御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※敢國神社ではいただけません

あえくにじんじゃ

敢國神社

三重県 佐那具駅

社務所/8:30~16:00
祈祷受付/9:00~15:00
参拝/24時間

投稿する
0595-23-3061

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり

巡礼

ご利益

敢國神社について

伊賀国の一宮


伊賀国一宮として篤い崇敬を集めていた神社です。
伊賀といえば最も有名なものといえばやはり伊賀流忍術、つまり忍者でしょう。
当神社にも忍者に関連した授与品がいくつもあり、忍者好きは必見です。

おすすめの投稿

惣一郎
2022年01月27日(木)
961投稿

【伊賀国 式内社巡り】

敢国神社(あえくに~)は、三重県伊賀市一之宮にある神社。式内社(大社)で、伊賀国一之宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。主祭神は大彦命、配祀神は少彦名命、金山比咩命(かなやまひめ)。

当初は伊賀の神奈備山・南宮山の大岩を磐座として原始信仰が始まったとされる。社伝によると、飛鳥時代の658年に山麓の現在地に社殿を創建した。国史では、『日本文徳天皇実録』の平安時代850年条において「津神」の神階奉授、『日本三代実録』864年条において「安部神」の神階奉授、867年条の「敢国津神」の神階昇叙の記載があり、これらが当社にあたるとされる。また927年に編纂された『延喜式神名帳』に記載のある「伊賀國 阿拝郡 敢国神社 大」に比定されている。延長年間(923年~931年)には朝廷により社殿が修復されている。『源平盛衰記』の記載を初見として、伊賀國一之宮であったとされ、「南宮」との呼称も見られる。南北朝時代には、南朝の後村上天皇が行幸し、数日間の参籠の後、社領を加増している。戦国時代の1581年に天正伊賀の乱で織田信長の侵攻により社殿や古文書を焼失したが、1593年に山伏の小天狗清蔵により社殿が再建されている。江戸時代になり藤堂高虎が伊賀国に入ると、上野城の鬼門として崇敬を受け、1609年に社殿が再興され、社領107石が寄進された。明治時代に入り、近代社格制度において国幣中社に列格した。

当社は、JR関西本線・佐那具駅の南方2kmの、南宮山(標高350m)の北西麓にある。車だと伊賀一之宮ICから道のり1km弱、3分。駐車場から表参道を進むが、門前町はないようで静かな雰囲気。境内南端入口の鳥居から境内に入ると、社務所や絵馬殿等の建物があり、正面の斜面の小高いところに社殿がある。社殿の周りなどにいくつか境内社があるが、他の一宮と比べると数は少なく、範囲も広くはない。こぢんまりとして、参拝して廻りやすい印象。ちなみに関係ない話だが、松尾芭蕉は当地・伊賀郡阿拝郡の出身で、表参道入口に芭蕉の句碑が立っている。

今回は、伊賀国一之宮、式内社、旧国幣中社、別表神社であることから参拝することに。参拝時は週末の午前中早めの時間で、自分以外には数人、参拝者がいた。

※初めて訪れる地域の神社を参拝する際は、まず一之宮に参拝をしてオリジナル御朱印帳を入手することからスタートするようにしている。ただ、当社は伊賀國一之宮だが、オリジナル御朱印帳がない(全国一の宮御朱印帳はあるが、普通の御朱印帳もない)とのことだったので、やむなく同じ三重県の伊勢国一之宮の椿大神社の御朱印帳で伊賀国の神社を廻ることとした...涙

敢國神社の建物その他

境内南西端の<表参道>入口。巨大な鳥居を期待したので、少し肩透かし。伊賀の街並みは良い感じ。

敢國神社の建物その他

表参道を進んですぐの左側にある<芭蕉の句碑>。自分は知らなかったが、松尾芭蕉は、当地・伊賀国阿拝郡の出身。
句碑の俳句は1688年に芭蕉が当社に参拝した時のもので、「手はなかむ 音さへ梅の 匂いかな」とある。
自然や庶民生活を詩情豊かに表現する芭蕉らしい句とのこと。

敢國神社(三重県)

表参道をさらに進んで左側にある<市杵島姫社>。珍しいことに、鳥居も社殿もすべてが真っ赤。

敢國神社の鳥居

表参道の突き当りには、特に何もなし...(。´・ω・)?

敢國神社の鳥居

表参道の左側にある<鳥居>と<社号標>。道が広くないので、鳥居と社号標を1枚の写真に収めようとするとこんな感じ。
社号標には「元國幣中社 敢國神社」とある。

敢國神社の鳥居

正面から<鳥居>。大きな木彫り扁額には「敢國神社」の文字。

敢國神社の建物その他

鳥居をくぐったところ。正面の高い場所に社殿がある。

敢國神社の手水

鳥居をくぐってすぐ右側にある<手水舎>。

敢國神社の建物その他

手水舎の左手にある<参集殿>。

敢國神社の建物その他

参集殿の左隣にある<絵馬殿>。

敢國神社の建物その他

絵馬殿の左手にある<桃太郎岩>。

敢國神社(三重県)

桃太郎岩の手前にある<御神水井戸>。

敢國神社の建物その他

鳥居をくぐってすぐ左側にある<燈籠>。

敢國神社の建物その他

鳥居をくぐって、左前方にある<社務所>。御朱印はこちら。

敢國神社の建物その他

いよいよ、正面の<社殿>を望む。きれいな門松と奉納旗が社殿への階段を華やかにしている。

敢國神社の狛犬

左側の<狛犬>。そんなに古さは感じない。

敢國神社の狛犬

右側の<狛犬>。

敢國神社(三重県)

階段を登って、<拝殿>正面。

敢國神社の本殿

<拝殿>内部。奥の部分は<祝詞殿>というらしい。

敢國神社の建物その他

拝殿の側面から見た<祝詞殿>と、その奥の<本殿>。一段高いところにあって、瑞垣に囲われている。
なお、本殿の左側には<九所社>、右側には<六所社>が建っている。

敢國神社の本殿

拝殿の正面には奉納樽がたくさん並んでいる。上段の黄金色の目立つ樽は、伊賀上野の地酒「半蔵」。

敢國神社の建物その他

拝殿の左隣には<神饌殿>。その後ろは<神輿庫>。

敢國神社の自然

神輿庫の先が、表参道と並行して伸びる<裏参道>。表参道同様、境内西側を南北に走る道に出る。
参道右側が山になっていて、境内社がぽつぽつ建っているので順に廻って行く。

敢國神社の末社

まずは<若宮八幡宮>。

敢國神社の末社

次に<子授社>。

敢國神社の末社

一つ飛ばして<神明社>。

敢國神社の鳥居

一つ飛ばしたのはこちらの鳥居。階段を登って行く。

敢國神社の建物その他

階段を登り切ったところには<楠社>と書かれた石碑。

敢國神社の建物その他

階段を登り切ったところから右方向に進む。

敢國神社の末社

左手に現れる<楠社>。

敢國神社の建物その他

楠社の前から、谷側を見下ろす。神輿庫などの屋根が見える

敢國神社(三重県)

楠社の先の最高地点にある<結社(むすびしゃ)>。

敢國神社(三重県)

縁結びの神様ということで、皆さん授与品をくくり付けている。

敢國神社の建物その他

結社から、本社本殿を望む。あまりはっきりは見えないが、本殿近くに小さな社殿(九所社)があるのが分かる。

敢國神社(三重県)

戻って来て、神饌殿前から<拝殿>を望む。

敢國神社(三重県)

神饌殿前から社務所に向かって坂道があるが、その途中に<御神木>の大杉の木がある。これは立派! (o^―^o)

敢國神社(三重県)

社務所で御朱印を拝受する間、社殿方向を撮影。きれいな印象。

敢國神社の歴史

境内西端の道沿いにある当社駐車場には、<顔はめパネル>が<由緒書>とセットになっている。
昭和情緒あふれてて良いかも~♪ (^▽^)/

もっと読む
投稿をもっと見る(53件)

歴史

古来伊賀国の一宮として、当国の人々の総鎮守大氏神として、仰ぎまつってその霊徳に属してまいりました。
創建年代は658年ですが、貞観の頃には神階五位を授けられ延喜の制には大社に列せられました。また延長年間には朝廷より社殿が修造せしめられ、南北朝時代には後村上天皇が行幸ましまして、数日間参籠あらせられ、社領の御加増もありました。徳川時代には藩主藤堂家の崇敬厚く、社殿調度の修営・神器社領の寄進・祭儀神事の復興などが行われていました。明治4年5月国幣中社に列せられ今日に至っております。

歴史をもっと見る|
8

敢國神社の基本情報

住所三重県伊賀市一之宮877
行き方

三重交通「上野市駅」→「神社前」下車 徒歩2分

アクセスを詳しく見る
名称敢國神社
読み方あえくにじんじゃ
通称一宮さん
参拝時間

社務所/8:30~16:00
祈祷受付/9:00~15:00
参拝/24時間

参拝にかかる時間

20分

参拝料

なし

トイレあり
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0595-23-3061
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.aekuni.jp
おみくじあり

詳細情報

ご祭神《主》大彦命,《配》少彦名命,金山媛命
ご神体南宮山
創建時代斉明天皇4年(658)
本殿三間社流造
ご由緒

古来伊賀国の一宮として、当国の人々の総鎮守大氏神として、仰ぎまつってその霊徳に属してまいりました。
創建年代は658年ですが、貞観の頃には神階五位を授けられ延喜の制には大社に列せられました。また延長年間には朝廷より社殿が修造せしめられ、南北朝時代には後村上天皇が行幸ましまして、数日間参籠あらせられ、社領の御加増もありました。徳川時代には藩主藤堂家の崇敬厚く、社殿調度の修営・神器社領の寄進・祭儀神事の復興などが行われていました。明治4年5月国幣中社に列せられ今日に至っております。

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り七五三御朱印お守り重要文化財アニメなどサブカル一の宮

Wikipediaからの引用

概要
敢國神社(あえくにじんじゃ)は、三重県伊賀市一之宮にある神社。式内社(大社)、伊賀国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。
歴史
歴史[編集] 創建[編集] 社伝[1]では、斉明天皇4年(658年)の創建になるとする。これによると祭神の大彦命は四道将軍として北陸地方を平定し、その子孫は伊賀国阿拝郡一帯に居住して阿閇氏(敢氏/阿閉氏)を称し、大彦命を祖神として祀ったという。また、それとは別に少彦名命を祀る秦氏一族があり、これら2柱をもって創建されたとする。創建当初は、敢國神社南方の南宮山山頂付近に祀られたが、後に現在地(南宮山山麓)に遷されたという。その後、山頂附近の社殿跡には南宮大社より勧請された金山比咩命が祀られた為、その山が「南宮山」と呼ばれたともいう。そして貞元2年(977年)、金山比咩命の社殿前の神木に言...Wikipediaで続きを読む
行事
祭事[編集] 年間祭事一覧 敢國神社で年間に行われる祭事の一覧[1][2]。 毎月 月次祭 (毎月1日) 1月 歳旦祭 (1月1日) 獅子神楽舞初式 (1月3日) 崇敬者初祈願祭 (1月11日) 2月 厄除祈願祭 (2月3日) 紀元祭 (2月11日) 祈年祭 (2月17日) 大石社祈年祭 (2月17日) 4月 春季大祭 (4月17日) 獅子神楽舞上祭 (4月17日) 大石社春祭 (4月24日) 一宮地区交通安全祈願祭 (4月24日) 6月 結社例祭 (6月第4日曜日) 大祓式 (6月30日) 7月 大石社祇園祭 (7月28日) 8月 茅の輪神事 (8月1日) 9月 一宮地区敬老...Wikipediaで続きを読む
引用元情報敢國神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%95%A2%E5%9C%8B%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=82644599

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中