参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

いしかりはちまんじんじゃ

石狩八幡神社の歴史北海道 石狩太美駅

石狩八幡神社の歴史情報

詳細情報

ご祭神《合》伊波比主命,大国魂神,大那牟遅神,少彦名神,《主》誉田別命,《配》倉稲魂命

Wikipediaからの引用

歴史
1858年(安政5年)、箱館総社八幡宮の神主である菊池大蔵が末社として石狩八幡宮を勧請したのを創建とする。 1874年(明治7年)8月、開拓使官員や町民たちの協議により、石狩川左岸の現在地に遷座する。 1875年(明治8年)、石狩郡郷社となる。 1901年(明治34年)、本殿を新築。 1915年(大正4年)、神饌幣帛料供進神社に指定される。 1945年(昭和20年)7月15日、石狩本町地区がアメリカ軍の空爆に見舞われる。石狩八幡神社の付近にも着弾し、社務所が焼かれた。
引用元情報石狩八幡神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E7%9F%B3%E7%8B%A9%E5%85%AB%E5%B9%A1%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=66974022

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?