御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※金刀比羅大鷲神社ではいただけません

ことひらおおとりじんじゃ

金刀比羅大鷲神社

神奈川県 阪東橋駅

御朱印受付時間:10時~16時半

投稿する
045-231-3208

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり

毎年11月に行われる例大祭「酉の市」には、限定御朱印がいただけます。

限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

こばけん
2021年11月21日(日)
599投稿

 21.11.19。先の堰神社様より「吉野町駅」へ戻り、地下鉄で「阪東橋駅」下車、徒歩8分。横浜市南区真金町1丁目に鎮座。二社相殿。

 以下、当社リーフレットより!
・金刀比羅神社
 御祭神:大物主之命・崇徳天皇。

 安政6年(1859)横浜が開港するにあたり、港崎遊郭(みよざきくるわ)《横浜公園》の地に金刀比羅社を祀って守護神として商売繁盛を招来するよう、岩亀楼主・佐藤佐吉は讃岐の象頭山(四国琴平町)から金毘羅大権現を勧請して祭祀しました。
 その後は紆余曲折を経て、明治15年4月に現在の真金町に遷座しました。

・大鷲神社
 御祭神:天之鳥船命。

 明治5年高島町に金刀比羅神社が遷座された頃から江戸吉原の例に倣って「おとり様」を勧請。同社の境内に末社として祀りこれが大鷲神社の初めであります。もとの社殿は別宮としてありましたが、今は金刀比羅神社の相殿に祀られております。

 「ホトカミ横浜御朱印めぐり」⑩ 当神社と言えば、落語家の故・桂歌丸師匠が生前に住んでいた地であり、神社の責任役員も務められていたことで知られています。
 又すぐ隣は昔ながらの商店街(横浜橋商店街)が人気で横浜の下町情緒が残るエリアですね!

金刀比羅大鷲神社の御朱印

通常御朱印。

金刀比羅大鷲神社の御朱印

11月限定御朱印。

金刀比羅大鷲神社の鳥居

鳥居。

金刀比羅大鷲神社の鳥居金刀比羅大鷲神社の建物その他

社号標。
→歌丸師匠の名が見えます!

金刀比羅大鷲神社(神奈川県)

社号標並びに《石柱》。
→遊郭の刻字が!昭和33年迄あった遊郭の名残りですね!→今や貴重なもののようです!

金刀比羅大鷲神社の狛犬

狛犬(右)。

金刀比羅大鷲神社(神奈川県)

狛犬(左)。

金刀比羅大鷲神社の手水

手水舎。
→停止中でした!

金刀比羅大鷲神社(神奈川県)

社殿。

金刀比羅大鷲神社の本殿金刀比羅大鷲神社の末社

境内末社 稲荷神社。

金刀比羅大鷲神社の建物その他金刀比羅大鷲神社の建物その他

すし塚。

金刀比羅大鷲神社の建物その他

すし塚について。
→歌丸師匠のイラストが!
 

金刀比羅大鷲神社(神奈川県)

関東大震災復興記念碑。

金刀比羅大鷲神社の建物その他

御神木の《椎の木》。

金刀比羅大鷲神社の建物その他

社務所・授与所。
→こちらで書き置きの御朱印を拝受しました。
 又神社の謂れなどお聞きしていたら、リーフレットを頂いたり、アルバムで昔の遊郭や古い地図など貴重な写真を見せて下さいました。
 宮司様ありがとうございました。

金刀比羅大鷲神社(神奈川県)

神社案内リーフレット。

金刀比羅大鷲神社の周辺

横浜橋商店街のアーケード。
→長さ400mに及ぶようです!

もっと読む
投稿をもっと見る(84件)

歴史

当社は遠く安政六年(1859年)六月二日横浜が開港するにあたり港崎町(現在の横浜公園)に讃岐国象頭山(香川県琴平町)に鎮座する金毘羅大権現として創建された。慶応二年十月二十日の大火に類焼され翌三年吉原町に御遷座し更に明治五年に再び高島町七丁目の海側に遷座し金刀比羅神社と社号を改正した。これより先すでに万延元年(1860年)十月六日港崎町名主佐吉代要助はかねて神奈川奉行に差し出していた金刀比羅神社の発令許可に請書を出している。明治六年三月には地方長官の認可を受け無格社として神社明細帳に登録されることになり更に明治十五年四月に今の真金町に移転されこれが現在の神域であります。本来当社は花柳街に勧請せられたのでありますから其の移転と共にしばしばの御遷座が行われたものと思われます。大正十二年九月の関東大地震、更には大東亜戦争の戦災に惜しくも社殿は炎上され昭和二十五年仮社殿再建、平成元年八月鉄筋コンクリート入り母屋造りに建設されたものである。
 酉の市行事は明治初年高島町に金刀比羅神社が遷座された頃、江戸吉原の例に倣ってお酉様を同社境内に末社として勧請されこれが大鷲神社のはじめである。この頃から酉の市祭りは盛んで、「開運守護」「商売繁盛」の守り神として崇敬篤く現在は戦後金刀比羅神社と御同座して現在の社号に社名変更された。酉の市祭事はもっぱら武士階級の祭りでもあったようだが酉の市祭事が商人や花街の根強い開運守護または福運を熊手をもってかき集める縁起から喜ばれご神徳高く毎年十一月の酉の日盛大に斎行され当日は数百軒の露天商が立ち並び開運の熊手を受けられる善男善女で殷賑を極め独占的な年中行事として有名である。

歴史をもっと見る|
3

金刀比羅大鷲神社の基本情報

住所神奈川県横浜市南区真金町1-3
行き方

横浜市営地下鉄 阪東橋駅より 徒歩5分

アクセスを詳しく見る
名称金刀比羅大鷲神社
読み方ことひらおおとりじんじゃ
通称横浜のお酉様
参拝時間

御朱印受付時間:10時~16時半

御朱印あり

毎年11月に行われる例大祭「酉の市」には、限定御朱印がいただけます。

限定御朱印なし
電話番号045-231-3208
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://yokohama-torinoichi.jimdo.com
お守りあり

詳細情報

ご祭神《合》手力雄命,日本武尊,天之鳥船命,《主》大物主命,《配》崇徳天皇
創建時代1859年(安政6年)
札所など

横濱開港神社巡り

文化財

酉の市(無形民俗文化財指定)
(説明)
当社の御祭神は天之鳥船之命の御名から宝を鳥船(鳳凰、即ちおおとり)で、とり十二子の酉をあてられ、酉の市は正しくは鳥街(とりまち)・酉の市ともお酉様ともいって大鷲神社の例大祭であります。
古、武将階級のみの祭りであった様ですが、この酉の市の祭事が商人や花街などの根強い開運守護神の信仰が深くなり、毎年11月の酉の日に盛んに斎行される様になりました。酉の市は12日目に1度巡ってくるので、年によっては2度、3度と行われる事になっています。
お酉様の熊手は酉(鷲トリ)が取るに通じ取る熊手というので福運をかき集める縁起から喜ばれ、熊手に開運守りをつけ鷲掴みという語源から更に大鷲づかみという縁起にもとづき掻き米(掻き込むの意味)として一般参拝者に授与されております。
毎年の例大祭には、神奈川県下よりの参拝者も多く、善男善女で賑わいを極め、独占的な横浜の初冬を告げる年中行事として民衆の心の中に生きる神様であり、御神徳が高く信仰が非常に多いのであります。

ご由緒

当社は遠く安政六年(1859年)六月二日横浜が開港するにあたり港崎町(現在の横浜公園)に讃岐国象頭山(香川県琴平町)に鎮座する金毘羅大権現として創建された。慶応二年十月二十日の大火に類焼され翌三年吉原町に御遷座し更に明治五年に再び高島町七丁目の海側に遷座し金刀比羅神社と社号を改正した。これより先すでに万延元年(1860年)十月六日港崎町名主佐吉代要助はかねて神奈川奉行に差し出していた金刀比羅神社の発令許可に請書を出している。明治六年三月には地方長官の認可を受け無格社として神社明細帳に登録されることになり更に明治十五年四月に今の真金町に移転されこれが現在の神域であります。本来当社は花柳街に勧請せられたのでありますから其の移転と共にしばしばの御遷座が行われたものと思われます。大正十二年九月の関東大地震、更には大東亜戦争の戦災に惜しくも社殿は炎上され昭和二十五年仮社殿再建、平成元年八月鉄筋コンクリート入り母屋造りに建設されたものである。
 酉の市行事は明治初年高島町に金刀比羅神社が遷座された頃、江戸吉原の例に倣ってお酉様を同社境内に末社として勧請されこれが大鷲神社のはじめである。この頃から酉の市祭りは盛んで、「開運守護」「商売繁盛」の守り神として崇敬篤く現在は戦後金刀比羅神社と御同座して現在の社号に社名変更された。酉の市祭事はもっぱら武士階級の祭りでもあったようだが酉の市祭事が商人や花街の根強い開運守護または福運を熊手をもってかき集める縁起から喜ばれご神徳高く毎年十一月の酉の日盛大に斎行され当日は数百軒の露天商が立ち並び開運の熊手を受けられる善男善女で殷賑を極め独占的な年中行事として有名である。

体験祈祷御朱印重要文化財祭り札所・七福神巡り

Wikipediaからの引用

概要
金刀比羅・大鷲神社(ことひら・おおとりじんじゃ)は、神奈川県横浜市南区真金町にある神社である。旧無格社。登記上の宗教法人名称は宗教法人金刀比羅神社(しゅうきょうほうじんことひらじんじゃ)。境内末社に伏見稲荷神社がある。
歴史
歴史[編集] 金刀比羅神社 1859年横浜開港にあたり、港崎遊郭の岩亀楼主人である岩槻屋佐吉が讃岐国象頭山 金比羅大権現を勧請し、港崎町(現在の横浜公園の地)に祭祀した。1872年に遊廓の移転とともに高島町7丁目の海側へ遷座。1882年4月に同様の理由で真金町へ遷座した。1923年9月1日の関東大震災と1945年5月29日の横浜大空襲で共に被災。その度に再建されたが、現在の社殿は1988年8月に更に再建されたもの。 大鷲神社 1872年港崎遊廓が高島町に移転した際、東京の吉原に倣い、「おとり様」を勧請した[1]。この時より、浅草と同様に酉の市が行われるようになった。当初は境内の末社であり...Wikipediaで続きを読む
引用元情報金刀比羅・大鷲神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E9%87%91%E5%88%80%E6%AF%94%E7%BE%85%E3%83%BB%E5%A4%A7%E9%B7%B2%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=72486842

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー