御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※朝光寺ではいただけません

ちょうこうじ|高野山真言宗鹿野山

朝光寺

兵庫県 比延駅

投稿する
0795-44-0733

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

あり

巡礼

加東四国八十八カ所霊場23番札所
宝の道福神22番札所

朝光寺について

本堂(国宝)鐘楼(重要文化財)多宝塔(県文化財)


加東四国八十八カ所霊場23番札所


鬼まつり


毎年5月5日

おすすめの投稿

きどっち
2021年10月05日(火)
756投稿

高野山真言宗 鹿野山 朝光寺

本堂は国宝とされており、鐘楼は国の重要文化財、多宝塔は兵庫県指定重要有形文化財です。
なんと国宝にもかかわらず本堂の拝観は無料です。
しかもボランティアのガイドの方の説明付です。

法道仙人により白雉2年(651年)頃に開基されたと伝えられています。
もとは権現山に建立されていましたが、三草山の合戦(1184年、源義経と平資盛の戦い)によって兵火にかかり、文治5年(1189年)後鳥羽天皇の命によって現在の地に再建されました。

御本尊は木造千手観音立像ですが、西本尊と東本尊があります。
西本尊はヒノキの寄木造りで、1251年~1266年頃の制作とみられています。
京都の蓮華王院(三十三間堂)の千手観音立像と共通する部分があることから、蓮華王院から何らかの経緯でもたらされたものだろうとのことですが、詳しいことは不明なようです。
なおこちらは国の重要文化財に指定されているとのこと。
東本尊はヒノキの完全な一木造りだそうです。
平安時代後期頃の制作ではないかとのことで、西本尊が祀られる前から安置されているそうです。
こちらは県の重要有形文化財に指定されています。
御本尊は厨子の中に安置されているそうで、数十年に一度御開帳されるそうですが、いつあるか判らないとのことでした。

毎年5月5日には鬼追踊(県指定重要無形民俗文化財)があるのですが、昨年・今年とコロナの影響で見送られたとか。
踊りに使われる面は、室町から江戸時代に作られたものだそうで、大変伝統ある踊りだそうです。

ガイドの方も大変気さくな方で、こちらの時間の都合に合わせて説明してくれます。
またこちらのお寺だけではなく、兵庫県の他のお寺との関係なども併せて教えてくれるため大変参考になりました。

なお御朱印は塔頭寺院である総持院さんでいただきました。

兵庫県加東市畑609

朝光寺の建物その他

駐車場から参道を通ると階段が見えてきます

朝光寺の山門

階段を上った先には山門があります

朝光寺の像

阿形金剛力士

なんとなく常に視線が追いかけてる感じがします

朝光寺の像

吽形金剛力士

朝光寺の歴史朝光寺の末社朝光寺の仏像

境内には石仏がたくさんありました

朝光寺の本殿

本堂(国宝)

本堂内はひんやりとして涼しかったです。
ガイドの方の話に聞き入ってしまい、写真を撮り忘れる失態😅

朝光寺の建物その他

本堂の柱には1本だけ不完全なものが。
これはわざとまっすぐではなく、不完全な状態にしてあるそうです。

朝光寺の歴史朝光寺の手水

手水舎
こちらは比較的新しそうですね

朝光寺の塔

多宝塔(県指定重要有形文化財)

朝光寺の建物その他

鐘楼(国指定重要文化財)

永正年間に赤松義村によって再建されたものだそうです

朝光寺の歴史朝光寺の末社

鎮守社

朝光寺の末社

護法社

朝光寺のお墓

鎮守社と護法社の間には五輪塔

朝光寺の建物その他朝光寺の仏像朝光寺の像朝光寺の庭園

つくばねの滝

大きな滝ではありませんが、とても癒やされる場所でした

朝光寺の自然

これがツクバネです。
白檀科の植物で、羽子板の羽根の形に似ているから衝羽根と名付けられたそうです。
大変珍しい植物とのことでした。

朝光寺の歴史朝光寺の授与品その他

御朱印

もっと読む
惣一郎
2022年06月30日(木)
946投稿

【播磨國 古刹巡り】

朝光寺(ちょうこうじ)は、兵庫県加東市畑にある高野山真言宗の寺院。山号は鹿野山(ろくやさん)。本尊は十一面千手千眼観音菩薩(2躯)。本堂は国宝、鐘楼は国指定の重要文化財。

創建は不詳。寺伝によると、法道仙人が権現山に開基したとされる(ただし、法道仙人は天竺(インド)から紫の雲に乗って日本に来たという伝説上の人物)。1189年に現在地に移転し再建された。1413年に本堂を再建した際に、京都・三十三間堂の十一面千手千眼観世音菩薩立像1躯を本尊(西本尊)として安置した。戦国時代には播磨の守護大名・赤松義村が再興した。

当寺は、JR加古川線・滝駅の東方7kmの丘陵地帯の中にある。周辺には寺院が2寺あるのみで、他には何もなく、境内は山林の中にある。国宝の本堂はサイズが大きく壮観。その近くに建物がいくつかあって、その中に国重文の鐘楼も含まれるが、見て廻るエリアは以上。建物の価値からすると有料拝観でも良さそうだが、住職さんはいないようで無料。ただし、参拝当日はボランティアガイドのご老人が数人いて、希望者には丁寧に説明をされていた。

今回は、本堂が国宝、鐘楼が国指定の重要文化財であることから参拝することに。参拝時は休日の午後で、わりと多くの人々が参拝に訪れていた。

※ボランティアガイドさんによると、御朱印は近くにある2つの寺院(総持院、吉祥院)の持ち回りで領布しているとのこと。そこで、現在当番の総持院を訪れたところ、ピンポンを押しても反応がなく、残念ながら御朱印は断念した...(^_^;)

朝光寺(兵庫県)

公道からの入口は、目立ったもんや看板などはなく、公衆トイレの脇だったので写真は撮らず。林の中の小道をしばらく進む。

朝光寺(兵庫県)

小道の左手に、仁王門への階段が現れる。

朝光寺(兵庫県)

小道の先には「つくばねの滝」が見える。

朝光寺(兵庫県)

階段を上がったところにある<仁王門>。

朝光寺の像

仁王門左側の<吽形仁王像>。筋骨隆々とした躍動感がカッコイイ。(o^―^o)

朝光寺(兵庫県)

仁王門右側の<阿形仁王像>。ちょっと進撃の巨人っぽいかも。(^_^;)

朝光寺の本殿

仁王門をくぐると、正面に国宝<本堂>。

朝光寺の手水

仁王門をくぐって左手にある<水屋>。左手には水屋以外に建物はない。

朝光寺(兵庫県)

仁王門をくぐって右手の眺め。いくつかの建物が見える。

朝光寺(兵庫県)

<本堂>全景。室町時代1413年ごろの建立。桁行7間、梁間7間、単層寄棟造、檜皮葺。堂々たるサイズ。向拝は江戸時代後期1829年に後付け。

朝光寺(兵庫県)

<本堂>正面。和様を基調として、扉の桟唐戸や組物中備の双斗など唐様を取り入れた密教寺院の折衷様式の典型と言われている。

朝光寺(兵庫県)

本堂内部外陣。

朝光寺の本殿

本堂内部、内陣中央。厨子の嵌板には室町初期応永年間の仏壇造営記録銘等があり、本堂の様式手法も同時代に一致するとされている。

朝光寺(兵庫県)

厨子の扉は閉まっているが、中にはこのように仏像が並んでいるみたい。

朝光寺の本殿

本堂内部、内陣左側。

朝光寺(兵庫県)

本堂内部、内陣右側。

朝光寺の建物その他

本堂から見た、境内南東側の<多宝塔>。

朝光寺(兵庫県)

本堂から見た、境内北東側の鐘楼などの建物群。

朝光寺(兵庫県)

境内東側から見た<本堂>全景。

朝光寺(兵庫県)

<多宝塔>全景。江戸時代中期の1710年再建。姫路城主・池田三左衛門輝政の再建寄進銘がある。

朝光寺(兵庫県)

<鐘楼>全景。室町時代後期の建造。桁行三間、梁間二間、四注造銅板葺袴腰付。国指定の重要文化財。
和様を基調とする様式手法で、屋根の優美な曲線などに鎌倉後期の建築の特徴をよく表現していると言われ、本堂よりも早い時期の建立とみられている。寄棟造で下部に袴腰がつく様式は類例が少ないとのこと。

朝光寺(兵庫県)

鐘楼の右側にある<鎮守社>(左)と<護法社>。

朝光寺の仏像

多宝塔近くの不動明王像。

朝光寺(兵庫県)

多宝塔前の石像石碑群。写真中央は「六面石幢(ろくめんせきどう)」。石塔の六面すべてに地蔵菩薩像が半肉彫りされている。

朝光寺(兵庫県)

境内西側から<本堂>全景。

朝光寺の建物その他

ボランティアガイドの方に教えてもらった、1本だけある変な柱。

朝光寺(兵庫県)

本堂上部との繋がりを見ると、1本だけ変なことがよく分かる。1本だけ不完全な形とすることで、未完の美しさを表現しているとのこと。なるほど。。。

朝光寺(兵庫県)

最後に<本堂>向拝部分。

朝光寺(兵庫県)

仁王門近くにある鎮守社。

朝光寺(兵庫県)

仁王門近くにある仏像①。

朝光寺(兵庫県)

仁王門近くにある仏像②。

朝光寺の建物その他

仁王門から階段を下る。

朝光寺(兵庫県)

本堂から少し離れたところにある<吉祥院>。

朝光寺(兵庫県)

本堂から少し離れた、別のところにある<総持院>。御朱印を拝受できず残念...(^_^;)

もっと読む
投稿をもっと見る(10件)

朝光寺の基本情報

住所兵庫県加東市畑609
行き方

(1)社町駅からバスで20分(神姫バス停「朝光寺口」より徒歩約1時間)
(2)中国自動車道ひょうご東条ICから車で20分

アクセスを詳しく見る
名称朝光寺
読み方ちょうこうじ
参拝料

なし

トイレ駐車場内
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳なし
電話番号0795-44-0733
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.kita-harima.jp/modules/xdirectory/singlelink.php?lid=171

詳細情報

ご本尊十一面千手千眼観音2躯
山号鹿野山
宗旨・宗派高野山真言宗
創建時代651年
開山・開基法道仙人
札所など

加東四国八十八カ所霊場23番札所
宝の道福神22番札所

文化財

本堂(国宝)
鐘楼(国指定重要文化財)
多宝塔、鰐口、太鼓、懸仏、木像千手観音立像(西本尊・東本尊)(県指定有形文化財)
鬼追踊(県指定重要無形民俗文化財)
仁王門、石造五輪塔(市指定文化財)

体験御朱印国宝重要文化財祭り札所・七福神巡り除夜の鐘

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー