御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※少林寺ではいただけません

しょうりんじ|臨済宗建長寺派母巣山

少林寺

埼玉県 御花畑駅

投稿する
0494-22-3541

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

あり

巡礼

秩父三十四所観音
秩父三十四観音霊場
第十五番札所

おすすめの投稿

碧。
2022年05月07日(土)
112投稿

令和4年4月 / 秩父1泊2日旅・2日目。

【札所十四番 / 今宮坊】から【札所十五番 / 少林寺】です。

こちらのお寺は【母巣山・蔵福寺』と【五葉山・少林禅寺】が合併したお寺だそうです。

【少林寺】と言えば【達磨】
今更ながら何でかなと思い調べたところ、
要約『インドの高僧である達磨大師が、中国の少林寺の裏山の洞窟に住んで、面壁9年の坐禅をするうちに求道者・神光が現れ、その熱意に感じ中国で始めて弟子をとり、慧可と名付けました。
この慧可にすべてを伝え、中国に禅宗の基礎を築かれたのです』
日本にも【少林寺】がいくつもありますし、授与品他でも【だるま】を頂く事がありますが、知らなかったなーと言う感じです。

そうなって来ると、なぜ必勝祈願に【だるまさん】が繋がるのかが気になりました。
要約『だるまのモデルとなった達磨大師は、5世紀後半のインドで王子として生まれ、長い修行を経て、中国に渡ったと言われています。
壁に向かって9年間座禅をし続けたという伝説や、150歳まで生きたという言い伝えが残っていて、絵画にもよく描かれました。
厳しい修行をしながら、倒れても倒れても起き上がる人形。そんな姿が、さまざまな願いをかなえてくれる縁起物となり、民間信仰の中で息づいてきたのです。
だるまの丸い形は、ゆったりした法衣を頭からかぶり、顔だけを出して座禅を組む達磨大師の姿を現しています。』

諸説はあるかと思いますが、だいたいの内容は大差が無いと思います。

少林寺・だるまの話からこちらの札所に戻ります。
本堂が蔵っぽいなと思ったら防火構造になっているとか。
(洋風の建築方法を取り入れた、漆喰塗籠で土蔵造りだそうです。)

本堂の右手に【秩父事件】で殉職した2人の警察官のお墓と当時の内務大臣の山形有朋の碑があります。
(生糸相場の大暴落や繭の不出来によって、現金収入が断たれた農民たちが武装蜂起し高利貸しなどを襲撃した事件だそうです。)

最後に、私がこちらのお寺に着いてご朱印を頂いたのは11時50分頃でした。
秩父三十四観音霊場で授与所の休憩時間は12時〜12時半とされ、こちらの授与所でもその旨の紙が貼られています。
12時10分過ぎに何回もインターホンを鳴らしてご朱印を頂いた方がいらっしゃいました。
こちらに登録されている方々にはこの様な方は居ないと思いますが、変なブームは去って欲しいと心底思いました。

次は【西光寺】へ向かいます。

少林寺(埼玉県)少林寺(埼玉県)少林寺の歴史少林寺の歴史少林寺(埼玉県)少林寺(埼玉県)少林寺(埼玉県)少林寺(埼玉県)少林寺の御朱印
もっと読む
惣一郎
2022年10月03日(月)
1064投稿

【秩父三十四所観音霊場巡り】(過去の参拝記録)

少林寺(しょうりんじ)は、埼玉県番場町にある臨済宗建長寺派の寺院。山号は母巣山。本尊は十一面観世音菩薩。旧称は「蔵福寺」。秩父三十四所観音霊場第15番。

創建は不詳。江戸時代初期に近江商人某がお告げに従い本尊となる観音像を抱き当地を訪れ、領主に願い出て柞(ハハソ:母巣)の森(秩父神社の社地と推定される)に堂宇を建立し観音像を安置したのが始まり。開山は東雄朔方。その後、秩父巡礼の札所として隆盛するが、明治維新の廃仏毀釈で廃寺となり、住職は神官に転職し、本尊を小鹿野の十輪寺に売却してしまった。その後、観音信者の活動により、近隣の少林寺と廃寺の蔵福寺を合併する形を取って、秩父15番札所が存続することになったとのこと。

当寺は、秩父鉄道・御花畑駅の北北東400mの少し高い場所にある。参道の入口は線路の西側にあって、境内は線路の東側にあるため、参道上には当寺専用の踏切がある面白い造りになっている。境内は広くはないが、本堂と庫裏などが一体になった建物以外は、さまざまな植物に埋め尽くされていて、まるで植物園みたい。手入れが行き届いているので、いろんな種類の花が咲いていたのが印象的。本堂も少し変わっていて、明治時代の秩父大火の教訓から、和風様式に洋風建築の技法を取り入れた白の漆喰塗りの建物で印象に残る。

今回は、秩父三十四所観音霊場札所ということで参拝することに。参拝時は休日の午後で、自分以外は誰も参拝者を見掛けなかった。

少林寺(埼玉県)

ほぼ当寺専用の踏切を渡って境内に向かう。

少林寺(埼玉県)

線路の途中で右方向(南方向)を望む。遠くに御花畑駅と電車が見える。(o^―^o)

少林寺(埼玉県)

境内入口全景。(この日は入口周りを工事中。)

少林寺の建物その他

階段の右側にある石碑。「五葉山 少林禅寺」と書かれている。蔵福寺と合併する前の山号みたい。

少林寺(埼玉県)

いよいよ階段を登って<山門>をくぐる。

少林寺(埼玉県)

山門をくぐると正面には<本堂>。基本は和風ながらも、白い漆喰壁など洋風を感じる造り。
明治期の秩父大火の教訓から、防火対策のためとのこと。

少林寺の本殿

<本堂>正面。上部には「五葉聖臺」と書かれた扁額が掛かる。向拝の天井には無数の千社札。
躯体が白い漆喰なので、千社札がまるでお洒落なデザインみたい。

少林寺(埼玉県)

境内の随所に綺麗なお花が咲いている。(o^―^o)
(参拝時は5月初旬。これは<つつじ>?)

少林寺(埼玉県)

山門をくぐってすぐ右手にある<秩父半僧坊大権現>。鎌倉・建長寺の山頂にある半僧坊の分身を勧請して祀っているとのこと。

少林寺(埼玉県)

境内南西端にある<地蔵堂>。

少林寺(埼玉県)

きれいな黄色いお花。
(これば何というお花?(^_^;))

少林寺(埼玉県)

境内の北側から山門方向を望む。境内がほとんど植物に占拠されている。(^_^;)

少林寺(埼玉県)

境内北東端にある<納経所>。御朱印はこちら。

少林寺(埼玉県)

納経所の近くで咲いている水仙(?)。

少林寺(埼玉県)

納経所近くから本堂を望む。本堂、庫裏、納経所が一列に繋がっている。

少林寺(埼玉県)

最後に、境内の東側、道を隔てたところにある当寺の参拝者専用駐車場。後ろには秩父のシンボル<武甲山>。(^▽^)/

もっと読む
投稿をもっと見る(32件)

歴史

この札所15番は、草創期より江戸幕府末期までは「母巣山蔵福寺」と呼ばれ、秩父神社の別当寺(秩父神社境内にあった)として栄えてきた。
明治維新後の神仏分離令で廃寺となったが、秩父札所の一つがなくなってしまうことをくい止めようと信者たちが立ちあがり、近くの柳島(現、東町)にあった五葉山少林禅寺と合併することを民衆信者の誓願によって民制役場の許しを得て15番札所として山号は「母巣山」に、寺号は「少林寺」を採用して「母巣山少林寺」とみとめられ、現在地へ移動して信仰を集めている。

歴史をもっと見る|
7

少林寺の基本情報

住所埼玉県秩父市番場町7-9
行き方
アクセスを詳しく見る
名称少林寺
読み方しょうりんじ
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳なし
電話番号0494-22-3541
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご本尊十一面観世音大菩薩
山号母巣山
宗旨・宗派臨済宗建長寺派
札所など

秩父三十四観音霊場 第十五番札所

ご由緒

この札所15番は、草創期より江戸幕府末期までは「母巣山蔵福寺」と呼ばれ、秩父神社の別当寺(秩父神社境内にあった)として栄えてきた。
明治維新後の神仏分離令で廃寺となったが、秩父札所の一つがなくなってしまうことをくい止めようと信者たちが立ちあがり、近くの柳島(現、東町)にあった五葉山少林禅寺と合併することを民衆信者の誓願によって民制役場の許しを得て15番札所として山号は「母巣山」に、寺号は「少林寺」を採用して「母巣山少林寺」とみとめられ、現在地へ移動して信仰を集めている。

体験御朱印札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年12月