参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

のうにんじ

能仁寺の歴史埼玉県 飯能駅

能仁寺の歴史情報

詳細情報

ご本尊毘蘆遮那仏

Wikipediaからの引用

歴史
寺伝によれば、文亀元年(1501年)、武蔵国高麗郡加治(現在の飯能)の豪族中山家勝が、諸国を巡歴していた名僧曹洞宗通幻派の斧屋文達を招聘して創建した。小庵であったが、家勝の没後、天正元年(1573年)、子の中山家範が父の菩提を弔うため本格的な寺とし、中山家勝、家範、照守および、その後の中山家・黒田家の菩提寺となる。 宝永2年(1705年)当時、常陸下館藩の大名であった黒田直邦は13世住職泰州廣基とともに老朽化した寺を改築し、伽藍を完成させた。そして、雲水50人、七堂伽藍を構える禅寺として栄華を誇った。 飯能戦争 慶応4年(1868年)5月23日、飯能戦争(戊辰戦争)の舞台となる。 天野八...Wikipediaで続きを読む
引用元情報能仁寺 (飯能市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E8%83%BD%E4%BB%81%E5%AF%BA%20(%E9%A3%AF%E8%83%BD%E5%B8%82)&oldid=85605963

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?