三井寺は高校時代の古典のなんとなく覚えていた寺でした。(三井寺の和尚が。。。って文章があった記憶)

正式名称は行くことになってから知りました。
琵琶湖疎水と共に楽しみにしていた寺です。

京阪の三井寺駅から琵琶湖疎水に沿って進むのですが入り口が2ヶ所あり、私が着いたのは裏口に当たるところらしい。
入り口のおばちゃんに琵琶湖疎水の満開の時期のほうが素晴らしかったことや、東京なら2000円くらいする襖絵を200円で観られるからお得やでぇ(原文)、と収蔵庫のセット券を勧められたり(笑)、今日はいい天気やから琵琶湖が綺麗にみえるよう、と見送られて階段を登る。

大津京の宮殿の離宮から始まった寺で、観音堂からの琵琶湖はとても眺めが良かった。
また西国三十三ヵ所巡りの一団と遭遇。
先程石山寺の方っぽい。
入り口のおばちゃん曰く、バス用駐車場がある関係で入り口が2ヶ所あるそうで、自分が来たところは観音堂の最短口、バスのほうは本堂が最短だそうな。
反対側から来たからバスかな。

桜は散ってましたけど、垂れ桜がまだ満開でした。
本堂へ向かう途中、ロケのため足止めを食らう。
大河かなあ?と眺めていたら、
あれ?何か見たことある衣装?大河じゃない。。。もしかして、と思っていたら若い娘さんが「るろ剣だー」といっていた(笑)。

本堂の近くに有名な三井の晩鐘、本堂の裏に閼伽井の泉(天智・天武・持統天皇の産湯と伝わる泉)は未だに湧いているようで、こぽ、こぽ、と音がしていた。

回りきれなかったので、次回は全てのお堂を制覇したいなあ。
収蔵庫の狩野光信の襖絵はとても見応えありました。
お値段以上だった(笑)。

園城寺(三井寺)の周辺

琵琶湖疎水。
桜は散ってましたけど、いい風景。

園城寺(三井寺)の建物その他

ここが裏口というか、徒歩で来た方がくる口と言っていた。

園城寺(三井寺)の本殿

観音堂。

園城寺(三井寺)の景色

琵琶湖。
いい眺めだなあ。
1400年くらい前からここからみていた人がいたんだと感慨深くなる。

園城寺(三井寺)の庭園

垂れ桜が見事でした。

園城寺(三井寺)の自然園城寺(三井寺)の建物その他

上映されたら、ロケ地として盛り上がるのかなあ。

園城寺(三井寺)の本殿

金堂。
素敵すぎた。

園城寺(三井寺)の自然

シャガが咲き始めてた。

園城寺(三井寺)の建物その他

引き摺り鐘。
傷が生々しい。
それ以上に大津周辺は源氏(武士のほう)のネタが豊富にあって楽しい。

園城寺(三井寺)(滋賀県)

左上の判は限定だと気づいた瞬間。

もっと読む
惣一郎
2021年06月11日(金)
956投稿

園城寺(おんじょうじ)は、滋賀県大津市にある天台寺門宗の総本山の寺院。山号は長等山(ながらさん)。本尊は弥勒菩薩。西国三十三所14番札所で、札所本尊は如意輪観世音菩薩。日本三不動の一つである<黄不動>で知られる。なお、一般には「三井寺(みいでら)」の名称で知られる。

当寺は、飛鳥時代の7世紀に大友氏の氏寺として草創され、平安時代の9世紀に唐から帰国した留学僧・円珍(天台寺門宗宗祖)によって再興された。平安時代以降、皇室、貴族、武家など幅広く信仰を集め栄えたが、10世紀ごろから比叡山延暦寺との対立抗争が激化し、たびたび焼き討ちにされた。近世には豊臣秀吉によって寺領が没収され廃寺同然となったこともあるが、こうした苦難の都度復興されてきたことから「不死鳥の寺」と称されている。

当寺は琵琶湖の南西端にあり、京阪石山坂本線・三井寺駅から西に1kmほどの位置にある。小山の山裾に山門があって、境内は広く段々になっている。

参拝時は週末の午後で、琵琶湖のほとりのアクセスが容易な場所にあることもあり、地元の人気の観光地なのか、参拝者が老若男女問わず非常に多かった。

※さすが天下の三井寺、時間を掛けてしっかり見て廻ったつもりでも、後から写真を見直して調べると、見落とした箇所が多数ある。素晴らしい寺院につき、要再参拝...笑

園城寺(三井寺)(滋賀県)

境内の入口に建つ<大門(仁王門)>。1452年に常楽寺(滋賀県湖南市)にて建立、豊臣秀吉が伏見城に移築、それを1601年に徳川家康が三井寺に寄進したもの。写真右側の岩には<園城寺>の文字、大門に掛かる提灯には<三井寺>の文字。

園城寺(三井寺)の山門

<大門>は三間一戸、檜皮葺の楼門。国指定の重要文化財。

園城寺(三井寺)の建物その他

仁王門の左側を抜けると<拝観受付>。

園城寺(三井寺)の末社

まず参道右側に建つ<釈迦堂(食堂)>。室町時代の建築で御所の清涼殿を下賜されたもの。国指定の重要文化財。

園城寺(三井寺)(滋賀県)

釈迦堂正面。奥に見える本尊は<清凉寺式釈迦如来>。こちらで釈迦如来の御朱印を拝受できる。

園城寺(三井寺)の末社

釈迦堂に向かって左側に建つ<辯財天社>。

園城寺(三井寺)の建物その他

参道に戻って西に進む。

園城寺(三井寺)の手水

参道左手にある<水屋>。

園城寺(三井寺)の本殿

参道の階段を上がると、園城寺全体の中心堂宇である、国宝<金堂>の右側面に出る。現在の金堂は安土桃山時代の1599年、高台院(豊臣秀吉の正室北政所)による再建。

園城寺(三井寺)の建物その他

金堂正面。正面七間、側面七間、一重、入母屋造、向拝一間、檜皮葺。内部には、本尊で秘仏の弥勒菩薩が安置されている。こちらで弥勒仏の御朱印を拝受できる。

園城寺(三井寺)の建物その他

金堂の左側面。横に建つ小さな建物は<閼伽井屋>。1600年建立。国指定の重要文化財。

園城寺(三井寺)(滋賀県)

閼伽井屋の内部。岩組から冷戦が湧出し、天智天皇、天武天皇、持統天皇の三帝が産湯に使ったことから「御井」「三井」と呼ばれ、当寺は「御井寺」「三井寺」と呼ばれるようになった。

園城寺(三井寺)(滋賀県)

金堂の裏手山側にある<熊野権現社>。三井修験道の鎮守神。建物は1837年の再建。

園城寺(三井寺)の末社

階段を上がってすぐ右側、金堂の裏手に建つ<教待堂>。教待和尚を祀る。

園城寺(三井寺)の建物その他

階段を上がってすぐ左側、金堂の右側に建つ<納経所>。

園城寺(三井寺)(滋賀県)

納経所の右側に建つ<鐘楼>。1602年建立。国指定の重要文化財。
内部の梵鐘は近江八景「三井の晩鐘」で知られており、平等院鐘、神護寺鐘とともに日本三名鐘に数えられる。

園城寺(三井寺)(滋賀県)

金堂の正面から見た順路。ここから南に向かって大参道になっている。ちょうど桜が満開。

園城寺(三井寺)の本殿

あらためて<金堂>正面。豪壮で威風堂々とした、美しい桃山形式の和様仏堂。

園城寺(三井寺)の建物その他

大参道を進んで右(西)方向に曲がるとさらに一段上に上がる階段がある。

園城寺(三井寺)の建物その他

階段上がってすぐの場所にある<一切経蔵>。1602年に毛利輝元が移築。三井寺唯一の禅宗様建築。国指定の重要文化財。

園城寺(三井寺)の建物その他

階段を上がって右方向にある<霊鐘堂>。

園城寺(三井寺)(滋賀県)

霊鐘堂の内部には、<弁慶の汁鍋>(手前)と<弁慶の引き摺り鐘>(奥)が安置されている。<弁慶の引き摺り鐘>は武蔵坊弁慶が三井寺から奪って比叡山へと引き摺り上げたという逸話があり、国指定の重要文化財となっている。

園城寺(三井寺)の建物その他

階段を上がって左方向にある<三重塔>。1601年に徳川家康が寄進した仏塔。国指定の重要文化財。

園城寺(三井寺)の建物その他

<唐院潅頂堂(とういんかんじょうどう)>。三井寺の開祖、智証大師の御廟。三井寺の中で最も清浄な聖域。

園城寺(三井寺)(滋賀県)

唐院潅頂堂の左側に建つ<長日護摩堂>。1666年に後水尾上皇の寄進で再建。本尊は不動明王。長日護摩供を行う道場。

園城寺(三井寺)の山門

唐院の入口に建つ<唐院四脚門>。1624年の建築。

園城寺(三井寺)(滋賀県)

大参道に戻ると、<村雲橋>のそばの枝垂れ桜が満開で、大勢の観光客が集まっている。

園城寺(三井寺)の建物その他

大参道の南側突き当りに見える<微妙寺>。平安時代中期994年に慶祚阿闍梨によって創建された三井寺の五別所の一つ。

園城寺(三井寺)の本殿

微妙寺正面。本尊は十一面観世音菩薩。「笠ぬげの観音さま」と呼ばれる。こちらで十一面観音の御朱印と、日本三不動の黄不動尊の御朱印を拝受できる。

園城寺(三井寺)(滋賀県)

この後、参道は緩やかに左に曲がって行く。参道右側にある<天台智者大師像>。

園城寺(三井寺)の建物その他

参道右側に現れる<弁慶力餅>の茶屋。

園城寺(三井寺)の仏像

参道左側の<衆宝観音>。三十三観音の一つ。財運、福徳、出世の観音様とのこと。

園城寺(三井寺)(滋賀県)

江戸時代初期1616年建立の<毘沙門堂>。1956年に現在地に移築。1989年に往時の彩色が復元された。国指定の重要文化財。

園城寺(三井寺)の末社

参道左側(山側)に現れる<十八明神社>。山内の土地・伽藍の守護。

園城寺(三井寺)の建物その他

参道の突き当りに、観音堂への階段が現れる。

園城寺(三井寺)の本殿

階段を上がり切ると建物が集まっていて、その中心にあるのが<観音堂>。平安時代後期1072年の創建。現在の建物は江戸時代1689年の再建。

園城寺(三井寺)の手水

まずは観音堂の正面にある<水屋>。六角屋根になっている。

園城寺(三井寺)の本殿

観音堂正面。本尊の如意輪観音坐像は、国指定の重要文化財。西国三十三所観音霊場の14番札所はこちら。

園城寺(三井寺)の本殿

観音堂内部。本尊を祀る「正堂」と外陣に相当する「礼堂」を「合の間」で繋ぐ構造になっている。

園城寺(三井寺)の建物その他

階段を上がって右側にある<鐘楼>。江戸時代後期の1814年上棟。

園城寺(三井寺)(滋賀県)

階段を上がって左側にある<百体観音堂>。

園城寺(三井寺)の建物その他

百体観音堂の隣にすごい行列になっているのが<観月舞台>。

園城寺(三井寺)(滋賀県)

行列の理由は、観月舞台の床が鏡のように磨かれていて、桜が反射してインスタ映えするためらしい。一人で並ぶのも寂しいのでパス...

園城寺(三井寺)の景色

観音堂境内は、琵琶湖と大津市街が一望できる、昔からの景勝地。

園城寺(三井寺)の建物その他

観音堂から階段を下って、園城寺別所<水観寺>。平安時代後期1028年、園城寺長吏・明尊大僧正が開基。

園城寺(三井寺)の本殿

本尊は薬師瑠璃光如来で、脇侍は日光菩薩、月光菩薩、十二神将。こちらで薬師如来の御朱印を拝受できる。

園城寺(三井寺)(滋賀県)

本堂の左側に安置されている<三福神>。左から順に大黒天、弁才天、毘沙門天。

もっと読む
投稿をもっと見る(111件)

歴史

667年に天智天皇により飛鳥から近江に都が移され、近江大津京が開かれました。
672年、前年の天智天皇の永眠後、大友皇子(天智天皇の子:弘文天皇)と大海人皇子(天智天皇の弟:天武天皇)が 皇位継承をめぐって争い、壬申の乱が勃発。 壬申の乱に敗れた大友皇子の皇子の大友与多王は父の霊を弔うために 「田園城邑(じょうゆう)」を寄進して寺を創建し、 天武天皇から「園城」という勅額を賜わったことが園城寺の始まりとされています。
勝利をおさめた大海人皇子は再び飛鳥に遷都し、近江大津京はわずか五年で廃都となりました。
三井寺と呼ばれるようになったのは、天智・天武・持統天皇の三帝の誕生の際に 御産湯に用いられたという霊泉があり「御井の寺」と呼ばれていたものを後に 智証大師円珍が当時の厳義・三部潅頂の法儀に用いたことに由来します。
現在、金堂西側にある「閼伽井屋」から湧き出ている清水が御井そのものとされています。
貞観年間(859~877)になって、智証大師円珍(ちしょうだいしえんちん)和尚が、 園城寺を天台別院として中興されてからは、 東大寺・興福寺・延暦寺と共に「本朝四箇大寺(しかたいじ)」の一つに数えられ、 南都北嶺の一翼を担ってきました。
円珍の死後、円珍門流と慈覚大師円仁門流の対立が激化し、 正暦四年(993)、円珍門下は比叡山を下り一斉に三井寺に入ります。 この時から延暦寺を山門、三井寺を寺門と称し天台宗は二分されました。
その後、両派の対立や源平の争乱、南北朝の争乱等による焼き討ちなど幾多の法難に遭遇しましたが、 智証大師への信仰に支えられた人々によって支えられ、その教法は今日に伝えられています。

歴史をもっと見る|
39

園城寺(三井寺)の基本情報

住所滋賀県大津市園城寺町246
行き方

京阪電鉄石山坂本線 「三井寺駅」 下車 徒歩12分

アクセスを詳しく見る
名称園城寺(三井寺)
読み方おんじょうじ(みいでら)
通称三井寺
参拝時間

8:00~17:00

参拝料

大人600円、中高生300円、小学生200円

トイレあり
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号077-522-2238
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://miidera1200.jp
おみくじあり
お守りあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご本尊弥勒菩薩
山号長等山
宗旨・宗派天台寺門宗
創建時代弘文元年(672)
開山・開基大友与多王
札所など

西国三十三所観音霊場第十四番札所
近江西国三十三観音霊場第五番札所
西国薬師四十九霊場第四十八番札所
江州三十三観音霊場第三番・第四番札所
湖国十一面観音菩薩霊場第一番札所
びわ湖百八霊場第五番・第六番札所
神仏霊場巡拝の道第百四十七番札所

文化財

金堂(国宝)
仁王門、釈迦堂、鐘楼、閼伽井屋、霊鐘堂、一切経蔵、唐院、毘沙門堂、三重塔、千手観音立像、不動明王坐像、訶梨帝母倚像、護法善神立像、吉祥天立像、愛染明王坐像、智証大師坐像(国指定重要文化財)
観音堂(県指定文化財)

ご由緒

667年に天智天皇により飛鳥から近江に都が移され、近江大津京が開かれました。
672年、前年の天智天皇の永眠後、大友皇子(天智天皇の子:弘文天皇)と大海人皇子(天智天皇の弟:天武天皇)が 皇位継承をめぐって争い、壬申の乱が勃発。 壬申の乱に敗れた大友皇子の皇子の大友与多王は父の霊を弔うために 「田園城邑(じょうゆう)」を寄進して寺を創建し、 天武天皇から「園城」という勅額を賜わったことが園城寺の始まりとされています。
勝利をおさめた大海人皇子は再び飛鳥に遷都し、近江大津京はわずか五年で廃都となりました。
三井寺と呼ばれるようになったのは、天智・天武・持統天皇の三帝の誕生の際に 御産湯に用いられたという霊泉があり「御井の寺」と呼ばれていたものを後に 智証大師円珍が当時の厳義・三部潅頂の法儀に用いたことに由来します。
現在、金堂西側にある「閼伽井屋」から湧き出ている清水が御井そのものとされています。
貞観年間(859~877)になって、智証大師円珍(ちしょうだいしえんちん)和尚が、 園城寺を天台別院として中興されてからは、 東大寺・興福寺・延暦寺と共に「本朝四箇大寺(しかたいじ)」の一つに数えられ、 南都北嶺の一翼を担ってきました。
円珍の死後、円珍門流と慈覚大師円仁門流の対立が激化し、 正暦四年(993)、円珍門下は比叡山を下り一斉に三井寺に入ります。 この時から延暦寺を山門、三井寺を寺門と称し天台宗は二分されました。
その後、両派の対立や源平の争乱、南北朝の争乱等による焼き討ちなど幾多の法難に遭遇しましたが、 智証大師への信仰に支えられた人々によって支えられ、その教法は今日に伝えられています。

体験仏像御朱印国宝重要文化財武将・サムライ札所・七福神巡り伝説

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー