御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※筑波山神社ではいただけません

つくばさんじんじゃ

筑波山神社

茨城県 騰波ノ江駅

投稿する
029-866-0502

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印・御朱印帳

御朱印

筑波山神社では、境内内社を含めると8種類の御朱印をいただけます。

季節や行事に合わせたカラフルな御朱印が頒布されています。

筑波山神社の御朱印

500円

真ん中に筑波山神社と書かれ、右上に天地開闢(てんちかいびゃく)の印、真ん中に筑波山神社の印、左下に印が押されています。
天地開闢とは世界の始まりのことで、神代の昔、イザナギ、イザナミの二柱の神様が山頂の天浮橋(あめのうきはし)に立ち、玉で飾った天の沼矛(ぬぼこ)を下ろし、かき回したところ、その矛の先からしたたりおちた塩で成った島(オノコロジマ)が筑波山であり、天地開闢の地とされています。

恵比寿神の御朱印

500円

真ん中に恵比寿神と書かれ、右上に筑波山の文字と印、真ん中に常陸国筑波山神社の印が押されています。
筑波山神社境内にある日枝神社と春日神社両社共有の拝殿内には、常陸七福神の恵比寿神が祀られています。

男体山御本殿の御朱印

500円

真ん中に男体山御本殿と書かれ、右上に筑波山西峯の印、真ん中に男大神筑波山の印、左上に登拝の印が押されています。
筑波山神社は坂東無双の名嶽とうたわれた筑波山を境内とし、西峯男体山頂の磐座に筑波男大神(伊弉諾尊(いざなぎのみこと ))を祀っています。
山頂の守札授与所で御朱印をいただく場合は、登拝の印が押されます。

女体山御本殿の御朱印

500円

真ん中に女体山御本殿と書かれ、右上に筑波山東峯の印、真ん中に女大神筑波山の印、左上に登拝の印が押されています。
筑波山神社は坂東無双の名嶽とうたわれた筑波山を境内とし、東峯女体山頂の磐座に筑波女大神(伊弉冊尊(いざなみのみこと ))を祀っています。
山頂の守札授与所で御朱印をいただく場合は、登拝の印が押されます。

厳島神社の御朱印

500円

真ん中に厳島神社と書かれ、右下に寛永十年徳川家光公寄進の印、真ん中に三葉葵の印と紫峰筑波山厳島神社の印が押されています。
厳島神社は、筑波山神社拝殿の南西にある池の中に鎮座し、社殿は寛永10年(1633年)の三代将軍徳川家光による寄進と伝わっています。

日枝神社 春日神社の御朱印

500円

真ん中に日枝神社 春日神社と書かれ、右下に寛永十年徳川家光公寄進の印、真ん中に三葉葵の印と筑波山赤宮日枝春日神社の印が押されています。
日枝神社・春日神社およびその拝殿は、三代将軍徳川家光公より寄進されたもので、社殿が朱色であることから赤宮の通称で親しまれています。

朝日稲荷神社の御朱印

500円

真ん中に朝日稲荷神社の印が押され、右下に紫峰鎮座出世稲荷の印、真ん中に常陸筑波山稲荷神社の印が押されています。
朝日稲荷神社は、嵯峨天皇第四皇子常陸国太守忠良親王の創建とされ、出世稲荷とも呼ばれています。

限定御朱印

梅まつり限定御朱印

500円

真ん中に紫峰梅花祭筑波山神社奉拝之御璽の印が押され、梅の花とウグイスのイラストの印が押されています。
筑波山梅まつりは、毎年2月中旬から3月末にかけて、茨城県つくば市の筑波山中腹の筑波山梅林で行われます。

紅葉祭限定御朱印

500円

真ん中に紫峰紅葉祭筑波山神社参拝之御璽の印が押され、紅葉とトンボのイラストの印が押されています。
筑波山もみじ祭りは、茨城県つくば市の筑波山で2003年から毎年11月に行われます。

御朱印帳

筑波山神社では、4種類の御朱印帳が頒布されています。

オリジナル御朱印帳

1,200円
約18×12cm

ダイヤモンド筑波山の写真がデザインされた神々しい御朱印帳で、表面は左上に御朱印帳の文字、右下に筑波山神社の文字が入り、裏面は真ん中に三葉葵の紋が入っています。

オリジナル御朱印帳

1,200円
約18×12cm

紫色の地に、表面は筑波山がデザインされ、左上に御朱印帳の文字、下部に筑波山神社の文字が入り、裏面は全体に葵が散りばめられ、真ん中に三葉葵の紋が入っています。

オリジナル御朱印帳

1,200円

見猿言わ猿聞か猿、蝶、鈴、花などのイラストが全体に散りばめられ、表面は左上に御朱印帳の文字が入り、裏面は真ん中に筑波山神社の文字が入っています。

授与場所・時間

御朱印・御朱印帳ともに、拝殿に向かって左側にある授与所でお受けできます。

登拝印が押された御朱印は、男体山と女体山の両山頂本殿脇の守礼授与所でお受けできます。

御朱印の受付時間
拝殿の授与所……9時~16時30分

詳しくは公式サイトをご確認ください。

御朱印をもっと見る|
269
御朱印について
御朱印
あり

右上に天地開闢の印が押された御朱印です。境内内社を含めると8種類の御朱印があります。梅まつりではカラフルな御朱印がいただけます。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

