御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2023年2月※二十五坊旧蹟(舊蹟)(鶴岡八幡宮寺二十五坊跡/鶴岡二十五坊跡)ではいただけません

にじゅうごぼうきゅうせき(つるがおかはちまんぐうじにじゅうごぼうあと/つるがおかにじゅうごぼうあと)

二十五坊旧蹟(舊蹟)(鶴岡八幡宮寺二十五坊跡/鶴岡二十五坊跡)

神奈川県 鎌倉駅

石碑は、いつでも見られます。旧蹟は金網で規制された雑草が生えた更地ですが、金網の外からいつでも見られます。

パーキング
駐車場
なし

なし(ヒント:鶴岡八幡宮の有料駐車場からの徒歩圏内です)

御朱印について
御朱印
なし
ありません

二十五坊旧蹟(舊蹟)(鶴岡八幡宮寺二十五坊跡/鶴岡二十五坊跡)について

廃仏毀釈以前、創建から江戸時代まで「鶴岡八幡宮寺」という
神仏混淆の宗教施設であった土地の旧蹟。


.
後年1960年代日本初のナショナルトラスト運動 及び 古都保存法発祥の地であり
鎌倉風致保存会発祥の地です。

おすすめの投稿

mitch
2021年06月27日(日)
2075投稿

10.08.16 「古都保存法」発祥の地、鎌倉 ’ 御谷 ’ 「二十五坊旧蹟(舊蹟)」。

二十五坊旧蹟(舊蹟)(鶴岡八幡宮寺二十五坊跡/鶴岡二十五坊跡)の歴史

鎌倉 ’ 御谷の森(おやつのもり) ’ 、「二十五坊舊蹟(旧蹟)」の碑。
廃仏毀釈以前、創建から江戸時代まで「鶴岡八幡宮寺」という
神仏混淆の宗教施設であった土地の旧蹟。
.
( PCから消滅した写真を回収できたので、過去の撮影資料を投稿しました。)
***********************************

二十五坊旧蹟(舊蹟)(鶴岡八幡宮寺二十五坊跡/鶴岡二十五坊跡)の周辺

1960年代日本初のナショナルトラスト運動
及び 「古都保存法」発祥の地であり、鎌倉風致保存会発祥の地。
.
---

二十五坊旧蹟(舊蹟)(鶴岡八幡宮寺二十五坊跡/鶴岡二十五坊跡)の歴史

.

二十五坊旧蹟(舊蹟)(鶴岡八幡宮寺二十五坊跡/鶴岡二十五坊跡)(神奈川県)

.
---

二十五坊旧蹟(舊蹟)(鶴岡八幡宮寺二十五坊跡/鶴岡二十五坊跡)の歴史

.
---

二十五坊旧蹟(舊蹟)(鶴岡八幡宮寺二十五坊跡/鶴岡二十五坊跡)の歴史

手前の金網柵が文字を隠さぬように、上下二分割して撮った。
帰宅後に拡大して読んだり、上と下の写真を連結できるように撮ったつもり。
.

二十五坊旧蹟(舊蹟)(鶴岡八幡宮寺二十五坊跡/鶴岡二十五坊跡)の歴史

.
---

二十五坊旧蹟(舊蹟)(鶴岡八幡宮寺二十五坊跡/鶴岡二十五坊跡)の周辺

.

二十五坊旧蹟(舊蹟)(鶴岡八幡宮寺二十五坊跡/鶴岡二十五坊跡)の周辺

.

二十五坊旧蹟(舊蹟)(鶴岡八幡宮寺二十五坊跡/鶴岡二十五坊跡)の周辺

.

二十五坊旧蹟(舊蹟)(鶴岡八幡宮寺二十五坊跡/鶴岡二十五坊跡)の周辺

.
.
.
.
.
***********************************
10.08.16「 #古都保存法 」発祥の地、
#鎌倉 ’ #御谷 ( #おやつ ) ’ 「 #二十五坊旧蹟 ( #舊蹟 ) 」。
https://mitch1.blog.ss-blog.jp/2010-08-21?1624785653

もっと読む
投稿をもっと見る(1件)

歴史

廃仏毀釈以前、創建から江戸時代まで「鶴岡八幡宮寺」という
神仏混淆の宗教施設であった土地の旧蹟。

歴史をもっと見る|
5

二十五坊旧蹟(舊蹟)(鶴岡八幡宮寺二十五坊跡/鶴岡二十五坊跡)の基本情報

住所神奈川県鎌倉市雪ノ下2丁目14
行き方

江ノ島電鉄線またはJR横須賀線「鎌倉駅」東口下車して徒歩20~25分ほど。
( 大まかな位置は鶴岡八幡宮の北西方向。神奈川近代美術館 ” 別館 ” の対面、現在の巨福呂坂/こぶくろざか 手前カーブ道路沿いに石碑が建ちます。石碑の分岐道から先に、” 古都保存法発祥の地 ” として旧蹟の土地と森が保存されています。)

アクセスを詳しく見る
名称二十五坊旧蹟(舊蹟)(鶴岡八幡宮寺二十五坊跡/鶴岡二十五坊跡)
読み方にじゅうごぼうきゅうせき(つるがおかはちまんぐうじにじゅうごぼうあと/つるがおかにじゅうごぼうあと)
通称御谷の森(おやつのもり)/ 御谷(おやつ)
参拝時間

石碑は、いつでも見られます。旧蹟は金網で規制された雑草が生えた更地ですが、金網の外からいつでも見られます。

参拝にかかる時間

15分ほど

参拝料

なし

トイレなし(ヒント:鶴岡八幡宮の流鏑馬馬場道/やぶさめばばみち 西側鳥居から入った馬場道沿いにトイレがあります)
御朱印なし

詳細情報

宗旨・宗派
ご由緒

廃仏毀釈以前、創建から江戸時代まで「鶴岡八幡宮寺」という
神仏混淆の宗教施設であった土地の旧蹟。

体験重要文化財

Wikipediaからの引用

概要
鶴岡二十五坊(つるがおかにじゅうごぼう)は、神奈川県鎌倉市雪ノ下に鎌倉時代から江戸時代まで存在した寺院跡。
歴史
沿革[編集] 源頼朝によって建立された鶴岡八幡宮は、正しくは「鶴岡八幡宮寺」という神仏混淆の宗教施設であった。その社役を務める僧侶である供僧が、八幡宮の北西に設けた二十五の住坊およびその住持職(しき)の総称を鶴岡二十五坊という。ただし数は時代によって変動した。寺院における院家、塔頭、子院に相当する。彼らは八幡宮寺の実権を握り、神主より上位にあった。その長は社務職別当であった。 本来、二十五坊は顕密に属し、特定の宗派ではなく、鎌倉時代(1220年代以降)には寺門派(天台宗)と東密派(真言宗)が数代おきに社務職別当が入れ替わっていた(例えば、4代目の別当で叔父の源実朝を暗殺したことで知られる...Wikipediaで続きを読む
引用元情報鶴岡二十五坊」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E9%B6%B4%E5%B2%A1%E4%BA%8C%E5%8D%81%E4%BA%94%E5%9D%8A&oldid=90065190

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