御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年1月
秩父神社ではいただけません
広告

ちちぶじんじゃ

秩父神社
埼玉県 秩父駅

御朱印・御朱印帳

御朱印

秩父神社の御朱印

300円
直書き

真ん中に秩父神社と書かれ、右上に知知夫国総鎮守秩父宮家ゆかりの社の印、真ん中と左下に秩父神社の印が押されています。

御朱印帳

御朱印をもっと見る|
336
御朱印について
御朱印
あり

右上には『知知夫国総鎮守』、真ん中には『秩父神社』の印が押されています。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

無料駐車場あり/約50台

巡礼

秩父神社について

オススメ!日本三大曳山祭り


日本三大曳山祭りは、京都の祇園祭、飛騨の高山祭にならぶ秩父神社の例大祭です。
毎年、12月2・3日に行われ、祭りの2日間では、38万人以上が来場するなど大変な賑わいです。
また、ネスコ無形文化遺産にも登録が決定されるなどさらに盛り上がる祭りになるかもしれません。

よく当たると評判!水占い


おみくじを引き、神門近くの禊川に浮かべると、おみくじの運勢が浮かび上がります。
珍しいおみくじで、よく当たると評判になっています。
週末には、関東からの参拝客が多く訪れ賑わいの場所となっているようです。

埼玉県のおすすめ3選🎌

広告

おすすめの投稿

投稿をもっと見る(303件)

歴史

秩父神社のご創建は、平安初期の典籍『先代旧事紀-国造本紀-』によれば、第十代崇神天皇の御代に知知夫国の初代国造に任命された八意思兼命の十世の子孫である知知夫彦命が、祖神をお祀りしたことに始まるとされており、武蔵国成立以前より栄えた知知夫国の総鎮守として現在に至っています。

元慶2年(878年)には神階正四位下に進み、延長5年(927年)に編算された『延喜式』にも掲載されるなど、関東でも屈指の古社のひとつに数えられています。また、中世以降は関東武士団の源流、平良文を祖とする秩父平氏が奉じる妙見信仰と習合し、長く秩父妙見宮として隆盛を極めましたが、明治の神仏判然令により秩父神社の旧社名に復しました。

現存するご社殿は、天正20年(1592年)に徳川家康公が寄進されたもので、江戸時代初期の建築様式をよく留めていることなどから、埼玉県の有形文化財に指定されています。また、毎年12月3日に行われる例祭は、「秩父夜祭」として国の重要無形民俗文化財に指定され、京都の祇園祭、飛騨高山祭と共に日本三大曳山祭のひとつに数えられています。

歴史をもっと見る|
70
名称秩父神社
読み方ちちぶじんじゃ
通称妙見さま
参拝時間

6:00~20:00

御朱印あり

右上には『知知夫国総鎮守』、真ん中には『秩父神社』の印が押されています。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0494-22-0262
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.chichibu-jinja.or.jp/
おみくじあり
お守りあり
絵馬あり

詳細情報

ご祭神《主》八意思兼命,知知夫彦,《配》天之御中主神,秩父宮雍仁親王
創建時代紀元前87年(崇神天皇11年)
本殿権現造
ご由緒

秩父神社のご創建は、平安初期の典籍『先代旧事紀-国造本紀-』によれば、第十代崇神天皇の御代に知知夫国の初代国造に任命された八意思兼命の十世の子孫である知知夫彦命が、祖神をお祀りしたことに始まるとされており、武蔵国成立以前より栄えた知知夫国の総鎮守として現在に至っています。

元慶2年(878年)には神階正四位下に進み、延長5年(927年)に編算された『延喜式』にも掲載されるなど、関東でも屈指の古社のひとつに数えられています。また、中世以降は関東武士団の源流、平良文を祖とする秩父平氏が奉じる妙見信仰と習合し、長く秩父妙見宮として隆盛を極めましたが、明治の神仏判然令により秩父神社の旧社名に復しました。

現存するご社殿は、天正20年(1592年)に徳川家康公が寄進されたもので、江戸時代初期の建築様式をよく留めていることなどから、埼玉県の有形文化財に指定されています。また、毎年12月3日に行われる例祭は、「秩父夜祭」として国の重要無形民俗文化財に指定され、京都の祇園祭、飛騨高山祭と共に日本三大曳山祭のひとつに数えられています。

体験おみくじ御朱印重要文化財祭りアニメなどサブカル一の宮

Wikipediaからの引用

概要
秩父神社(ちちぶじんじゃ)は、埼玉県秩父市番場町にある神社。式内社、武蔵国四宮。旧社格は国幣小社で、現在は神社本庁の別表神社。 秩父地方の総鎮守である。三峯神社・宝登山神社とともに秩父三社の一社。12月の例祭「秩父夜祭」で知られ、秩父夜祭(秩父祭の屋台行事と神楽)は「山・鉾・屋台行事」(18府県の計33件)の1つとしてユネスコ無形文化遺産に登録されている。
歴史
歴史[編集] 創建[編集] 秩父神社の社殿と参道の南側延長線上に武甲山(時代によって武光山、秩父嶽、妙見山などとよばれる)があり、元々は武甲山を神奈備として遥拝する聖地であったと考えられている。 『先代旧事本紀』の「国造本紀」によれば、八意思金命の十世孫の知知夫彦命は崇神天皇(第10代天皇)の時代に初代知々夫国造に任命され、「大神を拝祠」したという。この「大神」は知知夫彦命の祖である八意思兼命をさすと考えられ[1]、秩父神社ではこれをもって神社の創建としている[2]。さらに允恭天皇年間に知知夫彦命の九世子孫である知知夫狭手男が知知夫彦を合わせて祀ったといわれる。地域名の「秩父」の名を冠...Wikipediaで続きを読む
行事
祭事[編集] 御田植祭(4月4日) 秩父川瀬祭(7月19・20日) 境内社の日御崎神社の祭。江戸時代に京都の八坂神社の祇園祭が秩父に入ってきたものである。幕末・明治から付祭として屋台・笠鉾も曳かれるようになり、現在では8基の屋台・笠鉾を曳く。 7月19日(宵宮) - 天王柱立神事、お水取り神事 7月20日(川瀬神事) 番場町諏訪神社祭礼(9月27日) 有名ではないが、古い文献によると川瀬祭よりも重要性が高かったと考えられている。数年に一度(不定期)、諏訪大社の御柱祭にならって御柱を曳く。 例祭(秩父夜祭、12月1日-6日) 6日間行われることから「六日市」と呼ばれ、絹の取引で栄えた。また...Wikipediaで続きを読む
引用元情報秩父神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E7%A7%A9%E7%88%B6%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=98834107

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