有料駐車場あり
※1回500円。1時間無料

ご利益

筑波山神社について

3000年の歴史を有する神社


筑波山神社はその名の通り、関東の霊峰といわれる筑波山を御神体としています。
筑波山は西峰・男体山頂にはイザナギを、東峰の女体山頂にはイザナミをまつっており、
そこから縁結び、夫婦和合、家内安全、子授けなどにご利益があるとされています。

関東一、早く見れる初日の出


あまり有名ではありませんが、筑波山神社のある筑波山では、関東で最も早く初日の出を見ることができます。
日中の参拝もいいですが、初日の出の時間帯の参拝もオススメです。

おすすめの投稿

惣一郎
2021年11月01日(月)
968投稿

筑波山神社(つくばさん~)は、茨城県つくば市にある神社。式内社で、旧社格は県社。現在は神社本庁の別表神社。祭神は、筑波男大神(伊弉諾尊)と筑波女大神(伊弉冉尊)。双耳峰である筑波山を神体山として祀り、西峯男体山頂(871m)の磐座に筑波男大神、東峯女体山頂(877m)に筑波女大神を祀る。境内は中腹の拝殿から山頂を含む約370ha(東京ドーム80個分)に及ぶ。

創建は不詳。社伝によると、関東地方に人が住むようになったころから、筑波山は信仰の対象として仰がれてきた。第十代崇神天皇の御代(約2千年前)に、筑波山を中心として筑波国、新治国、茨城国の三国が建置されると、物部氏の一族・筑波命が筑波国造に命じられ、以来筑波一族が祭政一致で筑波山神社に奉仕した。第十二代景行天皇の皇太子・日本武尊が東征の帰途に筑波山に登山したことが古書に記載され、その御歌によって連歌岳の名が残っている。奈良時代の『万葉集』には、筑波の歌が25首掲載されている。平安時代の927年に編纂された『延喜式神名帳』には「常陸国 筑波郡 筑波山神社 二座」と記載され、男神は名神大社、女神は小社に列した。中世以降は仏教の興隆で筑波山にも堂塔が立つこととなった。江戸時代になると、幕府は筑波山が江戸の鬼門を守る神山として神領1500石を献じた。幕末には藤田小四郎らが尊王攘夷の兵を起こした筑波山事件の舞台となった。明治時代に入り、近代社格制度の下、県社に列格した。

当社は、つくばエクスプレス・つくば駅の北方15kmにある筑波山にある。拝殿は中腹にあり、本殿が男体山頂、女体山頂にある。両山頂は700mほど離れている。拝殿周りには、一般の大規模神社同様、鳥居、隋身門、社務所があるが、当然に本殿はない。拝殿から本殿まで、何種類かの登山コースがあり自分の足で登ることもできるが、拝殿そばの宮脇駅から筑波山ケーブルカーに乗ると約8分で筑波山頂駅まで行くこともできる。山頂からは関東一円を見渡すこともできるため、観光客にも登山客にも人気がある。

今回は、常陸国の式内社、茨城県の旧県社、神社本庁の別表神社であることから参拝することに。参拝時は週末の午前中で、秋の行楽シーズンということもあり、大勢の観光客が来ていた。

筑波山神社(茨城県)

筑波山に行く途中、プチ渋滞箇所から霊峰・筑波山を望む。周りに山がないので高く見える。

筑波山神社の鳥居

門前町の最奥に位置する境内入口にある<鳥居>。手前には<撫で牛>。土台には<奉納 筑波さんろく 紫峰牛>とある。

筑波山神社(茨城県)

参道を進むと、参道の直線上に<御神橋>がある。切妻造小羽葺屋根付、間口一間、奥行四間。安土桃山様式の反橋(そりはし)。
1590年に徳川家康が江戸入府後、筑波山を江戸城鎮護の霊山と定めたが、御神橋は1633年に3代将軍家光が寄進、1702年に5代将軍綱吉が改修した。
御神橋は通行禁止なので、参道は神橋を避けて左側を通る。

