御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※福永稲荷大明神ではいただけません

ふくながいなりだいみょうじん

福永稲荷大明神

大阪府 北新地駅

パーキング
駐車場
-
御朱印について
御朱印
なし
ありません

おすすめの投稿

投稿をもっと見る(2件)

歴史

当地には古くから小さな丘があり、野狐が栖としていたので、元禄時代には人々から狐塚と呼ばれていた。平安時代末期の保延年間に、源融公の十代目に当る渡辺伊豆三郎が当地を開拓して新邸を建てたが、南北朝時代の応安年間に十八代目の渡辺十郎が稲荷の祠を祀り、一家の守護神としたのが当社の創始である。当ビルの敷地を東西に貫いていた曽根崎商店街通を稲荷山通と称したのはこのためである。
明治初年には郷社露天神(当社の東方五百米。通称お初天神)の一座となったが、明治四十二年の大阪北の大火で付近一帯が焼失し、この祠だけが不思議にも焼け残ったので、当時の人々は焼けずの稲荷と呼んで畏敬した。更に三十七代目の渡辺義平の妻麻門は、渡辺家が代々崇敬してきた天満宮の祠をも建てて神域を整備したが、昭和二十年三月十四日の空襲により罹災した。
この由緒ある神祠の復興を思い立った当地の中谷栄五郎氏らは、とりあえず旧地に小祠を再建し今日までお祀りしてきたが大阪駅前市街地改造事業施行により、移転を余儀なくされたので地元有志が相集まり、旧地上に建築された大阪駅前第一ビルの屋上を新しい神域と定め末長く地区の繁栄と守護を祈願することとした。

歴史をもっと見る|
1

福永稲荷大明神の基本情報

住所大阪府大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第1ビル屋上
行き方
アクセスを詳しく見る
名称福永稲荷大明神
読み方ふくながいなりだいみょうじん
参拝時間

10:00〜16:30

御朱印なし

詳細情報

ご祭神稲荷神
創建時代応安年間
創始者渡辺十郎
ご由緒

当地には古くから小さな丘があり、野狐が栖としていたので、元禄時代には人々から狐塚と呼ばれていた。平安時代末期の保延年間に、源融公の十代目に当る渡辺伊豆三郎が当地を開拓して新邸を建てたが、南北朝時代の応安年間に十八代目の渡辺十郎が稲荷の祠を祀り、一家の守護神としたのが当社の創始である。当ビルの敷地を東西に貫いていた曽根崎商店街通を稲荷山通と称したのはこのためである。
明治初年には郷社露天神(当社の東方五百米。通称お初天神)の一座となったが、明治四十二年の大阪北の大火で付近一帯が焼失し、この祠だけが不思議にも焼け残ったので、当時の人々は焼けずの稲荷と呼んで畏敬した。更に三十七代目の渡辺義平の妻麻門は、渡辺家が代々崇敬してきた天満宮の祠をも建てて神域を整備したが、昭和二十年三月十四日の空襲により罹災した。
この由緒ある神祠の復興を思い立った当地の中谷栄五郎氏らは、とりあえず旧地に小祠を再建し今日までお祀りしてきたが大阪駅前市街地改造事業施行により、移転を余儀なくされたので地元有志が相集まり、旧地上に建築された大阪駅前第一ビルの屋上を新しい神域と定め末長く地区の繁栄と守護を祈願することとした。

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー