神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年5月22日※太田神社(拝殿)ではいただけません
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

ぱん吉🍀
2021年11月12日(金)
488投稿

日本一険しい神社へ(1) 道南五大霊場の一つ『太田神社』北海道最古の山岳霊場。
御祭神の猿田彦大神様には拝殿での参拝。本殿への道程は厳しく第一関門の階段で撤退となりましたが、ここに立つだけで充分に太田山神仏習合の力を感じられる場所でした。(本殿の詳細は、御朱印と一緒に久遠神社さんよりいただいた新聞記事と説明書に!)

北海道の日本海側〜海を見ながら南下すると、左側に太田山と山麓の白い鳥居『本殿入口』が現れます。そこから600m程先のトンネル入口右側に『拝殿』『定灯籠(じょうとうろう』『円空仏保管施設』があります。

①太田神社 本殿・拝殿
嘉吉年間(1441~1443)の創建と伝えられる。享徳3年(1454)若狭国から渡米した武田信廣公が太田に上陸した際に太田権現の尊号を贈る。宝永元年(1704)越前国正光寺の僧空念が太田山に参詣し観音経を奉納、文政元年(1818)洞窟内に小祠が建立され銅製の不動明王ほか2神が奉斎された。更に文政10年にはある僧が太田に来村し大和国吉野蔵王権現の事跡を写して銅製の不動尊像を併せて祀り太田権現として小祠を建立している。天保12年(1841)太田山に大日堂が建立され、嘉永元年(1848)頃には山僧宗倹(定山法印)が別当として居住する。慶応3年(1871)太田山麓に拝殿が造営され大日如来が安置される。明治5年に太田権現の仏像仏具を廃し太田神社と改称し猿田彦大神を祀る。明治9年には村社に列せられる。明治27年、拝殿を改築し拝殿前面に社務所を新築する。これまでに崇敬者により写経や仏像などが多数寄進されていたが、大正11年、洞窟内に参籠していた修験者の失火が原因で本殿が焼失、この時貴重な資料や円空仏も灰燼に帰してしまった。翌12年本殿階段を修繕するが、大正14年、大時化《しけ》のため階段が破損流失する。昭和12年本殿の階段の修繕、大鳥居の建替えが行われる。同38年開発道路工事のため拝殿と社務所を新たに造営、50年には女人遙拝堂を、翌年には本殿を改築している。(北海道神社庁HPより)

②円空仏堂(円空仏保管施設)
美濃の僧・円空上人は、寛文6年(1666年)太田山に参籠し、行のかたわら太田山の岩窟内で木を使い数多くの仏像を彫りました。また、甲斐の国の僧・木喰上人も安永7年(1778年)この地を訪れて、円空仏の宗教的かつ芸術的崇高さに感動し、自らも仏像を作ったといわれています。二人の僧が作った数多くの仏像は、その後の火災等により焼失・紛失してしまいましたが、円空ゆかりの地、岐阜県丹生川村の円刀会がせたな町大成区の杉材を使って復元したものが太田神社拝殿の近く、円空仏保管施設に3体展示されています。(せたな町HPより)

③定灯籠(じょうとうろう)
1857(安政4)年に建設された道内最古の「定灯篭」を1988(昭和63)年に復元したものです。高さ1.2m、幅40cmの青銅製で、定灯篭の形はどの方角から見ても「太田」という文字になっています。「太田神社」灯篭の向こうに沈む夕陽は、海の色と相まってとても幻想的です。(檜山振興局産業振興部商工労働観光課HPより)

太田神社(拝殿)の鳥居

拝殿の鳥居 
本殿も拝殿も神々しい雰囲気の白い鳥居がお出迎えくださいます

太田神社(拝殿)の建物その他

定灯籠(じょうとうろう) 
どの方角から見ても「太田」という文字になっている
(写真が下手でわかりにくい… 残念)

太田神社(拝殿)の狛犬

円空仏堂の狛犬様💠

太田神社(拝殿)(北海道)

御朱印と一緒にいただいた新聞記事( ゚д゚ )
次回は頑張って『太田神社本殿』に投稿したい!!

太田神社(拝殿)の建物その他

本殿入口の社号標
☆ここからチャレンジ(*´艸`*)
御賽銭を入れて行ってみることにしました

太田神社(拝殿)の建物その他

この先は断崖絶壁の太田山(485m)~本殿は山中にあります。
一ノ鳥居から急勾配40度の階段139段☆ロープもあって行けそうな感じ!

太田神社(拝殿)の建物その他

左)二ノ鳥居を越えて100段辺りから下を見た様子
(伝わりにくいですが実際はかなり高い!)
イメージは梯子を上がっている感じです!
右)上を見るともう少しで三ノ鳥居✨でも上がってしまうと降りる方が恐いように感じがして中止😢しかも靴紐ほどける痛恨のミス。

太田神社(拝殿)(北海道)

こちらは詳細な説明書(久遠神社さんより)
拝殿の奥に見える太田山~本殿への道のり(゚∀゚)大変そうです

太田神社(拝殿)の建物その他

かなり軽装だったので、次回は準備万端の同伴参拝でリトライを決意!そして拝殿方面へ向います。

太田神社(拝殿)の本殿

こちらの拝殿でしっかり参拝。
先輩ユーザー8R3さんが前日に来ていたそうでビックリです!(゚∀゚)

太田神社(拝殿)の建物その他太田神社(拝殿)の建物その他

円空仏堂(円空仏保管施設)
中には仏像がお祀りされていますが、見逃してしまいそうな建物です。

太田神社(拝殿)の仏像太田神社(拝殿)の仏像太田神社(拝殿)の建物その他

円空、菅江真澄、松浦武四郎の歌碑等があり周囲も素敵です。

太田神社(拝殿)の建物その他

夕日の中で見る美しい光景を想像✨

太田神社(拝殿)の建物その他
もっと読む
投稿をもっと見る(4件)

太田神社(拝殿)の基本情報

住所北海道久遠郡せたな町大成区太田17番地
行き方
アクセスを詳しく見る
名称太田神社(拝殿)
読み方おおたじんじゃ(はいでん)
御朱印あり

限定御朱印なし

詳細情報

ご祭神《主》猿田彦命

Wikipediaからの引用

概要
太田山神社(おおたさんじんじゃ)とは、北海道久遠郡せたな町にある神社である。北海道本土で最も西に位置する神社であり、また道南五大霊場の一つであるとされている。地元では太田神社または太田の神社とも呼ばれ、猿田彦大神を祀る。旧社格は村社(太田神社)。
歴史
歴史[編集] 嘉吉年間(1441 - 1443年) 創立されたと伝えられている。 享徳3年(1454年) 松前藩祖、武田信広らが太田に上陸した際に太田大権現の尊号を賜わり、以来、航海の安全と霊神の加護として信仰されている。 寛文年間(1660年代) 美濃国の僧・円空がこの地を訪れ修行をし、多くの仏像を彫ったと伝えられている。 寛政元年(1789年) 菅江真澄が太田山に登り記録を残す。 宝永元年(1704年) 正光空念が納経する。 明治4年(1871年) 神仏分離令により、太田山山麓に大日堂を建立して神社に奉納されていた大日如来などの仏像を移した。 大正11年(1922年) 山火事により、...Wikipediaで続きを読む
アクセス
アクセス[編集] 国道229号大成区宮野の交差点を北海道道740号北檜山大成線に入り大成市街地方面へ。帆越山トンネルを抜けて山側(右手)に太田山神社、海側(左手)に太田神社がある。
引用元情報太田山神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%A4%AA%E7%94%B0%E5%B1%B1%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=85827053

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

投稿する
お問い合わせ