筑波山神社の建物その他

御神橋の左側を通ると、参道左側の樹木の影に、初めて<社号標>が現れる。その先に<手水舎>がある。

筑波山神社の建物その他

ここから徐々に階段を登って行く。

筑波山神社の山門

階段を登ると<隋神門>。間口5間2尺、奥行3間。江戸時代初期の1633年、3代将軍徳川家光が建立。以後焼失を繰り返し、現在の建物は1811年の再建。神仏習合時代の仁王門で、神仏分離後に隋神門となった。

筑波山神社の自然

隋神門の左手には、すごく大きな巨木が見える。

筑波山神社の自然

近づいてみると、異常に太い根周りに感動。周囲9.8m、高さ32m、樹齢800年の<大杉>。

筑波山神社の手水

階段を登り切ったところの右側にある<手水舎>。

筑波山神社の本殿

<拝殿>全景。江戸時代に中禅寺の本堂(大御堂)があった場所に、明治時代の神仏分離後の1875年に建立された。

筑波山神社の本殿

<拝殿>正面。内部の扁額には<筑波神社>とある。

筑波山神社(茨城県)

拝殿手前の右側にある<常陸七福神>の堂宇。

筑波山神社の末社

常陸七福神の堂宇の後ろにある<春日神社本殿>(左)と<日枝神社本殿>(右)。

筑波山神社(茨城県)

拝殿正面から左手を望む。正面にあるのが<授与所>。御朱印はこちら。授与所の後ろに、参集殿と社務所がある。

筑波山神社の本殿

斜め前から<拝殿>全景。重厚感が半端ない。拝殿は標高270mにあるが、ここから本殿のある山頂までの約370haがすべて当社の境内地。

筑波山神社の鳥居

拝殿と社務所の間の奥、少し高い場所にある<鳥居群>。

筑波山神社(茨城県)

鳥居群の後ろには、<朝日稲荷神社(通称;出世稲荷)>(右)と<稲荷社>(左)がある。

筑波山神社の本殿

鳥居群のある高台から拝殿を望む。さらに大きく見える。拝殿のすぐ後ろには何もなく、本殿は男体山山頂・女体山山頂にある。

筑波山神社の建物その他

拝殿と社務所の間の奥にある<御神水>。

筑波山神社の本殿

時流に合わせ、<狛犬>もマスクをしている。(^_^;)

筑波山神社の周辺

筑波山中腹の<拝殿>から山頂の<本殿>までの行き方は、登山かケーブルカーかロープウェーの3択。登山コースも難易度別にいくつかある。
自分たちは、安直にケーブルカーを選択。コロナ対策に、定員制限がかかっていたが、待ち時間は少々で済んだ。

筑波山神社(茨城県)

ケーブルカー山頂駅は、男体山山頂(西側)と女体山山頂(東側)の間の、飲食店が数軒並ぶ広場にある。先に<男体山本殿>に向かう。

筑波山神社の周辺

男体山山頂までは、距離は短いが急峻な個所がある。写真は、ちょっとした岩登りの場所。

筑波山神社(茨城県)

こちらは<男体山本殿>。一間社流造。1955年改築。

筑波山神社の建物その他

本殿の脇にある<授与所>。御朱印はこちら。

筑波山神社の景色

男体山山頂(標高871m)から見える景色。たぶん西方向。

筑波山神社の周辺

ケーブルカーの駅がある広場に戻って、次は逆サイドにある<女体山本殿>を目指す。

筑波山神社(茨城県)

女体山山頂までは、急峻な個所はないが、やや距離がある。参拝者(観光客?登山客?)が多く、参道は渋滞気味。

筑波山神社の末社

こちらが<女体山本殿>。一間社流造。1979年改築。

筑波山神社の建物その他

本殿の脇にある<授与所>。御朱印はこちら。

筑波山神社の景色

女体山山頂(標高877m)から見える景色。たぶん東方向。記念撮影スポットの岩山の向こうは?(苦手なので見ていない...(^_^;))

筑波山神社の建物その他

東京から70kmほど、参拝も観光も登山もできるので、幅広い年齢層の方々におすすめ! (^▽^)/

もっと読む
平野慎一
2020年05月13日(水)
271投稿

筑波山は関東に人々が住み始めたころより、信仰の対象とされてきました。その原始的な古代山岳信仰より始まる歴史は3千年にもおよび、国内屈指の古社と言われております。この山の形が二つの峰を形成していることにより、それぞれ、神奈備として男体山・女体山と祀られました。

後になってこの両神をそれぞれ筑波男大神を男体山871mに祀り、筑波女大神を女体山877mに祀るようになりました。江戸時代の書物によるとそれぞれの神に伊弉諾尊・伊弉冊尊を当てられるようになりました。拝殿は山の中腹にあり、ここより男体山に祀られる伊弉諾尊と女体山に祀られる伊弉冉尊を遥拝することができます。

