御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※建長寺ではいただけません

けんちょうじ|臨済宗建長寺派臣福山 ( 臣福山 建長興国禅寺 こふくさん けんちょうこうこくぜんじ)

建長寺

神奈川県 北鎌倉駅

8:30〜16:30
/ 唐門の前までは車椅子でお入りいただけます。
境内にバリアフリートイレを設置しています。
車椅子貸出ございます。

投稿する
0467-22-0981

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印・御朱印帳

御朱印(8種類)

建長寺では、「南無地蔵尊」、「南無釈迦牟尼仏」、「びんずる尊者」、「千手観世音」、「心平地蔵尊」、「済田地蔵尊」、「勝上巚地蔵尊」、「半僧坊大権現」の8種類の御朱印をいただけます。
また、行事に合わせた御朱印が頒布されています。

南無地蔵尊の御朱印

300円

真ん中に南無地蔵尊と書かれ、右上に地蔵尊のお姿の印、真ん中に佛法僧寶の三宝印、左上に大本山の文字と天下禅林の印、左下に建長寺の文字、建長の印が押されています。
建長寺仏殿には、建長寺の本尊である地蔵菩薩坐像が安置されています。
地蔵菩薩坐像は室町時代の作で、像高2.4メートル、右手に錫杖(しゃくじょう)、左手に火炎宝珠を持ち、蓮華座に結跏趺坐(けっかふざ)されています。

南無釈迦牟尼仏の御朱印

300円

真ん中に南無釈迦牟尼仏と書かれ、右上に天下禅林の印、真ん中に佛法僧寶の三宝印、左上に大本山の文字、左下に建長寺の文字、建長の印が押されています。
建長寺山門(三門)楼上には、釈迦如来像を中心に十六羅漢像、五百羅漢像が安置されていて、「空、無相、無作」の三解脱門をくぐることで、執着から解放されて身が清められるとされています。

びんずる尊者の御朱印

300円

真ん中に「びんずる尊者」と書かれ、右上に地蔵尊のお姿の印、真ん中に佛法僧寶の三宝印、左上に大本山の文字と天下禅林の印、左下に建長寺の文字、建長の印が押されています。
釈迦の弟子で十六羅漢の一人である賓頭盧(びんずる)尊者の坐像が建長寺山門(三門)の下に置かれていて、身体の悪いところを撫でると良くなると言われています。

鎌倉観世音 千手観世音の御朱印

300円

真ん中に千手観世音と書かれ、右上に鎌倉観世音第二十八番の印、真ん中に佛法僧寶の三宝印、左上に大本山の文字と天下禅林の印、左下に建長寺の文字、建長の印が押されています。
鎌倉三十三観音霊場は、鎌倉市中心部(旧鎌倉町内)の寺に限定して霊場が選定されています。
建長寺法堂には、鎌倉最大級の木造建築として重要文化財に指定されている千手観音坐像が安置されています。

鎌倉地蔵尊 心平地蔵尊の御朱印

300円

真ん中に心平地蔵尊と書かれ、右上に鎌倉地蔵尊第九番の印、真ん中に佛法僧寶の三宝印、左上に大本山の文字と地蔵尊のお姿の印、左下に建長寺の文字、建長の印が押されています。
鎌倉二十四地蔵尊霊場は鎌倉市内の寺院を中心に編成され、9番札所の本尊は建長寺の仏殿に祀られている心平寺地蔵です。
その昔、建長寺のある谷は地獄ガ谷と呼ばれる処刑場だった場所で、建長寺が建立される以前には、処刑された者の鎮魂のために心平寺地蔵を本尊とする心平寺が建立されていました。

鎌倉地蔵尊 済田地蔵尊の御朱印

300円

真ん中に済田地蔵尊と書かれ、右上に鎌倉地蔵尊第十番の印、真ん中に佛法僧寶の三宝印、左上に大本山の文字と地蔵尊のお姿の印、左下に建長寺の文字、建長の印が押されています。
鎌倉二十四地蔵尊霊場は鎌倉市内の寺院を中心に編成され、10番札所の本尊は建長寺の宝蔵に安置されている済田地蔵です。
地獄ガ谷にて済田左衛門という者が無実の罪で斬首になるところ、髻(もとどり)の中に納めていた地蔵菩薩の小像が身代わりとなり命を救われ、以後、その小像は済田地蔵と呼ばれ、現在は建長寺の宝物風入の際に公開されます。

