参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

かしまじんぐう

鹿島神宮の歴史茨城県 鹿島神宮駅

鹿島神宮の歴史情報

詳細情報

ご祭神《主》武甕槌神
創建時代神武天皇元年

Wikipediaからの引用

歴史
創建・伝承 創建について、鹿島神宮の由緒『鹿島宮社例伝記』(鎌倉時代)や古文書(応永32年(1425年)の目安)では神武天皇元年に初めて宮柱を建てたといい。 一方『常陸国風土記』。 概史 飛鳥時代 『常陸国風土記』には鹿島社に多くの神戸、すなわち祭祀維持のための付属の民戸が設置されたことが見える。 このような朝廷との結びつきには、中臣氏の存在が背景にあったと指摘される。中臣氏進出以前の祭祀氏族については諸説あるが、明らかではない(「考証」節参照)。 鹿島神が朝廷の東国経営で大きな役割を果たした様子を表すものとしては、後世の『日本三代実録』に記される、陸奥国内の多くの鹿島神の苗裔神(御子神...Wikipediaで続きを読む
引用元情報鹿島神宮」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E9%B9%BF%E5%B3%B6%E7%A5%9E%E5%AE%AE&oldid=78027101

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る
神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!