参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

よしつねじんじゃ

義經神社の歴史北海道 富川駅

義經神社の歴史情報

詳細情報

ご祭神《主》源九郎判官義經公
創建時代1779年

Wikipediaからの引用

歴史
寛政10年(1798年)、北方調査のため蝦夷地に来た近藤重蔵が、アイヌが崇敬していたオキクルミという英雄を源義経と同一視し、翌寛政11年(1799年)、仏師に作らせた源義経の神像をアイヌに与えて祀らせたのに始まる。 社伝によれば、義経一行は、むかし蝦夷地白神(現在の福島町)に渡り、西の海岸を北上し、羊蹄山を廻って、日高ピラトリ(現在の平取町)のアイヌ集落に落ち着いたとされ、そこで農耕、舟の製作法、機織りなどを教え、アイヌの民から「ハンガンカムイ」(判官の神ほどの意味か)あるいは「ホンカンカムイ」と慕われたという。他にアイヌの民の間ではアイヌの民から様々な宝物を奪った大悪人だという伝承もあ...Wikipediaで続きを読む
引用元情報義経神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E7%BE%A9%E7%B5%8C%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=69999829

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?