鎌倉地蔵尊 勝上巚地蔵尊の御朱印

300円

真ん中に勝上巚(山冠に献)地蔵尊と書かれ、右上に鎌倉地蔵尊第十一番の印、真ん中に佛法僧寶の三宝印、左上に大本山の文字と地蔵尊のお姿の印、左下に建長寺の文字、建長の印が押されています。
鎌倉二十四地蔵尊霊場は鎌倉市内の寺院を中心に編成され、11番札所の本尊は建長寺地蔵堂に安置されている勝上巚地蔵(しょうじょうけんじぞう)です。

半僧坊大権現の御朱印

300円

真ん中に半僧坊大権現と書かれ、右上に鎌倉半僧権現の印、左上に大本山の文字、勝上巚の文字が入ったヤツデの羽団扇の印、左下に建長寺の文字、建長の印が押されています。
建長寺裏山の中腹にある鎌倉半僧坊本殿には、奥山方広寺から勧請した半僧坊大権現が祀られています。
半僧坊大権現は鼻高天狗の姿をしており、参道の急な石段には大小12体の天狗像が本殿を守るように置かれています。

限定御朱印(6種類)

南無地蔵尊の金印御朱印

300円

真ん中に南無地蔵尊と書かれ、右上に地蔵尊のお姿の金印、真ん中に佛法僧寶の金色の三宝印、左上に大本山の文字と天下禅林の金印、左下に建長寺の文字、建長の金印が押されています。
建長興國禅寺の御朱印帳を購入した方に限定して授与している御朱印です。

南無釈迦牟尼仏の金印御朱印

300円

真ん中に南無釈迦牟尼仏と書かれ、右上に天下禅林の金印、真ん中に佛法僧寶の金色の三宝印、左上に大本山の文字、左下に建長寺の文字、建長の金印が押されています。
建長興國禅寺の御朱印帳を購入した方に限定して授与している御朱印です。

びんずる尊者の金印御朱印

300円

真ん中に「びんずる尊者」と書かれ、右上に地蔵尊のお姿の金印、真ん中に佛法僧寶の金色の三宝印、左上に大本山の文字と天下禅林の金印、左下に建長寺の文字、建長の金印が押されています。
建長興國禅寺の御朱印帳を購入した方に限定して授与している御朱印です。

鎌倉観世音 千手観世音の金印御朱印

300円

真ん中に千手観世音と書かれ、右上に鎌倉観世音第二十八番の金印、真ん中に佛法僧寶の金色の三宝印、左上に大本山の文字と天下禅林の金印、左下に建長寺の文字、建長の金印が押されています。
建長興國禅寺の御朱印帳を購入した方に限定して授与している御朱印です。

鎌倉地蔵尊 心平地蔵尊の金印御朱印

300円

真ん中に心平地蔵尊と書かれ、右上に地蔵尊のお姿の金印、真ん中に佛法僧寶の金色の三宝印、左上に大本山の文字と鎌倉地蔵尊第九番の金印、左下に建長寺の文字、建長の金印が押されています。
建長興國禅寺の御朱印帳を購入した方に限定して授与している御朱印です。

鎌倉地蔵尊 済田地蔵尊の金印御朱印

300円

真ん中に済田地蔵尊と書かれ、右上に地蔵尊のお姿の金印、真ん中に佛法僧寶の金色の三宝印、左上に大本山の文字と鎌倉地蔵尊第十番の金印、左下に建長寺の文字、建長の金印が押されています。
建長興國禅寺の御朱印帳を購入した方に限定して授与している御朱印です。

このほか、行事にあわせて特別御朱印が頒布されます。

御朱印帳(3種類)

建長寺では、4種類の御朱印帳をいただけます。
そのなかからホトカミに投稿された3種類を紹介します。
天下禅林の御朱印帳は2色あります。

天下禅林の御朱印帳(青色)

1,200円(御朱印代込)
約18×12cm
青、赤

青色の地にカエデ柄、表面は天下禅林の金文字、裏面は下部に大本山建長寺の金文字が入っています。
天下禅林とは「人材を広く天下に求め育成する禅寺」という意味です。
天下禅林の文字が入った扁額は、西外門(天下門)や山門(三門)楼上に掲げられています。

天下禅林の御朱印帳(赤色)

1,200円(御朱印代込)
約18×12cm
青、赤

赤色の地に花柄、表面は天下禅林の金文字、裏面は下部に大本山建長寺の金文字が入っています。
天下禅林とは「人材を広く天下に求め育成する禅寺」という意味です。
天下禅林の文字が入った扁額は、西外門(天下門)や山門(三門)楼上に掲げられています。

寺紋の御朱印帳

1,500円
約18×12cm

黒色の地に、表面は右下に赤色で北条鱗の寺紋、左上に御朱印帳の文字、裏面は左上に赤色で北条鱗の寺紋、右下に建長興國禅寺の文字が入っています。
建長寺は鎌倉幕府五代執権北条時頼(ときより)が宋の蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)を招いて創建され、鎌倉時代には北条家や鎌倉幕府の庇護のもと寺勢と格を有したことから、北条家とは縁の深い寺院です。
北条鱗の寺紋が黒色でデザインされた御朱印帳もあります。

建長興國禅寺の御朱印帳

1,500円
約18×12cm

白色の地に、表面は下部に建長寺山門(三門)に掲げられている建長興國禅寺の文字が入った扁額がデザインされ、左上に御朱印帳の文字、裏面は右下に北条鱗の寺紋と大本山建長寺の文字が入っています。
建長興國禅寺の文字は後深草天皇(ごふかくさてんのう)の直筆で、扁額の拓本は、毎年11月上旬に実施される宝物風入の時に拝観することができます。

授与場所・時間

御朱印・御朱印帳ともに、建長寺朱印所と半僧坊朱印所でお受けできます。

御朱印の受付時間は以下のとおりです。
建長寺朱印所……8時30分~16時30分
半僧坊朱印所……8時30分~16時頃

詳しくは公式サイトをご確認ください。

過去の限定御朱印

建長寺では、季節や行事に合わせてカラフルな限定御朱印をいただけます。
ここからは2020年に頒布された過去の限定御朱印をご紹介します。

大覚禅師孟宗竹林図特別展土日限定御朱印

300円
2020年12月5,6,12,13日

真ん中に大覚禅師と書かれ、右上に地蔵尊のお姿の金印、真ん中に佛法僧寶の金色の三宝印、左上に大本山の文字と天下禅林の金印、左下に建長寺の文字、建長の金印が押されています。
大覚禅師は、蘭溪道隆(らんけいどうりゅう)という名の禅僧で、1253年(建長5年)に北条時頼に招かれて建長寺の開山となり、禅師が書いた「法語規則」は国宝に指定されています。
建長寺管長の依頼で洋画家の八十山さんが描いた孟宗竹林図が奉納され、2020年に特別展が開催されました。

御朱印をもっと見る|
379
御朱印について
御朱印
あり

真ん中に南無地蔵尊、左下に建長寺と書かれ、右上に地蔵尊のお姿の印、左上に天下禅林の印、社印が押されています。
建長寺の朱印所では全部で6種類、半僧坊では2種類の御朱印がいただけます。
半僧坊は境内の一番奥にある建長寺の鎮守です。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

有料駐車場 あり。 乗用車;最初の1時間 ¥600 で、以降30分単位で精算。

巡礼

鎌倉五山第一位
鎌倉三十三観音霊場第28番
鎌倉二十四地蔵第9番10番11番

ご利益

建長寺について

不動のNo1禅寺建長寺!


鎌倉にある建長寺は鎌倉幕府の執権北条時頼が
中国からお坊さんを呼び寄せて建てた日本初の禅宗専門のお寺であり、
臨済宗の禅寺の最高峰である「鎌倉五山」の中でも1番権威を持っているとされています。

英語でも楽しめる建長寺の座禅


日本最初の禅宗専門のお寺だけあって、建長寺の境内では座禅も出来ます。
そして、座禅プログラムの中には外国人観光客向けに英語での座禅プログラムもあるので、
外国人の友人と鎌倉観光をする時におすすめです。

建長寺はけんちん汁の発祥の地


建長寺はけんちん汁の発祥の地とも言われています。
元々は中国で作られていた精進料理を建長寺で作ってできたのがけんちん汁とされており、
現在でも建長寺周辺の料理店でけんちん汁を食べることが出来ます。

おすすめの投稿

忠吾
2022年08月21日(日)
145投稿

北鎌倉の臨済宗建長寺派の大本山、鎌倉五山の第一位。
山号「巨福山」、正式には「巨福山建長興国禅寺」。
1253年創建、地蔵菩薩が御本尊、開基は五代執権北条時頼、開山は蘭溪道隆(大覚禅師)となっています。
8月上旬の比較的涼しい日、久しぶりの参拝です。

寺院のホームページの中の言葉に

「無限の清風」

「福山は揮て松風を掩じず無限の清風来たりて未だ已まず」

来るものは拒まず 去るものは追わず
たとえ「自分には合わない」と去るものがいても引き留めることはしません

私たちの周りにもこの「無限の清風」が吹いています
それは偶然の出会いや出来事となって現れます
でも心の窓を閉じると入って来ません
大切なご縁も気づかずに通り過ぎてしまいます

幸せは開かれた心にのみ舞い降ります 今の世の中
メール SNS 携帯電話 コンピューター ヘッドホン
など 心は常に何かに集中しています

時には必要なのかもしれませんが
「集中」が「囚われ」や「依存」に陥りやすくなります

閉ざされた心に無限の清風は入れません

現代では意識して依存から離れ
囚われた心を解き放つ時間が必要です
自分の心を解放し 多くを受け止められる人になりたい
心の窓を開いて「無限の清風」を感じてみては如何でしょうか

という言葉があります。特に今のコロナ禍のご時世、心が晴れない身につまされる言葉でした。

今回の参拝で新たに御朱印帳をいただき金印が押印された3体の御朱印をいただきました。

建長寺(神奈川県)建長寺(神奈川県)建長寺(神奈川県)建長寺の芸術建長寺の建物その他建長寺(神奈川県)建長寺(神奈川県)建長寺(神奈川県)建長寺の自然建長寺(神奈川県)建長寺(神奈川県)建長寺の御朱印建長寺(神奈川県)建長寺(神奈川県)建長寺(神奈川県)建長寺(神奈川県)建長寺(神奈川県)
もっと読む
隼シューター
2022年01月24日(月)
688投稿

鎌倉に行ってきました。
まずは鎌倉五山第一位建長寺に参拝して
ご本尊の南無地蔵尊・鎌倉三十三観音霊場第二十八番の千手観音・
釈迦牟尼佛・鎌倉二十四地蔵の心平地蔵尊・鎌倉二十四地蔵の済田地蔵尊・びんずる尊者の御朱印を頂きました。
こちらを限定の御朱印帳を頂くとこの御朱印帳を頂くと印が金になります。
実はもう一冊御朱印帳を頂きました。
理由はこのあとにあります。
両方の御朱印帳の最初に書かれています。
建長寺の入口総門から入ると三門。
国の重要文化財に指定されています。
建長興国禅寺(正式名称)の大きな扁額が目に入ります。
下は吹きさらしになっていて扉がありません。
鐘楼の梵鐘は国宝に指定されています。
仏殿は重要文化財で寄棟造です。
ここにご本尊の地蔵菩薩坐像、心平地蔵菩薩坐像、千手観音などが安置されています。
法堂も重要文化財に指定されています。入母屋造の銅板葺きです。
天井画の雲龍図があります。
唐門も重要文化財で芝の徳川秀忠の妻崇源院(お江)の霊屋から移築されたものです。
建長寺の方丈には庭園があります。
#建長寺
#鎌倉市
#鎌倉
#鎌倉五山
#神奈川県
#御朱印
#御朱印帳

建長寺の御朱印

ご本尊の南無地蔵尊の御朱印

建長寺の御朱印

鎌倉三十三観音霊場第二十八番の千手観音の御朱印

建長寺の御朱印

釈迦牟尼佛の御朱印

建長寺の御朱印

鎌倉二十四地蔵の心平地蔵尊の御朱印

建長寺の御朱印

鎌倉二十四地蔵の済田地蔵尊の御朱印

建長寺の御朱印

びんずる尊者の御朱印

建長寺の御朱印

限定の御朱印帳

建長寺の御朱印帳

通常の御朱印帳

建長寺(神奈川県)

御朱印帳の最初に書かれています。

建長寺の御朱印

挟み紙

建長寺(神奈川県)

由緒書き

建長寺の山門

総門

建長寺の山門

山門

建長寺の建物その他

鐘楼

建長寺の建物その他

仏殿

建長寺の芸術

仏殿の天井画の雲龍図

建長寺(神奈川県)

法堂

建長寺の山門

唐門

建長寺(神奈川県)

方丈

建長寺の庭園

方丈庭園

もっと読む
投稿をもっと見る(161件)

建長寺の基本情報

住所神奈川県鎌倉市山ノ内8
行き方

・JR横須賀線「北鎌倉」駅よりバス5分(江ノ電バス ’ 鎌倉駅 ’行き「建長寺」下車)。
・または、「北鎌倉」駅より 徒歩約15分

・JR横須賀線「鎌倉」駅よりバス10分(江ノ電バス 各種 ’ 大船方面 ’ 行き「建長寺」下車)。
・または、「鎌倉」駅より 徒歩約30分

アクセスを詳しく見る
名称建長寺
読み方けんちょうじ
参拝時間

8:30〜16:30
/ 唐門の前までは車椅子でお入りいただけます。
境内にバリアフリートイレを設置しています。
車椅子貸出ございます。

参拝にかかる時間

3時間

参拝料

大人500円、小・中学生200円

トイレあり。 ’ 仏殿 ’ に向かって左方の休憩所にあります。
御朱印あり

真ん中に南無地蔵尊、左下に建長寺と書かれ、右上に地蔵尊のお姿の印、左上に天下禅林の印、社印が押されています。
建長寺の朱印所では全部で6種類、半僧坊では2種類の御朱印がいただけます。
半僧坊は境内の一番奥にある建長寺の鎮守です。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0467-22-0981
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://www.kenchoji.com
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご本尊地蔵菩薩
山号臣福山 ( 臣福山 建長興国禅寺 こふくさん けんちょうこうこくぜんじ)
宗旨・宗派臨済宗建長寺派
創建時代建長5年(1253年)
開山・開基開基:北条時頼  開山:蘭渓道隆
札所など

鎌倉五山第一位
鎌倉三十三観音霊場第28番
鎌倉二十四地蔵第9番10番11番

文化財

梵鐘(国宝)
唐門、法堂、仏殿、三門(重要文化財)

体験坐禅(座禅)写経・写仏仏像食事・カフェ御朱印国宝重要文化財札所・七福神巡り法話
Youtube

Wikipediaからの引用

概要
建長寺(けんちょうじ)は、神奈川県鎌倉市山ノ内にある禅宗の寺院で、臨済宗建長寺派の大本山。正式には巨福山建長興国禅寺(こふくさんけんちょうこうこくぜんじ)と号する。 鎌倉時代の建長5年(1253年)の創建で、本尊は地蔵菩薩。開基(創立者)は鎌倉幕府第5代執権・北条時頼、開山(初代住職)は南宋の禅僧・蘭渓道隆で、第二世は同じく南宋の兀庵普寧である。鎌倉五山の第一位。境内は「建長寺境内」として国の史跡に指定。
歴史
歴史[編集] 蘭渓道隆像(国宝) 創建[編集] 建長寺は鎌倉幕府第5代執権・北条時頼により創建された禅宗寺院で、建長5年(1253年)に落慶供養が営まれている。開山(初代住職)は南宋からの渡来僧・蘭渓道隆(大覚禅師)であった。当時の日本は、承久の乱(1221年)を経て北条氏の権力基盤が安定していた。京都にある朝廷の全国支配力は弱まり、政治的には鎌倉が事実上、日本の首府となっていた時代であった。北条時頼は熱心な仏教信者であり、禅宗に深く帰依していた。 創建の時期については、鎌倉幕府の公式記録である『吾妻鏡』には建長3年(1251年)から造営が始められ、同5年(1253年)に落慶供養が行...Wikipediaで続きを読む
アクセス
交通[編集] 横須賀線(JR東日本)北鎌倉駅下車徒歩20分[1]、江ノ島電鉄(江ノ電バス)3分「建長寺」下車徒歩すぐ[2] 横須賀線・江ノ島電鉄鎌倉駅下車徒歩30分[1]、江ノ島電鉄(江ノ電バス)5分「建長寺」下車徒歩すぐ[2] バスは渋滞が多い。 境内にはハイキングコースがつながっており、鎌倉市内の瑞泉寺方面や、さらに横浜市の円海山方面まで行くことができる。 ^ a b 引用エラー: 無効な タグです。「access」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません ^ a b 「一般路線バス」(江ノ電バスのサイト)
引用元情報建長寺」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%BB%BA%E9%95%B7%E5%AF%BA&oldid=92300562

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年12月