御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※服部住吉神社ではいただけません

はっとりすみよしじんじゃ

服部住吉神社

大阪府 服部駅

投稿する
06-6864-0761

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

境内に駐車可

歴史

当神社の創建年代は明らかではないが、住吉大社(大阪市住吉区)の別宮として造営され、奈良時代の末から平安時代の初めにかけて、稲川流域における本宮の社務を管理していたもので、社殿は平安時代の仁平二年(1152)に本殿・鳥居・社務所などが再建されたという社記があり、天正六年(1578)暮れに、織田信長の荒木村重討伐のとき、兵火にかかって焼失した社殿は元和八年(1622)に本殿・拝殿・神門などが再建された。
現在の社殿は、昭和三十六年(1961)に大阪市北区の豊国神社が大阪城内に移転のため、御社殿を拝譲し、当神社に移築再建したものであります。

歴史をもっと見る|
3

服部住吉神社の基本情報

住所大阪府豊中市服部南町2-3-31
行き方
アクセスを詳しく見る
名称服部住吉神社
読み方はっとりすみよしじんじゃ
参拝料

なし

トイレあり
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳なし
電話番号06-6864-0761
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご祭神《主》表筒男命,中筒男命,底筒男命,息長足姫命
文化財

住吉神社神楽殿(国指定登録有形文化財)

ご由緒

当神社の創建年代は明らかではないが、住吉大社(大阪市住吉区)の別宮として造営され、奈良時代の末から平安時代の初めにかけて、稲川流域における本宮の社務を管理していたもので、社殿は平安時代の仁平二年(1152)に本殿・鳥居・社務所などが再建されたという社記があり、天正六年(1578)暮れに、織田信長の荒木村重討伐のとき、兵火にかかって焼失した社殿は元和八年(1622)に本殿・拝殿・神門などが再建された。
現在の社殿は、昭和三十六年(1961)に大阪市北区の豊国神社が大阪城内に移転のため、御社殿を拝譲し、当神社に移築再建したものであります。

体験重要文化財

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー