参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

ことひらおおとりじんじゃ

金刀比羅大鷲神社

ことひらおおとりじんじゃ

金刀比羅大鷲神社

神奈川県 阪東橋駅
横浜市南区真金町1-3

御朱印受付時間:10時~16時半

御朱印あり
商売繁盛
【公式】横浜御朱印めぐり

御朱印・御朱印帳

毎年11月に行われる例大祭「酉の市」には、限定御朱印がいただけます。

御朱印をもっと見る(110枚)

オススメの投稿

横浜の繁華街にある商店街の近くにある神社様 以前よりこちらの投稿で拝見して気になっていた神社に 遅らせた昼休み&業務報告早帰りを利用して参拝にお伺いすることに…続きを読む

8

令和初の酉の市 こちら横浜では結構有名らしいこちらの市に行ってきました^^  前回こちらの神社に伺ったときに聞いた話で<結構混みますよ~>とは聞いていたのです…続きを読む

6

ホトカミ公式の『横浜御朱印めぐり 中編』 本編最後となる『金刀比羅大鷲神社』です。 横浜橋通商店街から少し外れたところに鎮座し、境内もお世辞にも広いと…続きを読む

横浜御朱印めぐり① 金刀比羅大鷲神社 今日から始まった横浜御朱印めぐり!ホトカミの運営の方々、横浜市営地下鉄、横浜市内の寺社の方々のご苦労があって始ま…続きを読む

9

横浜橋商店街にある金刀比羅大鷲神社に参拝してきました。ここは、毎年11月の酉の日に商売参照を祈願する神社で有名な場所です。 毎月限定の御朱印を頂けるので人気…続きを読む

6

投稿をもっと見る(74件)

アクセス

住所横浜市南区真金町1-3
Googleマップで地図を開く
エリア阪東橋駅
行き方

横浜市営地下鉄 阪東橋駅より 徒歩5分

近くの駅

◼︎横浜市ブルーライン
阪東橋駅から直線約370m
徒歩約8分
車で約1分
Googleマップで確認



◼︎横浜市ブルーライン
伊勢佐木長者町駅から直線約640m
徒歩約15分
車で約3分
Googleマップで確認



◼︎京浜急行本線
黄金町駅から直線約670m
徒歩約16分
車で約3分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

金刀比羅大鷲神社について

基本情報

名称金刀比羅大鷲神社
読み方ことひらおおとりじんじゃ
通称横浜のお酉様
参拝時間

御朱印受付時間:10時~16時半

御朱印あり
電話番号045-231-3208
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://yokohama-torinoichi.jimdo.com

詳細情報

ご祭神《合》手力雄命,日本武尊,天之鳥船命,《主》大物主命,《配》崇徳天皇
創建時代1859年(安政6年)
札所など

横濱開港神社巡り

文化財

酉の市(無形民俗文化財指定)
(説明)
当社の御祭神は天之鳥船之命の御名から宝を鳥船(鳳凰、即ちおおとり)で、とり十二子の酉をあてられ、酉の市は正しくは鳥街(とりまち)・酉の市ともお酉様ともいって大鷲神社の例大祭であります。
古、武将階級のみの祭りであった様ですが、この酉の市の祭事が商人や花街などの根強い開運守護神の信仰が深くなり、毎年11月の酉の日に盛んに斎行される様になりました。酉の市は12日目に1度巡ってくるので、年によっては2度、3度と行われる事になっています。
お酉様の熊手は酉(鷲トリ)が取るに通じ取る熊手というので福運をかき集める縁起から喜ばれ、熊手に開運守りをつけ鷲掴みという語源から更に大鷲づかみという縁起にもとづき掻き米(掻き込むの意味)として一般参拝者に授与されております。
毎年の例大祭には、神奈川県下よりの参拝者も多く、善男善女で賑わいを極め、独占的な横浜の初冬を告げる年中行事として民衆の心の中に生きる神様であり、御神徳が高く信仰が非常に多いのであります。

ご由緒

当社は遠く安政六年(1859年)六月二日横浜が開港するにあたり港崎町(現在の横浜公園)に讃岐国象頭山(香川県琴平町)に鎮座する金毘羅大権現として創建された。慶応二年十月二十日の大火に類焼され翌三年吉原町に御遷座し更に明治五年に再び高島町七丁目の海側に遷座し金刀比羅神社と社号を改正した。これより先すでに万延元年(1860年)十月六日港崎町名主佐吉代要助はかねて神奈川奉行に差し出していた金刀比羅神社の発令許可に請書を出している。明治六年三月には地方長官の認可を受け無格社として神社明細帳に登録されることになり更に明治十五年四月に今の真金町に移転されこれが現在の神域であります。本来当社は花柳街に勧請せられたのでありますから其の移転と共にしばしばの御遷座が行われたものと思われます。大正十二年九月の関東大地震、更には大東亜戦争の戦災に惜しくも社殿は炎上され昭和二十五年仮社殿再建、平成元年八月鉄筋コンクリート入り母屋造りに建設されたものである。
 酉の市行事は明治初年高島町に金刀比羅神社が遷座された頃、江戸吉原の例に倣ってお酉様を同社境内に末社として勧請されこれが大鷲神社のはじめである。この頃から酉の市祭りは盛んで、「開運守護」「商売繁盛」の守り神として崇敬篤く現在は戦後金刀比羅神社と御同座して現在の社号に社名変更された。酉の市祭事はもっぱら武士階級の祭りでもあったようだが酉の市祭事が商人や花街の根強い開運守護または福運を熊手をもってかき集める縁起から喜ばれご神徳高く毎年十一月の酉の日盛大に斎行され当日は数百軒の露天商が立ち並び開運の熊手を受けられる善男善女で殷賑を極め独占的な年中行事として有名である。

巡礼
ご利益
体験

Wikipediaからの引用

概要
金刀比羅・大鷲神社(ことひら・おおとりじんじゃ)は、神奈川県横浜市南区真金町にある神社である。旧無格社。登記上の宗教法人名称は宗教法人金刀比羅神社(しゅうきょうほうじんことひらじんじゃ)。境内末社に伏見稲荷神社がある。
歴史
;金刀比羅神社 :1859年横浜開港にあたり、港崎遊郭の岩亀楼主人である岩槻屋佐吉が讃岐国象頭山 金比羅大権現を勧請し、港崎町(現在の横浜公園の地)に祭祀した。
1872年に遊廓の移転とともに高島町7丁目の海側へ遷座。1882年4月に同様の理由で真金町へ遷座した。
1923年9月1日の関東大震災と1945年5月29日の横浜大空襲で共に被災。その度に再建されたが、現在の社殿は1988年8月に更に再建されたもの。 ;大鷲神社 :1872年港崎遊廓が高島町に移転した際、東京の吉原に倣い、「おとり様」を勧請した。この時より、浅草と同様に酉の市が行われるようになった。当初は境内の末社で...Wikipediaで続きを読む
引用元情報金刀比羅・大鷲神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E9%87%91%E5%88%80%E6%AF%94%E7%BE%85%E3%83%BB%E5%A4%A7%E9%B7%B2%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=72486842
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
ログインすると情報を追加/編集できます。

最終更新: 2020年10月12日byホトカミちゃん(アプリ開発中)


神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

アクセス

住所横浜市南区真金町1-3
Googleマップで地図を開く
エリア阪東橋駅
行き方

横浜市営地下鉄 阪東橋駅より 徒歩5分

近くの駅

◼︎横浜市ブルーライン
阪東橋駅から直線約370m
徒歩約8分
車で約1分
Googleマップで確認



◼︎横浜市ブルーライン
伊勢佐木長者町駅から直線約640m
徒歩約15分
車で約3分
Googleマップで確認



◼︎京浜急行本線
黄金町駅から直線約670m
徒歩約16分
車で約3分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

ホトカミを応援してくださっている皆様

特別スポンサー

何かお気づきの点はありますか?
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2021年10月