御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※廣峯神社ではいただけません

ひろみねじんじゃ

廣峯神社

兵庫県 野里駅

投稿する
079-288-4777

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり

おすすめの投稿

きどっち
2021年08月01日(日)
752投稿

牛頭天王総本宮 廣峯神社

二千有余年前、人々が神の山と崇める白幣山の山頂に神籬(ひもろぎ)をたて、素戔嗚尊と五十猛尊を祀ったのが当社の始まりと伝わっています。
新功元年(201年)神功皇后が三韓征伐に出兵する際、白幣山で素戔嗚尊に勝利を祈願。 無事平定すると、再びこの山に登り感謝の大祭を行い、小宮を奉納されたと社伝に記されています。
奈良時代、天平5年(733年)遣唐使の吉備真備公が唐より帰朝途中、この地に寄港した際にご神託を受けられ、聖武天皇に奏上。
その翌年、天皇の勅命で真備公が社殿を建立し、社名を廣峯神社と定めました。
また、勅願社として、天皇家の弥栄、国家の安泰と繁栄を祈願する勅願祭を明治の初め頃まで執り行っていました。
平安時代、天禄3年(972年)広峰山に大社殿を造営、神々を遷座し、その跡地に真備公を祀る吉備神社を建立しました。
現在の本殿は室町中期に、拝殿は江戸時代に再建された建物で、国内最大級と言われ、国の重要文化財に指定されています。

~以上、廣峯神社 略記より~

鳥居横には大きな駐車場が完備されているのですが、そこから緩やかな登り道の参道を歩くこと約10分。
ようやく社号標が見えてきます。

随神門をくぐり、吹き出す汗を拭いながら拝殿に進むと、拝殿内には15名ほどの参拝者が着席されており、宮司様や巫女様がいらっしゃり・・・
朝8時半前なのに、何があるんだろう???と思っていたら、宮司様が「どうぞ」と。

訳がわからずそのまま拝殿内に入らせていただき、着席すると!
巫女様から「これより月次祭を執り行います」のお言葉が。
なるほど、と思いながらも、何も知らずに参加してよいものかと躊躇しつつも心の中では「今日はラッキーだな」と思い、一日の良いスタートを切ることができました。
そして祝詞を唱え、玉串奉納と進み、月次祭が終わると、引き続き場所を薬師堂に場所を変えて薬師堂月次祭が始まるとか。
どうしようかな?と思っていると、宮司様から良かったら参加されませんか?と声を掛けていただいたため、こちらにも参加させていただきました。
薬師堂では、祝詞を唱えたあと、般若心経を唱えることにびっくりしつつも、
「そっか、ここは神仏習合の神だった」と思い般若心経も唱えさせていただきました。
何より薬師堂の中にも入らせていただき、宮司様に撮影の許可もしていただいて、本当に運がよかったです。

またこちらは、軍師黒田官兵衛がこちらで信仰心を学んだというゆかりの地でもあり、境内には官兵衛神社も新しく建立されていました。

さらにこの廣峯神社の本殿裏には九つの穴があり、「陰陽の九星詣り祈願」といって、願い事を書いた木札を自分の九星(一白水星から九紫火星まで)の穴に投げ入れ、穴に口をあてがって小声で願い事を3回ささやくとのことです。

廣峯神社の鳥居

鳥居

ここからは約10分歩きます

廣峯神社の建物その他

参道

廣峯神社の建物その他

社号標

廣峯神社の建物その他

この前に立っただけで、ちょっと感動!

廣峯神社の建物その他廣峯神社の建物その他廣峯神社の鳥居

二の鳥居になるんでしょうか

廣峯神社の手水

左手に手水舎

廣峯神社の鳥居廣峯神社の塔

右手には宝篋印塔

こちらも国指定重要文化財とのこと

廣峯神社の山門

随神門

姫路市指定重要有形文化財
元禄10年(1697年)建築

廣峯神社の建物その他廣峯神社の歴史廣峯神社の芸術

随神門の彫刻

廣峯神社の景色

随神門からの景色

廣峯神社の狛犬廣峯神社の本殿

拝殿

国指定重要文化財
寛永3年(1626年)姫路城主本多忠政の再建

廣峯神社の本殿廣峯神社の本殿

拝殿内

さすがに月次祭の間は撮影できないため、
終了後に撮影させていただきました

廣峯神社の本殿

拝殿内 横から

廣峯神社の歴史

左殿=拝殿から見て右側

廣峯神社の歴史廣峯神社の歴史

右殿=拝殿から見て左側

廣峯神社の狛犬

拝殿の右端には、お馬さん
説明書きの写真を撮り忘れてしまった!

廣峯神社の本殿

本殿

国指定重要文化財
文安元年(1444年)に再建されたもの

廣峯神社の歴史廣峯神社の末社

薬師堂

月次祭参列者の方々と

廣峯神社の建物その他

薬師堂内

廣峯神社の仏像

薬師如来様

廣峯神社の建物その他

この中で護摩を焚かれることもできるそうです

廣峯神社の建物その他

境内社 蛭子社

廣峯神社の末社

蛭子社

廣峯神社の末社

境内社 地養社

廣峯神社の歴史廣峯神社の建物その他廣峯神社の末社

境内社 官兵衛神社

廣峯神社の末社廣峯神社の末社

官兵衛神社 拝殿内部

廣峯神社の歴史廣峯神社の歴史廣峯神社の歴史廣峯神社の歴史廣峯神社の本殿

本殿裏側

廣峯神社の建物その他

このように穴が九つ空いてます

廣峯神社の末社

境内社

廣峯神社の末社

境内社

廣峯神社の末社

境内社

廣峯神社の末社

境内社

廣峯神社の末社

境内社

廣峯神社の御朱印帳

御朱印帳も色々ありましたよ

廣峯神社の歴史廣峯神社の建物その他廣峯神社の建物その他
もっと読む
投稿をもっと見る(29件)

廣峯神社の基本情報

住所兵庫県姫路市広嶺山52
行き方

播但連絡道路 砥堀ランプ 車で16分
       豊富ランプ 車で18分
       花田ランプ 車で25分
山陽自動車道 山陽姫路東IC 車で23分
       山陽姫路西IC 車で27分
姫路バイパス・太子龍野バイパス 太子東ランプ 車で32分

アクセスを詳しく見る
名称廣峯神社
読み方ひろみねじんじゃ
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号079-288-4777
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.hiromine-j.jp/
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神素戔嗚尊

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー