御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※神恵院ではいただけません

じんねいん|真言宗大覚寺派七宝山(しっぽうざん)

神恵院

香川県 観音寺駅

投稿する
0875-25-3871

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

普通車 約20台、マイクロバス 10台、大型 5台 (無料)

おすすめの投稿

投稿をもっと見る(15件)

神恵院の基本情報

住所香川県観音寺市八幡町1-2-7
行き方

観音寺駅 (1.6km)
観音寺市のりあいバス 琴弾公園バス停 (0.2km)
67【大興寺】より
(自家用車)約20分 約10km
(徒歩)約2時間 約9km
69【観音寺】より
(徒歩)約0分 約0km 隣接

アクセスを詳しく見る
名称神恵院
読み方じんねいん
参拝時間

7:00~17:00

トイレ神恵院大師堂の左側
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0875-25-3871
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスinfo@shikoku88-6869.com
ホームページhttp://www.shikoku88-6869.com/
SNS

詳細情報

ご本尊阿弥陀如来
山号七宝山(しっぽうざん)
宗旨・宗派真言宗大覚寺派
創建時代大宝3年(703)
開山・開基日証上人
札所など

四国八十八箇所68番

文化財

絹本著色琴弾八幡本地仏像、絹本著色琴弾宮絵縁起(重要文化財)

ご由緒

六十八番・神恵院も六十九番・観音寺も琴弾公園内の琴弾山の中腹にあります。2つの札所が同じ境内に存在する、とても珍しい霊場です。
開基したのは法相宗の高僧・日証上人といわれています。大宝3年(703)この地で修行中、宇佐八幡宮のお告げを受け、かなたの海上で神船と琴を発見。琴弾山に引き上げ、「琴弾八幡宮」を建立して祀りました。このとき、神宮寺として建てられた寺が起源とされています。大同2年(807)弘法大師が琴弾八幡宮の本地仏である阿弥陀如来を描いて本尊として祀り、後に院号を「神恵院」とし、六十八番霊場としました。
その後、明治初年の神仏分離令で八幡宮は琴弾神社と神恵院に分離され、神恵院は麓の観音寺境内に移転。同時に八幡宮に安置されていた阿弥陀如来像も西金堂(さいこんどう)に移されました。以降、「神恵院」は西金堂(2002年に新築)を本堂に、阿弥陀如来像を本尊として今に至っています。

体験御朱印重要文化財札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー