御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年5月
秀麓斎ではいただけません
広告

曹洞宗天苗山

秀麓斎
宮城県 南仙台駅

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり

巡礼

その他の巡礼の情報

奥州三十三観音霊場 第二番

おすすめの投稿

japan-welder-…
2023年11月12日(日)
282投稿

宮城県 名取市に在る、曹洞宗 秀麓斎に参拝致しました、どの様な寺院か引用を用いて調べて見ました、山号は天苗山、寺号は秀麓斎(しゅうろくさい)宗派は曹洞宗、本尊は聖観世音菩薩、奥の細道みちのく路三十三ヶ所霊場、第十五番札所、奥州三十三観音霊場第二番札所、事務局も務める、奥州三十三観音の御朱印帳も在ります。秀麓齋の寺号「齋」というのは全国でも珍しく、日本三齋の一つといわれ、開創は延暦十七年(798年)征夷大将軍 坂上田村麻呂が奥州に蝦夷平定の軍を進めるにあたり戦勝と天下泰平を祈願するため、信仰する西国清水寺の観世音をこの地に勧請したことに始まる、大同二年(807年)比叡山伝教大師の法子 義 法師を開祖とし、天台宗に属し、大阪、四天王寺の末寺となった。十二世紀奥州平泉の藤原氏隆昌の頃には、その庇護をうけ末寺数十ヵ寺を有し最も栄えたが、藤原氏滅亡後は天台宗自体が衰退していった。
室町期文明年間(1469~1486)大本山總持寺直末、越後国岩般郡村上の霊樹山耕雲寺四世 瑚海仲珊大和尚を勧請開祖とし天台宗を曹洞宗に改宗した。近年、別院として「みんなの寺小屋」を開設、広く坐禅会や仏像彫刻、ヨガ教室などに活用されている。歴史的建造物、仏閣、神社巡り、パワースポット、癒し処、絶景、景色撮影、宮城県 仙台市観光、奥の細道みちのく路三十三ヶ所霊場巡り、奥州三十三観音巡り、御朱印集め等好きな方訪れて見て下さい。

秀麓斎(宮城県)
秀麓斎(宮城県)

奥州三十三観音霊場の事務局、納経帳も在ります。

秀麓斎(宮城県)
秀麓斎(宮城県)
秀麓斎(宮城県)
秀麓斎(宮城県)
秀麓斎(宮城県)
秀麓斎(宮城県)
秀麓斎(宮城県)
秀麓斎(宮城県)
秀麓斎(宮城県)
もっと読む
japan-welder-…
2023年12月12日(火)
282投稿

宮城県 名取市に在る、曹洞宗 秀麓斎に参拝致しました、どの様な寺院か引用を用いて調べて見ました、山号は天苗山、寺号は秀麓斎(しゅうろくさい)宗派は曹洞宗、本尊は聖観世音菩薩、奥の細道みちのく路三十三ヶ所霊場、第十五番札所、奥州三十三観音霊場第二番札所、事務局も務める、奥州三十三観音の御朱印帳も在ります。秀麓齋の寺号「齋」というのは全国でも珍しく、日本三齋の一つといわれ、開創は延暦十七年(798年)征夷大将軍 坂上田村麻呂が奥州に蝦夷平定の軍を進めるにあたり戦勝と天下泰平を祈願するため、信仰する西国清水寺の観世音をこの地に勧請したことに始まる、大同二年(807年)比叡山伝教大師の法子 義 法師を開祖とし、天台宗に属し、大阪、四天王寺の末寺となった。十二世紀奥州平泉の藤原氏隆昌の頃には、その庇護をうけ末寺数十ヵ寺を有し最も栄えたが、藤原氏滅亡後は天台宗自体が衰退していった。
室町期文明年間(1469~1486)大本山總持寺直末、越後国岩般郡村上の霊樹山耕雲寺四世 瑚海仲珊大和尚を勧請開祖とし天台宗を曹洞宗に改宗した。近年、別院として「みんなの寺小屋」を開設、広く坐禅会や仏像彫刻、ヨガ教室などに活用されている。歴史的建造物、仏閣、神社巡り、パワースポット、癒し処、絶景、景色撮影、宮城県 仙台市観光、奥の細道みちのく路三十三ヶ所霊場巡り、奥州三十三観音巡り、御朱印集め等好きな方訪れて見て下さい。

秀麓斎(宮城県)

過去分
奥州三十三観音霊場
第二番札所

秀麓斎(宮城県)
秀麓斎(宮城県)
秀麓斎(宮城県)
秀麓斎(宮城県)
秀麓斎(宮城県)
秀麓斎(宮城県)
もっと読む
投稿をもっと見る(14件)
名称秀麓斎
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号022-384-7270
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

巡礼の詳細情報

奥州三十三観音霊場

第2番

御本尊:聖観音

御詠歌:

もらさずの 大悲の誓ひ 頼むかな 二世の願ひも あまねさの法

詳細情報

ご本尊聖観世音菩薩
山号天苗山
宗旨・宗派曹洞宗
体験御朱印札所・七福神巡り

Wikipediaからの引用

概要
秀麓斎(しゅうろくさい)は、宮城県名取市にある曹洞宗の寺院。山号は天苗山。本尊は聖観音。奥州三十三観音霊場第2番札所である。近年、別院として「みんなの寺小屋」を開設、広く坐禅会や仏像彫刻、ヨガ教室などに活用されている。
歴史
歴史[編集] この寺は、寺伝によれば798年(延暦17年)坂上田村麻呂によって創建されたと伝えられる。当初天台宗に属したが、文明年間(1469年 - 1486年)現在の曹洞宗に改宗された。  大同二年(807年)比叡山伝教大師の法子 義 法師を開祖とし、天台宗に属し、大阪、四天王寺の末寺となった。十二世紀奥州平泉の藤原氏隆昌の頃には、その庇護をうけ末寺数十ヵ寺を有し最も栄えたが、藤原氏滅亡後は天台宗自体が衰退していった。  室町期文明年間(1469~1486)大本山總持寺直末、越後国岩般郡村上の霊樹山耕雲寺四世 瑚海仲珊大和尚を勧請開祖とし天台宗を曹洞宗に改宗した。  御本尊 聖観世音菩...Wikipediaで続きを読む
引用元情報秀麓斎」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E7%A7%80%E9%BA%93%E6%96%8E&oldid=96098688

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