男体山にはケーブルカー、女体山にはロープウェイがあるので、気軽に登拝することもできますが、革靴やヒールでの参拝は無理です!また、山自体が御神体ということもあり、山腹には数多くの摂末社が祀られています。こちらを巡るためには本格的登山になります。

記紀においては筑波山のことを「おのころ島」としています。おのころ島とは、伊弉諾尊と伊弉冊尊が海に棒を突っ込んでかき混ぜたら出来た島のこと。ここで二神は結ばれたことになっています。このため筑波山は日本二柱の父母二神、皇子四所降臨御誕生の霊山であり、本朝神道の根元とも伝えられています。

境内社の春日神社本殿・日枝神社本殿及び両社拝殿と同じく境内社の厳島神社本殿は1633年に三代将軍家光公により寄進されたものです。造形的に時代を感じる風格があり、境内社でありながら、威厳を醸し出しています。特に厳島神社本殿の脇障子は素朴でありつつも優美さがあります。

筑波山神社の鳥居

大鳥居

筑波山神社の建物その他

社号碑

筑波山神社の山門

随神門

筑波山神社の建物その他

扁額

筑波山神社の本殿

拝殿

筑波山神社の本殿

拝殿

筑波山神社の本殿

拝殿

筑波山神社の自然

御神木

筑波山神社の本殿

春日神社・日枝神社

筑波山神社の像

春日神社・日枝神社拝殿内のえびす神

筑波山神社の本殿

春日神社本殿

筑波山神社の本殿

日枝神社本殿

筑波山神社の本殿

春日神社・日枝神社本殿

筑波山神社の本殿

朝日稲荷神社(出世稲荷)

筑波山神社の末社

稲荷社

筑波山神社の末社

愛宕神社

筑波山神社の末社

愛宕神社

筑波山神社の末社

厳島神社

筑波山神社の末社

厳島神社

筑波山神社の末社

厳島神社

筑波山神社の芸術

厳島神社脇障子

筑波山神社の芸術

厳島神社脇障子

もっと読む
投稿をもっと見る(123件)

筑波山神社の基本情報

住所茨城県つくば市筑波1番地
行き方

つくばエクスプレスつくば駅より直行筑波山シャトルバスにて約40分、終点下車すぐ。

アクセスを詳しく見る
名称筑波山神社
読み方つくばさんじんじゃ
通称筑波神社
参拝時間

9:00~17:00

御朱印あり

右上に天地開闢の印が押された御朱印です。境内内社を含めると8種類の御朱印があります。梅まつりではカラフルな御朱印がいただけます。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号029-866-0502
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://www.tsukubasanjinja.jp
おみくじあり
絵馬あり

詳細情報

ご祭神《主》伊弉諾尊,伊弉冊尊,加具土命
本殿唐破風千鳥破風付入母屋造
体験御朱印祭り

Wikipediaからの引用

概要
筑波山神社(つくばさんじんじゃ)は、茨城県つくば市筑波にある神社。式内社(名神大社1座、小社1座)。旧社格は県社で、現在は神社本庁の別表神社。
歴史
歴史[編集] 創建[編集] 創建は不詳。筑波山は『常陸国風土記』でも富士山と対照されるほどの山容を持っていることから、関東平野に人が住み始めた頃から崇められてきたともいわれる[1]。 社伝(『筑波山縁起』)によると、『古事記』にある伊弉諾尊・伊弉冊尊による国産みで産み出された「おのころ島」が筑波山にあたるという[2]。また『詞林采葉抄』(南北朝時代)では、筑波山は天照大神が降臨した神山であるともいい[3]、文化年間(1804年-1818年)の『筑波山私記』でも同神の筑波から伊勢への遷座を伝える[3][2]。 祭祀氏族については、『常陸国風土記』に見える筑箪命(つくばのみこと、筑波命)が...Wikipediaで続きを読む
行事
祭事[編集] 年間祭事[編集] 元旦祭 (1月1日)[1] 元始祭 (1月3日) 成人祭 (1月第2月曜) 年越祭 (2月10日・11日) 天長祭 (2月23日) 祈年祭 (3月4日) 皇霊殿遥拝式 (春分の日) 御座替祭 (4月1日) 大祓 (6月30日) 禅定 (8月下旬) 御座替祭 (11月1日) 新嘗祭 (12月5日) 大祓 (12月31日) 御座替祭[編集] 御座替祭(おざがわりさい)は、4月1日と11月1日の年2回行われる筑波山神社の例大祭。古くは冬至と夏至に行われており、夏・冬の神が神座を交替するとされる[2]。祭事は次の3祭からなる。 神衣祭(かんみそさい) 山頂本殿の...Wikipediaで続きを読む
引用元情報筑波山神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E7%AD%91%E6%B3%A2%E5%B1%B1%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=91469039

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー