御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※能仁寺ではいただけません

のうにんじ|曹洞宗武陽山

能仁寺

埼玉県 飯能駅

投稿する
042-973-4128

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

平成元年ママ
2022年07月18日(月)
414投稿

飯能市、能仁寺 奥多摩八十八ヶ所の45番札所。
お賽銭箱にお不動様5円、本堂十三仏様の意味で13円。
3回も4回も来て奥多摩八十八ヶ所の御朱印を御朱印帳に戴いた。

写経自分自身で弘法大師さま写佛したのに不動経写経ともう一個、浅草とかの仏具屋さんで買った写経用紙自分で書くタイプを自分家で書いて持ってきた。
納経費五百円以上というんで千円だした。二枚なんで五百円✕ニで千円らしい。
その千円の中にも?奥多摩八十八ヶ所札所御朱印代入って居るというので
合計千円。千8円。
百年8つというか、千8つになった。煩悩の数?それで内側庭入ると
300円入観代。1,308円。
此方で売られている写経セット1,800円購入すると、此方で売られている
写経セットで写経提出すると無料で受入て下さるらしい。
だけど、今からいったん帰って、写経書いて来る行かず、普通は此方に来る前
写経や写佛半紙に描いて来たモノを提出するよね?!
それでその写佛したモノと写経したモン2枚になったから千円。
私はなぞったもの嫌いなんで、真っ白なものに、お手本みながら書く。

普通だよね、それ。最も、鈍感な自分は、貪瞋痴まみれなんで、能仁寺さんは
少しでも楽にしてあげようのご配慮でしょうか?
可愛そうな変人の遍路道人への配慮でしょうか。

本堂及畳の部屋は入れ無い。本堂に上がって御祈りさせてもらいたかった。
廊下から本堂をながめるだけ。遠くから眺めるだけ。

坐禅会みたいなのでしか入って御祈りさせてもらえないのか?
贅沢なお庭。絵馬は達磨絵馬一種800円。
お寺って見て眺めるモンじゃなく、お経唱えるモノだと想ふ。

ヨガや座禅会はいつやっているんだろうか。
座禅は最近You Tubeばかり。
本堂は駄目だけど他写真撮影は良いよと受付に許可されたので
廊下、庭写真撮影。

能仁寺の山門

また来ちゃった。何度も来る事になるとは。奥多摩八十八ヶ所札所。

能仁寺の周辺

東飯能の駅ビル丸広百貨店の市役所の所のカフェでランチ

能仁寺の周辺

550円モナミ

能仁寺の周辺

東飯能駅から散歩。西武線駅から散歩ってありそう。

能仁寺の周辺

カメラ屋さんお休みの時だけシャッター絵が現れる?!

能仁寺の周辺

此処街並良いよ。

能仁寺の周辺

街並み保存されていらっしゃる。連休だけど人少ない。

能仁寺の周辺

金沢市とか遠く行かないでも飯能市で旅行気分。

能仁寺の周辺

川越市みたいな?

能仁寺の庭園

紫陽花咲いていた。参道。

能仁寺の山門

佛さまの言葉というより御殿様の言葉が掲示されていたんじゃ、江戸時代。

能仁寺の山門

不動尊堂の参道。

能仁寺の末社

不動尊堂は護摩焚いていたんじゃ無いかと想うんだけど護摩壇なく不動尊像が鎮座する堂。石仏の代わりのお堂。

能仁寺の末社

奥多摩八十八ヶ所札所参拝二回目。

能仁寺の庭園

本堂前、こういう建物は禅寺らしい。

能仁寺の庭園

書院が視える。

能仁寺の体験その他

T−シャツがシブくて良いね。

能仁寺の体験その他

この写経セット購入して此処で何処かテーブル席で写経書いて来ると無料で写経受け入れてくれる。1,800円セットで無料?工エエェェ(´д`)ェェエエ工

能仁寺の御朱印

奥多摩八十八ヶ所札所御朱印千円。自分描いた写経写佛提出したから?これ他の御朱印と同じだよね。奥多摩八十八ヶ所の縦の印押印されただけ。
やはり、開山所にある?

能仁寺の授与品その他

また戴いた。御朱印帳に挟む祇。

能仁寺の庭園

書院の庭

能仁寺の庭園

本堂裏庭

能仁寺の庭園

本堂の裏、中庭。

能仁寺の庭園

空雲が良いよ。

能仁寺の庭園

池に金魚、鯉。

能仁寺の庭園

廊下先に観音さま。お賽銭箱も?あったので入れた。

能仁寺の庭園

座禅会用だろうか。坐蒲あった。

能仁寺の庭園

蔵がおおっきい。

能仁寺(埼玉県)

長嶋茂雄監督が芸大の先生と描いていた。凄い。

もっと読む
平成元年ママ
2022年01月24日(月)
414投稿

飯能の天覧山は、幼少時代行った“味噌田楽”のお茶屋さん無かった!
やはり奥多摩八十八箇所の札所だった。

それと天覧山のこと“愛宕山”とも行ったそうだ。
“愛宕の日”に“愛宕山”と言われた“天覧山”に行けたのは偶然産物!?
なんか不思議な気がした、この散歩。

石仏さまは無かったけれども、“御朱印”をご朱印帳に書いて下さった。
宗務のフロント女性は、尼さんと言うよりも、
素敵な“巫女さん”みたいな女性たちだった。
境内には不動明王さま祀るお堂があって、
其処で御賽銭なげて、“般若心経”読んできた。
お不動様が居られるお堂があるから
元じゃなくて現在も奥多摩八十八箇所の札所。
(奥多摩八十八箇所の巡礼者用のホームページには瑞穂町開山所に此処御朱印在るらしい、お寺のフロントで御朱印帳に書いて下さるなら瑞穂町から専用御朱印帳の印を此処に置くようにして欲しいと想ったけど諸々諸事情在るらしい)
天覧山から青梅市の山や富士山が視えて、低い山でも満足感あった。
パワースポットだよ、徳川将軍の病気平癒したお寺の山。
それで山の中腹に、“羅漢像”納めていらっしゃる。
武田翁さんが納めた“奥多摩八十八”の石仏は
何処かにいってしまったけれども。
此処も“奥多摩八十八の霊場の札所”
此処が奥多摩八十八巡礼用のご朱印帳にも描いてある、
お不動様祀られているお堂などあり武田翁さまに願い届けるよう祈った。

武田翁さまは徳川家将軍家や大奥のお姫様まで供養されていたんだと想わせた。

それからもう一つ、忘れる所だった。なんと、
此処のお寺でお祭りがある。節分過ぎた次の日。立春。
近所さんの商店街の酒屋さんにチラシあった。
地元の自慢地酒のワンカップ購入して、羅漢像さまの所に納めた。

能仁寺の周辺

山門前の道と天覧山全景

能仁寺の周辺

交差点

能仁寺の周辺

絵地図

能仁寺の周辺

山門前の公園の地図。

能仁寺の周辺

山門案内板

能仁寺の周辺

道路上の案内

能仁寺の山門

山門

能仁寺の歴史

能仁寺の歴史説明書板

能仁寺の山門

門の中に門、戦国時代のお城だなあ。

能仁寺の本殿

本堂

能仁寺の建物その他

境内

能仁寺の末社

開山堂 お坊さん祀っていらっしゃる。

能仁寺の末社

此処が奥多摩八十八巡礼用のご朱印帳にも描いてあるお不動様祀られているお堂。

能仁寺の山門

参道

能仁寺の歴史

城主黒田さんが武運長久や子孫繁栄など願って創った不動明王のお堂

能仁寺の庭園

登山道

能仁寺の庭園

中腹

能仁寺の庭園

分かれ目の道

能仁寺の庭園

天覧山登山道

能仁寺の庭園

羅漢像さま岩場へ。

能仁寺の歴史

羅漢像さま歴史説明書居た

能仁寺の仏像

岩場

能仁寺の御朱印

自分自身の御朱印帳に書いて戴いた(三百円以上)

能仁寺の仏像

羅漢像さま石仏さまのお一人。

能仁寺の仏像

羅漢像さまの岩場

能仁寺の景色

岩場からの景色も富士山視えた。

能仁寺の景色

東京方面ながめる。

能仁寺の景色

岩場は修験者の修行場所。

能仁寺の塔

頂上

能仁寺の景色

頂上からの富士山。

能仁寺の景色

富士山が赤くなると綺麗かも。

能仁寺の景色

富士山綺麗、遠いけど。

能仁寺の景色

東京の街方面

能仁寺の歴史

天覧山は病気平癒するという。徳川家大奥など護摩祈祷したのかと想える。

能仁寺の塔

頂上

能仁寺の歴史

頂上の歴史板

能仁寺の建物その他

頂上の展望台デッキ裏にベンチあり。

能仁寺の建物その他

中腹休憩所

能仁寺の塔

奥武蔵のハイキングコース。

能仁寺の建物その他

中腹の広場から飛行機雲。

能仁寺の建物その他

初日の出等は解放されるのでしょうか。初日の出混みそうだけど観れたらいいねぇ。

能仁寺の御朱印

寺務所のフロントに“奥多摩八十八箇所札所”の御朱印あった。

能仁寺の御朱印

これは、瑞穂町の開山所にあると奥多摩八十八の案内にあるので押さない。

能仁寺(埼玉県)

近所さんにあったお祭りチラシ。

能仁寺(埼玉県)

天覧山で立春お祭り。時間あればいきたいけれども。

能仁寺(埼玉県)

天覧山の名前の地酒。昔はおおっきい酒蔵だったそうな。

能仁寺(埼玉県)

『“新四国奥多摩霊場八十八ヶ所札所”ー風土と周辺の見どころー』と言う武蔵野市の桜沢孝平さん著作本には天覧山に不動明王さまとお地蔵さんの石仏写真あり。

もっと読む
投稿をもっと見る(19件)

能仁寺の基本情報

住所埼玉県飯能市飯能1329
行き方
アクセスを詳しく見る
名称能仁寺
読み方のうにんじ
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号042-973-4128
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://noninji.com/index.html

詳細情報

ご本尊毘蘆遮那仏
山号武陽山
宗旨・宗派曹洞宗

Wikipediaからの引用

概要
能仁寺(のうにんじ)は、埼玉県飯能市飯能にある曹洞宗の寺院である。山号は武陽山。本尊は毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)。
歴史
歴史[編集] 寺伝によれば、文亀元年(1501年)、武蔵国高麗郡加治(現在の飯能)の豪族中山家勝が、諸国を巡歴していた名僧曹洞宗通幻派の斧屋文達を招聘して創建した。小庵であったが、家勝の没後、天正元年(1573年)、子の中山家範が父の菩提を弔うため本格的な寺とし、中山家勝、家範、照守および、その後の中山家・黒田家の菩提寺となる。 宝永2年(1705年)当時、常陸下館藩の大名であった黒田直邦は13世住職泰州廣基とともに老朽化した寺を改築し、伽藍を完成させた。そして、雲水50人、七堂伽藍を構える禅寺として栄華を誇った。 飯能戦争[編集] 詳細は「飯能戦争」を参照 慶応4年(1868年)5月...Wikipediaで続きを読む
アクセス
交通アクセス[編集] 西武池袋線飯能駅北口から、国際興業バス西武飯能日高行き乗車し、「OH!!!・天覧山下」バス停下車、徒歩1分。若しくは名栗・中沢・間野黒指方面行き乗車で「市民会館・博物館」バス停下車、徒歩5分。 JR八高線東飯能駅西口から、上記国際興業バス乗車。(西武飯能日高行きは、東飯能駅を通らないので注意)
引用元情報能仁寺 (飯能市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E8%83%BD%E4%BB%81%E5%AF%BA%20(%E9%A3%AF%E8%83%BD%E5%B8%82)&oldid=91476156

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年10月